☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

【薬局で働く皆さんへ】新型コロナワクチンは接種したほうがいいのか解説します

12 min 7,544 views

1/16
各ワクチンの治験データ追記

1/17
新型コロナに罹患したらどうなるかについて追記

1/18
各ワクチンの治験データ更新(重症化)
NEJMのワクチンFAQの内容も追加

1/19
比較データでアストラゼネカ社と武田モデルナ社の説明が逆だったので訂正
新型コロナワクチン、そこまで痛くないのかもしれないという記事を追加
厚生労働省の新型コロナワクチン接種についてのお知らせのリンク追加
(優先接種の基礎疾患情報更新)
医療従事者へのワクチンは、ファイザー社?

1/24
イスラエルの状況、武田モデルナのアナフィラキシーの頻度について追記

いよいよ日本でも新型コロナワクチンの接種が2月下旬頃からはじまります。
2009年に流行した新型インフルエンザワクチンの際は、薬局勤務者は医療従事者としてみなされず優先接種の対象ではありませんでした。
しかし、今回は薬局で働く皆さん(薬剤師以外の登録販売者や医療事務もです)も医療従事者として優先接種の対象となり、現在、薬剤師会や保険薬局協会、チェーンドラッグ協会で取りまとめが行われています。

とはいえ、優先接種の対象だからといって強制的に接種しなければいけないわけではありません。
今回は薬局で働く方々(主に登録販売者や医療事務)が今回、優先接種の対象となるワクチンを接種したほうがいいのか、自分で判断できるための情報をお伝えします。

新型コロナワクチン接種の優先順位など

新型コロナワクチンの接種の優先順位は、医療従事者高齢者基礎疾患を有する者高齢者施設で働く者それ以外の者という順番です。

なぜ医療従事者が最初の理由は?

医療従事者をまず優先的に接種理由としては、以下の理由があります。

  • 業務の特性として、新型コロナウイルス感染症患者や多くの疑い患者と頻繁に接する業務を行うことから、新型コロナウイルスへの曝露の機会が極めて多いこと
  • 従事する者の発症及び重症化リスクの軽減は、医療提供体制の確保のために必要であること
るるーしゅ

るるーしゅ

まぁここは説明しなくても分かりますよね。
ただ下記の補足部分が、人によっては「?」となると思いますので説明します。

なお、ワクチンの基本的な性能として発症予防・重症化予防が想定され、感染予防の効果を期待するものではないことから、患者への感染予防を目的として医療従事者等に接種するものではないことに留意
(医療従事者等、個人のリスク軽減に加え、医療提供体制の確保の観点から接種が望まれるものの、最終的には接種は個人の判断であり、業務従事への条件とはならない

るるーしゅ

るるーしゅ

ちゃんと読まないで、ワクチンは感染予防の効果はない=ワクチン打っても意味がないとなる方いますので注意です。

感染とは、組織で増殖することなのでイコール発症ではありません。もちろんワクチンに感染予防効果がないわけではありません。

医療従事者の範囲は?

今回は薬局勤務者も医療従事者に含まれましたが、その他にはどのような人も該当するのか見ていきます。

病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。以下同じ。)に頻繁に接する機会のある医師その他の職員

  • 診療科、職種は限定しない。
  • 委託業者についても、業務の特性として、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接する場合には、医療機関の判断により対象とできる。
  • 疑い患者には、新型コロナウイルス感染症患者であることを積極的に疑う場合だけでなく、発熱・呼吸器症状などを有し新型コロナウイルス感染症患者かどうか分からない患者を含む。

薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師その他の職員(登録販売者を含む。)

  • 当該薬局が店舗販売業等と併設されている場合、薬剤師以外の職員については専ら薬局に従事するとともに、主に患者への応対を行う者に限る。
るるーしゅ

るるーしゅ

ドラッグストア側のレジ打ちのおばちゃんとかはダメってことだね
(報告見てると、一番感染してそうだけど…)

新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員

自治体等の新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務を行う者

  • 患者と接する業務を行う保健所職員、検疫所職員等
  • 宿泊療養施設で患者に頻繁に接する者
  • 自宅、宿泊療養施設や医療機関の間の患者移送を行う者

高齢者施設等の従事者の接種順位について

優先順位が高い理由

業務の特性として、仮に施設で新型コロナウイルス感染症患者が発生した後にも高齢の患者や濃厚接触者へのサービスを継続するとともに、クラスターを抑止する

高齢者施設等の従事者の範囲

高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等)において、利用者に直接接する職員

基礎疾患の範囲や妊婦、小児については?

基礎疾患の範囲

まだ詳細に決まってないこととして、基礎疾患をどこまで含めるかです。おそらく重症化や死亡リスクが高い基礎疾患をもつ高齢者以外は、優先接種の対象になるかと思います。
下記は厚生労働省の資料からです。

以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
るるーしゅ

るるーしゅ

そして基礎疾患ではないですが、BMI30以上の方もだそうです。
内閣府の調査では260万人いるそうです。

BMI30以上って、どれくらいの体型の人?と思うかもしれないので身長に対するBMI30の人の体重をのせます。

身長(cm)BMI30の体重(kg)
15067.5
15572
16076.8
16581.6
17086.7
17591.8

妊婦、授乳について

また妊婦についても、優先接種の対象になるかは決まっていません。現状では、「妊婦への安全性」が確認できていないため、もう少しデータがでてきてから検討されると思います。

生ワクチンではないため、妊婦に危険というデータはありません。もちろん妊婦への接種したデータも限られているため不明なのですが・・・

授乳中もダメというデータはないので接種してよさそうですが、ここはケースバイケースですかね

小児について

小児も妊婦同様に安全性が確認できていないため、接種の対象ではありません。(そもそも罹患リスクも低いですし)
ただ慢性疾患をもつ小児は重症化リスクが心配なため、周りのひとは優先順位高くしてもいいかもしれないという話も出ています。

新型コロナワクチンは接種したほうがいいか?

それでは新型コロナワクチンを接種したほうがいいかについて判断できる情報をお伝えします。

まず今回の新型コロナワクチンはワクチン史上最速で開発承認されています。
ワクチンの開発には10年~15年かかるのが一般的で今までの最速はおたふくのワクチンで4年だったそうです。

そして現時点(1/16)では、全世界で1億人近くが新型コロナウイルスに感染し、200万人以上が亡くなっています。世界中で新型コロナウイルス感染症が流行して、たくさんの人が亡くなっていて、かなりヤバイ状況であるというのは誰の目からも明らかだと思います。

そんな中、本来10年近くかかるワクチンがわずか1年で出来て、有効性、安全性ともに問題ないので、皆さん接種しましょう!と国から言われても、話が出来すぎていると不安に思いますよね。

だれが言っているから大丈夫というよりは、このようなデータがあるから大丈夫と判断できたほうが望ましいですよね。

新型コロナワクチンの有効性の観点から


日本で接種可能になるワクチンは、以下の3種類です。

データだけ見るとアストラゼネカのワクチンの有効率がすこし他の2つのワクチンより低いので、ファイザー、武田モデルナの新型コロナワクチンを接種したいと思うかもしれませんが、おそらく選ぶことはできません。

2月中に承認されるのはファイザー社のワクチンのようなので、おそらく医療従事者が優先接種で受ける際にはファイザー社のものになるかと思います。

尚、この有効率も対象となった国や患者背景などが違うため、一概にアストラゼネカ社のワクチンの効果が低いのかは分かりません。(今後、3ワクチンを接種した人の罹患状況を調査すると分かってくるかもしれません)

誤解が多い有効率について

各ワクチンの有効率を上記に示しましたが、有効率に関しては誤解されている方が多いので注意しましょう。

ワクチンの有効率 95%というのは「95%の人には有効で、5%の人には効かない」もしくは「接種した人の 95%は罹らないが、5%の人は罹る」という意味ではありません。

ワクチンの有効率は以下の計算式で示された値です。

つまり有効率をだすためには、ワクチンを接種しても新型コロナウイルスにかかった人の割合だけではなく、プラセボ(偽物)を接種した人のかかった割合も必要になってきます。

上記の場合を計算式に入れると、1-1/3=0.67、つまり有効率は67%です。
それでは、各ワクチンがどの程度の人数を対象におこなって算出された有効率をみていきたいと思います。

ファイザー社のワクチンの研究データ

ファイザーのワクチンの第Ⅲ相試験で36000人以上を対象にしています。
有効性は、2回目のワクチン接種後7日以降の症候性の新型コロナの発症をみています。ワクチン接種群の新型コロナ発症割合は8/18198=0.04%、ワクチン非接種群は160/18325=0.87%です。有効率は95%です。

Polack, Fernando P., et al. “Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine.” New England Journal of Medicine 383.27 (2020): 2603-2615.より

武田モデルナ社のワクチンの研究データ

武田モデルナのワクチンは第Ⅲ相試験で28000人以上を対象にしています。有効性は、2回目のワクチン接種後14日以降の症候性の新型コロナの発症をみています。ワクチン接種群の新型コロナ発症割合は11/14134=0.078%、ワクチン非接種群は185/14073=1.314%です。有効率は94%です。

Baden, Lindsey R., et al. “Efficacy and safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine.” New England Journal of Medicine (2020).より

アストラゼネカ社のワクチンの研究データ

有効性は、2回目のワクチン接種後14日以降の症候性の新型コロナの発症をみています。アストラゼネカの有効率は上の表ですと、62~90%と幅があるのですが、これは投与量の違う2つの研究を行ったためです。全体でみると有効率は70%です。

The Lancet 397.10269 (2020): 99-111.より

新型コロナワクチンの発症予防の効果は高いのか?

つぎに気になるのは、新型コロナワクチンの有効率は高いのか?という点です。
まずアメリカでは新型コロナワクチンの有効率として50%なければ承認しないとしていましたが、上記のとおり、ファイザー95%、武田モデルナ94%、アストラゼネガも62~90%と基準を満たしています。

2015-2016シーズンのインフルエンザワクチンの有効率が52.9%とのことですので、新型コロナワクチンの有効率は高いと思ってもらっていいと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

急いで作ったワクチンなので大丈夫?って思うかもしれませんが、発症を防ぐ効果は間違いなくあると思います。

新型コロナワクチンの重症予防効果は?

ワクチン接種の目的のひとつである重症化予防についてです。

ワクチン非接種群でも重症になった人の数が少ないため、まだこれからのデータを踏まえて結論を出す部分だと思いますが、すべての研究で一貫してワクチン接種群のほうが重症化していません。

つまり新型コロナワクチンを接種することで重症化を予防できる可能性が高いです。

新型コロナワクチンで他者への感染リスクを減らせるか?

もうひとつ新型コロナワクチンで気にしたいのは、他者への感染リスクがどうなるかについてです。
現在、ユニバーサルマスクしているのは、無症状でも実は新型コロナに感染していて、知らぬ間に他者へうつしてしまうことを防ぐためです。

こちらは武田モデルナの研究の際のデータなのですが、1回目から2回目まで間に感染した事例(無症候性)です。プラセボ(生理食塩水)を接種された方たちより無症候性で見つかった数が少ないです。

このデータから、「ワクチン2回接種したらマスクとはおさらばだ」といえるほど強力なデータではありませんが、他者への感染リスクも減らせることが示唆されます。

ワクチン接種の多いイスラエルの現状

今回の新型コロナワクチンの接種が一番すすんでいるのはイスラエルです。1/23時点で国民の1/4程度が1回目の新型コロナワクチン(ファイザー)の接種が完了しています。

そして有効性に関しても1回目の接種で治験のときほどのデータではないですが有効性がみられれているとのことです(治験時50%、実際のイスラエル33%)

るるーしゅ

るるーしゅ

集団免疫は期待できそうです

新型コロナワクチンの安全性の観点から

新型コロナワクチンの有効性が高くても、そもそも罹患リスクがそこまで高くない薬局勤務者は安全のほうに視点が向くのではないでしょうか。

アメリカ人は効く薬を欲しがる、日本人は副作用の少ない薬を欲しがるっていいますからね

アナフィラキシーの発症割合について

ファイザー社のワクチンのアナフィラキシー

まず致命的なワクチンの副反応とアナフィラキシーショックがあります。CDC(日本のpmdaみたいなところ)は昨年12月14~23日にファイザー製のワクチンを接種しアナフィラキシーを起こした21人の報告書を公表しています。

アナフィラキシーを起こす割合は100万人当たり11.1人で、インフルエンザワクチンは100万人当たり1.3人と比べると頻度が高いですが、まだまだ頻度としては稀なため、これを理由に接種をためらう必要はないかと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

またアナフィラキシーを起こした人の多くは、過去にアレルギー歴を持ってた人が多かったようです。
過去にアナフィラキシーや、薬などでアレルギー歴のある人は万が一に備えて、接種後30分、病院で待機がいいかもしれません。

ワクチンでは副作用ではなく、副反応と呼びます。副作用と呼ぶと、一般の方がもつ怖い副作用をイメージしてワクチン忌避になってしまうためです。

武田モデルナ社のワクチンのアナフィラキシー

武田モデルナ社の新型コロナワクチンのアナフィラキシーの発生頻度についてCDCより発表されたようです。
400万人を超える人々が1回目のワクチン接種を行い、10人にアナフィラキシーがでているようです。

100万人当たり2.5人とかなり頻度は低いです、また10人中9人は過去にくすりや食べ物でアレルギー歴がある人であったと報告されています。

よく起きる副反応について

つづいて頻度の多い副反応についてです。インフルエンザワクチンも接種後に接種部位が腫れたり、人によって発熱、倦怠感などがでることがありますよね。
同様のことが、新型コロナワクチンでも報告されています。ただインフルエンザワクチンと比較するとすこし頻度が多いので注意しましょう。

以下の表は、日本感染症学会のCOVID-19ワクチンに関する提言(第1版)より引用します。

接種部位の痛みに関しては、不活化インフルエンザワクチン接種時の頻度 10~22%らしいので、かなり痛いと思っていいでしょう(涙)
またファイザー、武田モデルナのmRNAワクチンでは2回目の接種後に38℃を超える発熱が10%超えで出ているので、注意が必要です。

mRNAワクチンは痛いし、2回目のあとは高熱がでるかもしれない!!
でも1~3日程度でおさまるようです。

るるーしゅ

るるーしゅ

データだけだと痛みが強いのかと思いますが、実際はそこまで痛くないのかもしれません。

新型コロナワクチン接種後に死亡例出てたんだけど…

Our World in Dataによると、1000万回(1/14時点)以上、接種しています。それくらい接種していたら、接種後にワクチン関係なしに亡くなる人もいるかもしれません。しかも16日後ですから、ワクチンが原因とは0ではないですがかなり低いのではないかと思います。

新型コロナワクチンの不明点

新型コロナワクチンは今までのワクチン史上で最速で出来たワクチンのため、接種後の長期データは不足しています。
そのため、接種後どの程度の期間、効果が持続するのか?またワクチン接種の目的の一つである重症化を予防できるのかはわかっていません。そして集団接種による集団免疫の恩恵があるのかも不明です。

新型コロナに罹患した際はどうなるの?

新型コロナワクチンを接種したほうがいいかを判断する際に、もうひとつ重要な情報として新型コロナに罹患したらどうなるかも、知っておく必要があります。

新型コロナの特徴として、感染しても発症しない無症候性の人が多いことが挙げられています。(ただ無症候性でも感染力が強いため、とても厄介なのです)

新型コロナウイルス感染症診療の手引き4.1版より

発症しても8割の方は軽症で済みますが、基礎疾患を持っている人や高齢者は重症化しやすいです。

また新型コロナ後の後遺症も報告されています。
先日のニュース記事によると若者でも報告されているようです。

  • 倦怠感が95%
  • 気分の落ち込みが86%
  • 思考力の低下が83%
  • 息苦しさが75%
  • 髪の毛が抜ける脱毛が50%
  • 味覚障害が30%

UpToDateによると、上記の症状が解消するまでの時間として

  • 倦怠感・・・3カ月
  • 気分の落ち込み・・・6週間~3カ月
  • 思考力の低下・・・6週間~3カ月
  • 息苦しさが・・・2~3カ月
  • 髪の毛が抜ける脱毛・・・不明(おそらく数週間)
  • 味覚障害・・・不明(おそらく数週間)
るるーしゅ

るるーしゅ

ワクチンを接種するという行為でリスクをとるのも嫌だけど、接種しないで罹患した場合のリスクも考慮しないといけないですよね…

新型コロナワクチン関連の怪しい情報

すでに新型コロナワクチンについて怪しい情報が出回っているようですので、もし周りに怪しい情報を信じて、接種をためらっている方がいたら、やんわりと教えてあげてください
対立構造になってしまうと、頑なになってしまうことがありますので注意してください

mRNAワクチンは、まだ研究段階のワクチンで世に出すのは早い

mRNAワクチンの研究は30年ほど前から実施しているため、ぽっと出の新しい技術ではないようです。実際にSARSやMARSの際に使用しようと思ったようなのですが、終息が早かったため、出番がなかったようです。

ワクチンにはマイクロチップが入っていて、行動を監視される

ワクチンには金属が入っていません。マイクロチップは大きすぎてワクチンに埋め込むことができません。

ワクチンを接種すると不妊症になる

12月初旬にドイツの医師が、シンシチン1という不妊に関連するタンパク質と、新型コロナのスパイクタンパク質が似ているのでワクチン打ったら不妊症になるのでは?という情報をfacebookで発信→facebookに削除される。

専門知識がないわたしには、大分ハードルが高いため、下記記事を読んでみてください。とりあえず、不妊症にはなるという情報は怪しい。

RNAワクチンは、ヒトのDNAを変異させる

DNAは変異させません。

ワクチンを接種すると、新型コロナになってしまう

このワクチンは、生きているウイルスや減衰したウイルスから作られたものではありません。スパイクタンパク質自体は感染を引き起こすことはできない

RNAワクチンは胎児組織を使用してる

ワクチンを製造するために胎児細胞培養物の使用を必要としない。

ウイルスが突然変異してしまったので、ワクチンを接種する意味がない

ほとんどのウイルスは時間の経過とともに突然変異を起こします。突然変異があっても、人間の細胞に付着するために使われる「スパイクタンパク」は同じため、効果はあると考えられています。

すでに新型コロナにかかったのでワクチンは不要

自然免疫がどのくらい続くのかは不明なので、将来の感染を防ぐためにもワクチンは必要です

ワクチンでベル麻痺になってしまう

臨床試験でファイザーワクチンを投与された4名の患者にベル麻痺が発症した。ワクチン接種との関連性を示す証拠はなく、また、臨床試験が非常に大規模であったため、発生率は一般集団で予想されるものと同程度であります。(10万人あたり15~30人、年間で発症しています)

ベル麻痺に関しては、ワクチンが原因でなったのか不明です。今後、もう少し情報がでてくるかもしれませんが、ベル麻痺を理由に接種を拒否するほどのことではないと思います。

有機水銀(チメロサール)を使用しているので接種すると自閉症になる

3種類、すべてに有機水銀(チメロサール)は含有されていません。そして何より、有機水銀(チメロサール)が自閉症を引き起こすという証拠はありません。

以下は、新型コロナワクチンに対するよくある誤解です

ワクチンを接種すれば、一生免疫がつく

まだよくわかっていません。

ワクチンを接種したら、マスクをする必要はなくなる

日本ではマスクをすることは、他者から自分がウイルスに感染しないようにという意味が強いですが、世界的にみれば自分が他者にうつさないために使用するものです。
ワクチンを接種することで新型コロナを発症するリスクは低減しますが、他者への感染リスクが低減するかまだはっきりしていません。

新型コロナワクチンを接種したら、マスクをつけなくていいわけではありません。

結局、接種したほうがいいの?

現状、入手可能な情報に基づいて、新型コロナワクチンを接種したほうがいいかについて解説しました。
最後にわたしの視点でこの新型コロナワクチンへの印象は以下です。

すでに薬剤師会や保険薬局協会、チェーンドラッグ協会よりより、新型コロナワクチン接種を希望するかの調査がおこなわれているはずです。

私としては、今回の有効性及び安全性を理解したうえで新型コロナワクチンを接種してほしいと思いますが、現時点ではどうしても決められないというようでしたら後回しにしてもいいと思います。

押し売りになるのが嫌なので、控えめにしていますが現状のデータからはみんながワクチン打てば、新型コロナもただの風邪に成り下がって、また今まで見たいな日常が送れるんじゃないかなと思ってます。

薬局の開設者は管理者の方へ
「接種しなきゃ減給する」などのことは、絶対にしてはダメですからね。

るるーしゅ

るるーしゅ

ちなみに愛知県薬剤師会が接種の有無を希望したところ8割以上が接種すると回答したようです。
都薬の調査でも8割が接種を希望すると回答したようです。

参考資料

この記事以外の有用な情報源

今回の記事は、ワクチンや感染症の専門家でもない立場で、既存の情報源から周りの薬剤師や医療事務に説明できる最低限の内容かと思います。

そこでさらに高みを目指したい方向けにオススメのサイトがありましたので共有いたします。

厚生労働省も新型コロナワクチンのお知らせページを作成しましたので参考にしてください。

忽那先生のYahoo記事も分かりやすい(私同様、尿酸値が高いので親近感)

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

lelouch

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. 1/14に訂正かけて武田モデルナとアストラゼネカの有効率や規模訂正しましたが、文章は訂正しましたでしょうか?

    今現在
    「武田モデルナ社のものが有効率がすこし他の2つのワクチンより低いので、ファイザー、アストラゼネカの新型コロナワクチンを接種したいと思うかもしれませんが、おそらく選ぶことはできません。」
    と書いてありますが、今の表だと有効性が低く見えるのはアストロゼネカのように思います。私の有効率のとらえ方が間違っているのでしょうか?

    • >774さん

      コメントありがとうございます。
      この部分の訂正見逃していました、訂正致しました。
      774さんの有効率の捉え方はもちろん誤っておりませんので
      ご安心ください。
      今後ともよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA