"転職"を考えたら、読んでみてください

医薬品の副作用を評価する上で知っておきたい知識~3の法則~

医薬品の副作用を評価する上で知っておきたい知識として、3の法則とよばれるものがありますので、今回紹介いたします。

3の法則ってなに?

3の法則とは、○分の1で起こる副作用を95%の確率で検出するために必要な人数は○×3になるという法則です。
4コマ中でも紹介していますが、100分の1の副作用は、100人に投与しても63%しか検出することはできません。

副作用の発生率95%検出80%検出63%検出
1/100300161100
1/5001500805500
1/1000300016101000
1/50001500080485000
1/10000300001609510000
るるーしゅ

るるーしゅ

市販後調査はだいたい3000例という暗黙のルールがあって、1000分の1の副作用まではちゃんと調査しましょうってことみたい。
ただ最近は、治験の段階でけっこう大人数に投与してたりするケースもあるため一概には言えないけど…

今回の内容と一緒に、治験の5Toosも知っておいてもらうといいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

自分一人では、自分のやりたいことや強み、市場価値などが分からない場合は専門家を利用するのも効果的です。

マイナビ薬剤師とファルマスタッフはどちらも転職支援の会社ですが、薬剤師のキャリア相談も無料で実施してくれます。どちらでも(もちろん両方でも)構わないので、登録して自分のやりたいこと強み市場価値などをしっかりと把握しておくことが、これから先の薬剤師過剰時代を生き抜くうえで重要です。

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA