薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

医薬品の副作用を評価する上で知っておきたい知識~3の法則~

1 min 273 views

医薬品の副作用を評価する上で知っておきたい知識として、3の法則とよばれるものがありますので、今回紹介いたします。

3の法則ってなに?

3の法則とは、○分の1で起こる副作用を95%の確率で検出するために必要な人数は○×3になるという法則です。
4コマ中でも紹介していますが、100分の1の副作用は、100人に投与しても63%しか検出することはできません。

副作用の発生率95%検出80%検出63%検出
1/100300161100
1/5001500805500
1/1000300016101000
1/50001500080485000
1/10000300001609510000
るるーしゅ

るるーしゅ

市販後調査はだいたい3000例という暗黙のルールがあって、1000分の1の副作用まではちゃんと調査しましょうってことみたい。
ただ最近は、治験の段階でけっこう大人数に投与してたりするケースもあるため一概には言えないけど…

今回の内容と一緒に、治験の5Toosも知っておいてもらうといいと思います

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談