薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

免許だけの薬剤師は淘汰される時代がやってくる?

6 min 545 views
るるーしゅ

るるーしゅ

近年、薬局を取り巻く環境が変化するということを耳にしている薬剤師も多いと思う。 ただ、日々の業務が忙しすぎて、そんなこと気にしていられないってのが現状じゃないかな?

そうだと思いますが、それじゃまずいですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

正直、ワカラナイ。 ごめん、今回の内容は不安を煽るだけかもしれないからそこは個々で判断してほしい

今回の記事でわかること
るるーしゅが何をもって今後は免許だけの薬剤師やばいんじゃないの?と思っているか?

薬剤師は将来的に過剰になる?

るるーしゅ

るるーしゅ

このデータからは薬剤師は将来的に余っていくと予想されているんだ、つまり薬剤師過剰時代はもう目の前にきているかもしれないってこと

でも薬機法改正で薬剤師の役割も変わっているじゃないですか。だからもっと薬剤師の需要増えるんじゃないですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

まぁこの公開された数も免許だけで働いていない薬剤師の数も含まれているみたいだからね。 そしてメガネが言ったことは、藤井基之議員が11月21日の薬機法改正案の審議の際に質問していた。 また地域差等も踏まえて調査検討するってさ

薬剤師の需給は役割も変化しているから大丈夫?

日本の薬剤師の数、海外でトップじゃないですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

OECD加盟国の中でね、世界では3位って言ってたよ。1位はモナコだかモロッコだか…

るるーしゅ

るるーしゅ

日本の薬剤師は海外の薬剤師と比較すると遅れているみたいなことをよく聞くけど、そうなると薬剤師の数もここまでいる必要ないかもって気がするよね…

今後、淘汰される薬剤師が出てくるのでは?

今後、薬剤師過剰時代が来た際にどんな薬剤師は淘汰されると思う?

るるーしゅ

るるーしゅ

今後、薬剤師過剰時代が来た際にどんな薬剤師は淘汰されると思う?

服薬指導をしないでピッキングばっかしている薬剤師とかですかね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

確かにそういう薬剤師はダメだろうね、0402通知も出ていることだし

働いている環境も今後のキャリア形成に影響あり?

医療機関と連携経験や在宅経験とか、それって今の職場の状況によっては無理じゃないですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うん、そうなんだよね…だから色々、若手の薬剤師は考えてほしいんだよ。 今の職場がなくなった場合、他の薬局でも必要とされる経験を持っている?ってことをさ。

転職したほうがいいってことですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

それも選択肢の一つだろうけど、薬剤師としての専門資格を取得するとか、学会など参加して交友関係を広くしておくとかも選択肢の一つとしていいと思うよ

今後淘汰されないためにも
  • 必要とされる薬剤師の経験を有する
  • 専門資格を取得する
  • 人脈を広げる

少し心配しすぎでは?いやいや日本調剤のデータ見ると…

るるーしゅさん、すこし心配しすぎじゃないですか? 在宅の経験ない薬剤師なんてまだ沢山いますよ

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うん、その意見もわかるんだけど、日本調剤のニュースレター見るとやっぱり危機感わくよ

【日本調剤の在宅医療への取り組み実績】 2019年9月時点

1.在宅患者訪問薬剤(居宅療養)管理指導の直近12カ月間実績
① 全611店舗(2019年9月時点。物販店舗を除く)中572店舗で訪問薬剤(居宅療養)管理指導の実績を計上した。
全調剤薬局店舗の93.6%にあたる。
② 実績店舗572の内、12カ月実施回数が10回以上の店舗は541店舗で全体の88.5%。

2. 年間の在宅患者訪問薬剤(居宅療養)管理指導実施回数
274.289回

3. 小児在宅患者(6歳未満)への訪問管理指導実績
2,795回(2018年10月~2019年9月)

4. 注射薬無菌調剤設備
無菌調剤室設置店舗18店舗 クリーンベンチ設置店舗 18店舗

5.全営業店舗を対象とした在宅医療集合研修(全21回、参加人数700人)を実施。

【JPニュースレター】より)

るるーしゅ

るるーしゅ

在宅をやっている薬局が9割以上、そして日本調剤は2019年度の新卒薬剤師は300人と調剤チェーンの中でトップクラス。 もし日本調剤をやめてきた薬剤師と、自分、あなたが経営者ならどっちをとる?ってなったとき、正直選ばれる自信はないかもしれない

・・・僕も勝てそうにないかもしれないです

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

あと、この記事読んでも日本調剤、時代を先取りしていて強いなって思うもん。 日本調剤・三津原社長 ソリューション提供で健康寿命延伸に貢献 “挑戦”姿勢鮮明に

令和時代を生き残る薬剤師になるためには?

重要なのは、「時代の変化に対応できる薬剤師を目指す」という強い意志を持つことです。そのためには、薬剤師を取り巻く環境の変化を加味した、中長期的な視点でのキャリア形成を実現しなければなりません。

令和時代 薬剤師生き残りの処方箋より引用

るるーしゅ

るるーしゅ

まず、会社に雇ってもらっているという考えから、自分という商品を顧客に買ってもらっているという考えに変化したほうがいいと思うよ

ここでいう専門性、経験、人脈がさっき言ってた今後淘汰されないためにもってやつですね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

個人的にこういう情報はもっと若手薬剤師にも知る権利があるんじゃないかなと思う(もちろん不確実な情報だし不安を煽るから教えないという意見もありだと思う)

薬剤師を取り巻く環境の変化を加味した、中長期的な視点でのキャリア形成の実現するには?

ちなみに変化できる薬剤師になるっていう強い意志は持ちましたけど、薬剤師を取り巻く環境の変化を加味した、中長期的な視点でのキャリア形成ってどうすればいいんですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

これ難しいよね、キャリア形成だけなら、キャリアコンサルタントに相談すればいいんだけどさ (SNSで調べていたら国家資格のキャリアコンサルタントをもっている薬剤師もいました) ただ、薬剤師を取り巻く環境の変化っていう条件が難しい気がする。

急募:薬剤師の今後の業界変化も踏まえキャリアコンサルティングしてくれるところ

るるーしゅが考える現状の妥当なキャリアコンサルティング

るるーしゅ

るるーしゅ

現状では、薬剤師業界に詳しく無料でキャリアコンサルティングを受けたいならファルマスタッフしかないと思う…

るるーしゅが考える現状の妥当なキャリアコンサルティング
るるーしゅ

るるーしゅ

ちなみにファルマスタッフの登録は無料だからね。 最後の欄でキャリアコンサルティング希望って書くの忘れずにね

ファルマスタッフはちょっと…という方へ

ファルマスタッフは大手チェーン薬局の子会社なので、大手チェーンの人所属の人だと、利用したくないっていう人いそうですよね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

確かに、そういう心情を汲み取ってあげる必要があるね。 そういう人には、職業紹介優良事業者認定マークを取得していて満足度調査でNo.1のマイナビ薬剤師で相談してみるのがいいと思うよ

るるーしゅが考える現状の妥当なキャリアコンサルティング

最後に~なぜこのような情報を発信するのか?~

最近、この薬剤師の働き方について発信すること多いですけど、どうしたんですか? どちらかというとバカなことばっか言っているイメージありましたけど…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

バカなことばっか言っていたいんだけど、どうも業界再編の進みが早いかもしれないと思ってさ。 ちょっと時代の流れを先取りしておこうかなと

業界再編の進みが早いかもっていうのは?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

日本薬剤師会、チェーンドラッグ協会、保険薬局協会が合同で何かやったりすることも増えてきたし、薬剤師会の会員数が減っているとかさ。

先を見据えて既に動いている人は沢山いる

るるーしゅ

るるーしゅ

そして薬剤師の中でも、今後の業界再編を見据えて転職している人もいるからさ

SNSで見つけた薬剤師のコメント(一部改変)

業界が再編したとき、どこの企業で、どんなポジションにいるかで未来が変わる。

なるほど、動いている人は動いているんですね。

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

そう、それがこういったことを知らないがために動く動かないの決断ができないんだとしたら可哀そうだなって思って情報発信しているんだ。 お前の人生だ、お前が決めろと!!

まずは行動してみましょう

今の職場に将来がないことが分かっているにも関わらず、なんとなく決断を先延ばしにしていませんか?

るるーしゅ

るるーしゅ

私を含めて、薬剤師って変化することに苦手意識を持っていると思うんだ…

ただ薬剤師の業界を含め、世の中が非常に速いスピードで変化している中では、変化しないことについてのリスクも考えなきゃだよね

たまに考えたりするんですけどね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

思っているだけで、望んでいた世界に転んでくれればいいけど、そうはいかないからね。
変化は行動してこそ、始まっていくからね。

まずは人と会ってみる

  1. STEP

    まず人と会ってみる

    るるーしゅ

    るるーしゅ

    違う病院で働く友人、知人、先輩、SNS上での知り合い等、誰でもいいと思います。

    自分の立ち位置人生観を振り返るために、他者から見える自分を知る機会を作るんです。

    他者からの視点で、自分の意外な一面に気づくことがあります。
    私自身もブログなどで自分の考えなどを発信することで、「その発想はすごい」とか言われたりすることで自分の中では大したことがないと思っていることに価値があることに気づけたりします。

  2. STEP

    転職、キャリアデザインなどの情報収集は、転職エージェントを利用

    るるーしゅ

    るるーしゅ

    STEP1は素人から見た自分の他者目線の発掘。
    そして次は、専門的な考えについては転職エージェントを利用することがオススメです。

    求人応募が目的ではなくて、多様になりつつある働き方自分の生き方、働き方をイメージするためにプロによる他者目線を取り入れることが目的です。

    STEP1を飛ばしてSTEP2だけでもいいです。とりあえず、他者のフィルターに自分を通してフィードバックしてもらうのが、めちゃくちゃオススメです。

情報収集で利用したい転職エージェント

情報収集で利用したい転職エージェント

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度NO.1
  • 職業紹介優良事業者、プライバシーマーク取得
  • 安心のマイナビグループ
  • 全国の15拠点(一番多い)
  • 面接をしっかり実施
  • 薬読の会員コンテンツ利用可能

ファルマスタッフ

  • 日本調剤のグループ会社
  • 国家資格持ちの方へのキャリアカウンセリング可能
  • 土日も対応
  • 全国に12拠点
  • 職業紹介優良事業者、プライバシーマーク取得

ヤクマッチ

  • 薬剤師免許取得のコンサルタント在籍
  • 国家資格のキャリアコンサルタントも在籍
  • しつこい連絡 はしないと WEBサイトで 明言

どの転職エージェントも利用の際に必要なのは、①住所、②氏名、③連絡先、④希望の雇用体系

「今の職場のままでいいのか不安で、転職も考えています。色々キャリアについてアドバイスください」などと伝えるといいかと思います。

選択が失敗かどうかは、あくまで事後的にしかわからない。失敗につながる唯一の条件は「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められないこと」

転職における失敗とは?転職の思考法より

るるーしゅ

るるーしゅ

結局、何が正解だったのか、後になってみたいと分からないです。
激変する業界だからこそ、後悔のない選択ができるように沢山情報収集しましょう。

薬剤師の供給過剰が予想される未来において、本記事がよいキャリアを築き、次世代を担う薬剤師の方々の人生を豊かなものにするヒントになれば、著者としてこれに勝る喜びはありません。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

タグ:
関連記事

1 件のコメント

  1. この記事、Twitter上で反響が割とありまして、色々ご意見くださった方もいるので、コメント欄に記載させていただきます。

    ・大手にいるだけではなく、実力、行動力は常に必要。日々勉強です。
    >今の環境なら大丈夫と思考停止してしまうのはよくないですよね。私も日々勉強します。

    ・子育て中には学会参加どころか薬剤師会の会費すら自分で払うの辛くてやめてしまいました……
    人脈では難しいし、資格をとるのも難しい……業務的に在宅も難しい(1人薬剤師)。
    知識のアップデートも薬局が小さすぎてMRさんも来ない(^^;家では娘の世話が……
    残れるのか心配……

    >不安を煽るような記事で申し訳ございません。ただ今後のことを考えて変化に対応できる薬剤師でいようと意識することだけでもいいかと思います。ちなみに、わたしの妻も同じような境遇ですので色々と考えます…

    ・自分が免許だけ薬剤師なので焦る。子育てでブランクあると終わる…。
    >多くの薬剤師はこのような未来を見据えていないと思いますので、情報の面でアドバンテージがあるかと思います。また子育てしている薬剤師の方のほうがコミュニケーション能力が高いと個人的には思います。

    ・変なコンサル(ファルマスタッフ)の紹介のくだりは残念だけど、この未来にはワクワクしかないですね
    >私がこのような情報や考え方をするようになったのが、ここではありませんが、変なコンサルのおかげなのでスミマセン(汗)
    人材紹介会社のコンサルタントは、信じるものではなくて、うまく活用するものですよね。中には、頑なにこういう人材紹介者は利用せず自分の足で…
    タイプの薬剤師もいるので、なんだかなーって感じです。
    このような未来は、ピンチでもある反面、チャンスでもありますからね。私もビクビクからワクワクにできるように精進します。

    ・すでに大手調剤チェーンでは、都市部の薬剤師は充足してきてますし、ただの勤務薬剤師に対する価値は下がってきてますね(給与的な意味で)もう寝ようと思ったけど、生き残りをかけた薬剤師レースに勝ち残るべく、あと1時間だけ勉強しよう(; ꒪⌓꒪)
    >「努力した者が全て報われるとは限らんが、成功した者は皆すべからく努力しておる」という名言が頭をよぎりました。
    私も圧倒的なインプット、そしてそれをアウトプットすることで市場価値を高めたいと思います。

    ・他業種の方や人工知能研究者の方とか色々と聞いているとるるーしゅ先生の言うように自分の価値をどれだけ高められるのかという視点はとても重要だと思う
    >いわゆる雇われ力(エンプロイアビリティー)という言葉が最近注目されていると思います。薬剤師は専門職なので、この雇われ力を意識してないことが多いと思います(もちろん私もでしたが)
    今回のブログ記事で、なにか役に立つことがすこしでもあれば幸いです。

    ・ビジネスとは何か?といえば、顧客を満足させるサービス・プロダクトを提供する・需要を惹起し、顧客の需要を満たすことですものね。このテーマ、刺さりました。るるーしゅ先生ありがとうございますm(__)m
    あと、記事中にGIF(動画)を入れ込むっていいですね☆パク…参考にします(^_-)-☆

    >ビジネスとは~のくだりは私自身、きちんと言葉で理解していませんでしたがこのように言われると確かに…と思います。私もこのコメントで気づかせられることがありました。また是非とも記事中のGIFは活用してください(笑)

    ・刺さる。。。失敗につながる唯一の条件は「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められないこと」
    >ここ刺さりますよね、薬局業界はお湯の温度が結構高くなっているように感じます。今回の記事も誰かにとって「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められる」手助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA