薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

新薬の安全性で注したい内容~治験の5Toos~

1 min 175 views

今回は治験の5Toosについて紹介いたします。
以前に紹介した、3の法則と含めて覚えておいていただけたらと思います。

治験の5Toosとは?

新薬は治験において有効性や安全性が確認されているが,その治験には限界があります。

治験の5Toos

  • too few:症例数が少ない
  • too simple:投与方法が単純で,併用薬などが使われていない
  • too narrow:腎機能・肝機能障害,妊婦などの特殊な患者は除外されている
  • too median-aged:高齢者や小児は除外されている
  • too brief:投与期間が短く,長期投与の結果が不明である
参考資料

ファルマシア・54巻・3号・236頁

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談