"転職"を考えたら、読んでみてください

新薬の安全性で注したい内容~治験の5Toos~

今回は治験の5Toosについて紹介いたします。
以前に紹介した、3の法則と含めて覚えておいていただけたらと思います。

治験の5Toosとは?

新薬は治験において有効性や安全性が確認されているが,その治験には限界があります。

治験の5Toos

  • too few:症例数が少ない
  • too simple:投与方法が単純で,併用薬などが使われていない
  • too narrow:腎機能・肝機能障害,妊婦などの特殊な患者は除外されている
  • too median-aged:高齢者や小児は除外されている
  • too brief:投与期間が短く,長期投与の結果が不明である
参考資料

ファルマシア・54巻・3号・236頁

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

自分一人では、自分のやりたいことや強み、市場価値などが分からない場合は専門家を利用するのも効果的です。

マイナビ薬剤師とファルマスタッフはどちらも転職支援の会社ですが、薬剤師のキャリア相談も無料で実施してくれます。どちらでも(もちろん両方でも)構わないので、登録して自分のやりたいこと強み市場価値などをしっかりと把握しておくことが、これから先の薬剤師過剰時代を生き抜くうえで重要です。

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA