☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

薬剤師×〇〇についての個人的な見解

3 min 1,528 views

さて今回は薬剤師×〇〇というのが最近、目にすることが増えましたので薬剤師×〇〇について個人的にまとめようと思います。

まず私として、薬剤師×〇〇に対して否定的ではありません。ただ注意したほうがいいんじゃないかな~と思う部分もありますので、そのあたりも踏まえてまとめていきます。

薬剤師の雇用環境の変化

まず薬剤師の雇用環境の現状についてです。新型コロナの影響により、処方箋枚数は減少しています。特に地方と比較して都市部で影響が多いです。

そして薬剤師も都市部に偏在しているところから、都市部では薬剤師余りになっており、今までは転職しようとしてもすぐに次の職場が見つかっていましたが最近はなかなか転職するのは難しくなっています。

都市部では、今までは雇われる側が色々と職場を選べる立場にあったのですが、今は雇う側が選べるような状況に変わってきているわけです。これは売り手市場から買い手市場へシフトしたという言われ方をします。

ちなみに今までの薬剤師の雇用環境が状態が異常だったわけで、今後、コロナが終息したとしてもこの傾向は変わらないと言われています。

ここまでで薬剤師×〇〇、関係ないじゃん?と思うかもしれませんが、ここで伝えたいことは、薬剤師の雇用環境が変化し、買い手市場へシフトしています。

そのような時代では、どこでも評価される薬剤師になって、「自分が選べる人生」にするのがいいと思います。

薬剤師×〇〇について

薬剤師×〇〇というのは、おそらく薬剤師+αの付加価値があるので、「薬剤師」単独の人より、評価されることを目的にしているのではないかと考えています。

この自分を商品として評価することはとてもいいことだと思います。自分が雇用主にどのような価値を提供できるかを意識するのは大切です。

藤原先生、これからの働き方について教えてください。 100万人に1人の存在になる21世紀の働き方 (ディスカヴァー21世紀の学校) (DISCOVER21世紀の学校)という書籍の中で、自らの付加価値を挙げて100万分の1のレアカードを目指すといいという記載があります。

これは3つの分野で100人に1人の存在になることで、100×100×100=100万分の1の希少性の高い人物になれるという考え方です。ちなみに各分野で100人に1人の存在になるためにかける時間は1万時間(5年~10年)と紹介されていました。

もちろん100万分の1の存在になるほど、希少性は目指していないでしょうが1000分の1の薬剤師(日本の薬剤師数は30万人くらいなので、300人しかいない薬剤師)くらいなら、頑張ればいけそうな気もします。

薬剤師×〇〇の注意点

薬剤師×〇〇で注意してほしいことが二つあると思っています。

1つはそもそもの薬剤師の能力がしっかりあるのかというところですね。なんとなくなのですが、SNSで出てくる薬剤師×〇〇のひとの薬剤師部分が1未満と感じてしまうことがあります。

掛け算なら肝心の薬剤師部分が1未満じゃダメじゃんってなりますよね。そして薬剤師×〇〇を謳う人は、薬剤師で自信がないから(もしくは周りに勝てそうにないから)、〇〇部分で優位に立とうとしているのではないかなと思ってしまいます。

それが悪いこととは思いませんが(自尊心大切ですし)、薬剤師×〇〇と名乗っている以上、薬剤師だけの人より目立つのでアホなこととか言っていると叩かれますよ。

るるーしゅ

るるーしゅ

自分のことは棚にあげておきますね

薬剤師×〇〇というなら、薬剤師の部分は1以上なきゃダメです。ちゃんと経験をつみましょう。3年働いたから1人前といえるほど、薬剤師の世界って浅くない気がします。

参考:「新人薬剤師は3年目で転職したほうがいい」という考えは大きな間違いで危険です

そして、もうひとつは〇〇部分がちゃんと需要があることですね。なんか〇〇部分に適当なものをいれても、そこに需要がなければ市場価値は高まらないですよ。

例えば、薬剤師×ブロガーと謳ったところで、組織や社会にどのような価値が提供できるのか?ということを示せなければ、〇〇に価値なんかないですからね。

薬剤師×〇〇ってなんかカッコイイ感じするかもしれませんが、若手の方はまず薬剤師をしっかりとしましょう。そして組織のなかで困っていることに目を向け、スキルを磨けば市場価値はあがってくると思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

とりあえずコミュニケーションスキルあげておきましょう

参考:薬局薬剤師に向いていない人の特徴とその対処法

さいごに

今回は薬剤師×〇〇について、個人的な見解を書いてみましたが、いかがだったでしょうか。ちなみに私自身も9年くらい前に薬剤師×4コマ漫画みたいな感じで出てきた人間です(笑)

そしてブログ書き始めてた当初は、どう考えても能力が1未満の薬剤師でした(汗)

今風に言うなら、薬剤師×ブロガーなのかもしれませんが、別にブロガーの知識が今の立場に影響しているか?と考えてみると、「別にない」と思います。ブログで情報発信するために調べたことが、いわば薬剤師としての自己研鑽になっていただけで、私自身は薬剤師×ブロガーというより、薬剤師のみという認識です。

また薬剤師×〇〇と謳いたい人は、薬剤師という仕事が嫌っていう人もいるんじゃないかなと思います。また今回の記事を読んで自分はこのままでいいのか?と不安になる薬剤師もいるかと思います。

正直このあたりは正解はないと思いますので、自分自身で市場価値を意識しながら(どんな人材が必要とされているか?)、自己研鑽していくしかないかなと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

上記の記事もよければ参考にしてください。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA