☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

薬剤師が医師と議論するために必要な知識はなんですか?

3 min 788 views

医師と議論するために必要な知識は何?

2020年の調剤報酬改定では、服用薬剤調整支援料2が新設され、薬剤師が医師へ情報提供して患者の薬物療法を適正化することが求められています。

そこで今回は、医師と議論するために必要な知識は一体なんなのかを紹介しようと思います。

お題論文

松尾光浩, 大堀高志, and 篭島充. “医師は薬剤師にどのような知識を期待するのか: 新潟県上越地区におけるアンケート調査.” 日本農村医学会雑誌 69.1 (2020): 29-34.

紹介する研究について(方法)

この研究は、新潟県の総合病院に勤務する医師81名に、医薬品の安全性について薬剤師と議論する際に、薬剤師が持っていてほしい知識レベルについて調査した研究です。

アンケート内容
  • 添付文書
  • インタビューフォーム
  • ブルーレター、イエローレター
  • 日本のガイドライン
  • 欧米のガイドライン
  • 最近の国内学会のトピック
  • 最近の国際学会のトピック
  • PMDAのトピック
  • 大規模なRCTなどの臨床試験
  • その他の臨床研究(後ろ向き研究など)
  • UpToDateなど

上記の質問内容を①必要な知識、②把握すべき情報、③そこまで要求しない、④わからないで回答。
尚、自分の専門領域の場合と専門領域以外の場合で評価。

医師が求めている知識レベルについて(結果)

回答者は71人(87.7%)で、各設問に①必要な知識②把握すべき情報と回答した割合を算出した。

自分の専門領域の場合

①または②と回答した割合
添付文書95.8%
インタビューフォーム60.6%
ブルーレター、イエローレター54.9%
日本のガイドライン78.9%
欧米のガイドライン32.4%
最近の国内学会のトピック54.9%
最近の国際学会のトピック34.0%
PMDAのトピック29.6%
大規模なRCTなどの臨床試験45.1%
その他の臨床研究(後ろ向き研究など)18.3%
UpToDateなど26.8%

自分の専門領域以外の場合

①または②と回答した割合
添付文書85.9%
インタビューフォーム49.3%
ブルーレター、イエローレター47.9%
日本のガイドライン64.8%
欧米のガイドライン25.4%
最近の国内学会のトピック35.2%
最近の国際学会のトピック21.1%
PMDAのトピック15.5%
大規模なRCTなどの臨床試験28.2%
その他の臨床研究(後ろ向き研究など)9.9%
UpToDateなど18.3%

添付文書の内容および日本のガイドラインについては、議論する際は共通の知識として必要です。また医師の専門領域について議論する際は、大規模臨床試験についても半数近くの医師が必要と考えていることから、やっぱり日頃、医学論文にもアンテナはっておいたほうがよさそうです。

あと上記の結果には記載していませんが、インタビューフォーム、ブルーレター、イエローレター、PMDAのトピックについてはわからないと回答した医師も多かったようです。(馴染みがないのかもしれないです)

本研究を踏まえて…

今回は医師が、薬剤師にどのような知識を期待するのかを紹介しました。紹介した研究は、総合病院の医師を対象としているため、開業医の医師に適用できるかは議論の余地がありそうです。

るるーしゅ

るるーしゅ

そもそも聞く耳をもっていなかったりとか…

難易度:VERY HARDな医師もいるかと思いますが、うまく攻略していきましょう。
自分のところでは、医師と議論は全く出来ないという環境でも、なんとかしてうまく壊していってほしいなと思います。

冒頭にも記載しましたが服用薬剤調整支援料2が新設されているのは、国として、薬剤師にやってほしいということですからね。

るるーしゅ

るるーしゅ

もし本当に無理っていうようなら、職場や自分のキャリアについて見直したほうがいいですよ

売り手市場から買い手市場に変わってきてますからね…

オマケ:医学論文について

今回紹介した研究で、専門領域で議論する際には、大規模なRCTなどの臨床試験について ①必要な知識、②把握すべき情報と回答した割合は45.1%でした。

半数近くの医師が、代表的な研究については知っておいてほしいとおもっているわけですが、薬剤師が医学論文を日常的に読んでいる割合は15%というデータもあり、なかなか乖離しています。

WEB上の論文抄読会

もし、医学論文を読むことに興味がございましたら、下記のWEB上での論文抄読会に参加してみてはいかがでしょうか?

はい、先日の記事でも書きましたが、わたしの薬剤師人生で大きな転機になったものです。病院薬剤師の桑原先生、青島先生と薬局薬剤師の山本先生が立ち上げた薬剤師のジャーナルクラブで、初心者でも難なく入っていけると思います。

あと、こちらのエビテンも紹介しておきます。上記のJJCLIPはひとつのお題に対して論文読んで、あなたならどどうする?ということを行うのに対して、、エビテンは論文の紹介および自分の見解などを紹介するあっさりとした内容です。

どちらも月1回開催していて、参加のハードルは低いので、興味があったら参加してみてください。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA