考えてみませんか?今後の働き方について

新薬の安全性で注したい内容~治験の5Toos~

1 min 406 views

今回は治験の5Toosについて紹介いたします。
以前に紹介した、3の法則と含めて覚えておいていただけたらと思います。

治験の5Toosとは?

新薬は治験において有効性や安全性が確認されているが,その治験には限界があります。

治験の5Toos

  • too few:症例数が少ない
  • too simple:投与方法が単純で,併用薬などが使われていない
  • too narrow:腎機能・肝機能障害,妊婦などの特殊な患者は除外されている
  • too median-aged:高齢者や小児は除外されている
  • too brief:投与期間が短く,長期投与の結果が不明である
参考資料

ファルマシア・54巻・3号・236頁

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


薬剤師業界も 売り手市場 から 買い手市場 に!!
今後、「必要とされない薬剤師」になってしまう前に、早めにキャリアの見直しを!
プロに無料相談してみる
「必要とされない薬剤師」になる前に見直しを!
まずは無料相談