☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

腎機能を考慮することってトクベツなことですか?

4 min 527 views
るるーしゅ

るるーしゅ

なんかさ、薬剤師って腎機能を推定して投与量が問題ないかどうか確認するのってトクベツなことって思っているよね?

うん、確かにそうですね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

第13回日本薬局学会の特別企画で「腎機能管理のスペシャリストを目指す」という講演があって、白鷺病院の古久保先生が冒頭にこう言ってたのが、とても印象に残っているんだ

腎臓のスペシャリストになってもらいたいわけではありません。
当然のように、腎臓考えるようになってほしい。

るるーしゅ

るるーしゅ

日本薬局学会だから対象者は、薬局薬剤師。 マンガでも示しているように薬局薬剤師の中で当たり前に腎機能を考慮して投与量を判断するのは当たり前にできていないからね。 そして「腎機能管理のスペシャリストを目指す」というタイトルの講演の冒頭にこのセリフ、マジでかっこよかった

薬局薬剤師は腎機能を評価して疑義照会をしていない?

2007年に東京都薬剤師会の研修に参加した薬局薬剤師50人のうち、腎機能低下患者の過量投与に関する疑義照会を経験したことがあったのは14名(28%)で病院薬剤師は72%と有意な差があった。

2007年頃の薬剤師にはまだそんな能力はないんじゃないですか、所詮4年制ですよね…

メガネ

メガネ


つづいて2013年にGoogleFormを用いたアンケート調査でCKD患者の腎機能を評価し投与量の設計をしたことがあるかという問いに対し病院薬剤師は91.5%、薬局薬剤師は54.2%だったという結果でした。

ほう、ただ2007年から2013年で6年間で28%→54%と26%伸びていますので、2019年の今は80%くらいの薬剤師が腎機能評価しているんじゃないですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

いや、そんなに出来ていないだろ…

腎機能を評価して投与量を考慮することは特別なことですか?

熊本大学の近藤悠希先生は、2019年10月号(調剤と情報 増刊)の中で、薬剤師の腎機能を考慮した投与量の決定に対して、このような説明している。

現在、慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人に達し、高齢者の3人に1人はCKDともいわれている。まさに「高齢者をみたら腎機能低下を疑え」といっても過言ではない。またCKD患者の数は12歳以下の小児の数(1260万人)よりも多い。
したがって、腎機能を考慮した医薬品投与量の決定は、小児用量の確認と同様に、薬剤師にとって必須のスキルであるといえる。

確かに、小児の薬は体重聞いて投与量確認するの当たり前ですよね。 でもそれが高齢者になると…

メガネ

メガネ

どういった患者で腎機能を注意すればいいのか?

でもるるーしゅさん、腎機能の評価って来局患者全員にやっていたら大変ですよ…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

全員にやってたらキリがないのわかる。だから優先順位が高い人からできる範囲内で実施していこう。調剤と情報 2018年 01 月号の近藤悠希先生の記事によると…

腎機能を評価し投与量を確認する対象

  • 腎機能低下時に注意が必要な薬剤が処方
  • 腎機能低下が疑われる患者

そうやって簡単そうに言っても騙されませんよ。 腎機能低下時に注意が必要な薬剤と言ってもたくさんあるんでしょ?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

まぁ確かに、これは多いかもしれないね

腎機能低下時に注意が必要な薬剤リスト

商品名(先発品) 一般名 尿中排泄率 副作用
バルトレックスバラシクロビル80%呂律障害、痙攣、精神神経障害
リリカプレカバリン90%傾眠、意識消失、心不全
ガスターファモチジン80%精神錯乱、汎血球減少
メトグルコメトホルミン85%乳酸アシドーシス
るるーしゅ

るるーしゅ

まだまだありそうだけど、とりあえずここまで

腎機能低下が疑われる患者

るるーしゅ

るるーしゅ

腎機能低下が疑われる患者としては、高齢者だね

薬局に来る半数以上は高齢者なんじゃないですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

まぁそうなんだけどさ、糖尿病の高齢者やCKD患者によく投与される薬剤がでている患者はしっかりね

CKDを推測できる薬剤

  • 球形吸着炭
  • 沈降炭酸カルシウム
  • 炭酸ランタン水和物
  • クエン酸第二鉄水和物
  • ポリスチレンスルホン酸ナトリウム
  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム
  • 炭酸水素ナトリウム

糖尿病

糖尿病の合併症で有名なのは「し・め・じ」ですよね。

  • し:神経障害
  • め:糖尿病性網膜症
  • じ:腎障害

合併症もこの順番に出てくることが多いとのことなので、糖尿病の罹患歴が長い患者もしくは、糖尿病性網膜症の症状がでている患者に「腎機能落ちてないかな?」と意識しましょう。

腎機能を評価するうえで忘れてはいけないこと

腎機能を評価する方法

薬局で腎機能を評価する際には、クレアチニンを用いることがほとんどですよね。まずは血清クレアチニン値(SCr)ですが、腎機能低下があっても、高齢者の場合は正常範囲内であることが多いです。

したがって、薬物投与量を設定する際は、SCr(mg/dL)だけで判断せず、Cockcroft-Gault式(CG式)による推算Ccr、または推算糸球体濾過量(eGFR)による腎機能評価が必要である。ただし、CG式による推算Ccrは肥満患者では腎機能を過大評価してしまうこと、またJaffe法で測定されたSCrを基準に作成された式であるため、本邦のほとんどの施設で採用されている酵素法で測定されたSCrを用いる際は、実測SCrに0.2を加えて計算する必要がある点に留意する。

各種腎機能評価方法とその特徴

腎機能評価方法特徴・注意点
クレアチニン・クリアランス
(Cockcroft-Gault式)
(単位:mL/min/1.73m2)
・酵素法(本邦での測定法)で測定されたSCrを用いる際は、
実測値に0.2を加えて代入
・筋肉量が少ない患者では腎機能を過大評価
・肥満患者では腎機能を過大評価
標準化eGFR
(SCrから算出)
(単位:mL/min/1.73m2)
・個々の患者の体格は考慮しない式のため、薬剤投与量設定には
適さない場合が多い
・筋肉量が少ない患者では腎機能を過大評価
個別化eGFR
(SCrから算出)
(単位:mL/min)
・薬剤投与量設定に適している
・筋肉量が少ない患者では腎機能を過大評価
標準化eGFR
(シスタチンCから算出)
(単位:mL/min/1.73m2)
・個々の患者の体格は考慮しない式のため、薬剤投与量設定には
適さない場合が多い
・筋肉量の影響を受けない
・HIV感染、甲状腺機能異常、シクロスポリンなどの薬剤投与の
影響を受ける可能性がある
個別化eGFR
(シスタチンCから算出)
(単位:mL/min)
・薬剤投与量設定に適している
・筋肉量の影響を受けない
・HIV感染、甲状腺機能異常、シクロスポリンなどの薬剤投与の
影響を受ける可能性がある
るるーしゅ

るるーしゅ

CKDステージを把握する際は標準化eGFR、薬剤投与量設定に用いる際には個別化eGFRを用いることが多いと思います。

腎機能を計算する際には、上記の日本腎臓病薬物療法学会にて計算するといいと思います。

  • 腎機能低下時に注意が必要な薬剤が処方
  • 腎機能低下が疑われる患者
るるーしゅ

るるーしゅ

リスクの高い患者さんの場合には、腎機能に基づいた処方監査を実施しましょう

腎機能を評価するだけにならないように

最後に腎機能を評価するうえで忘れてはいけないことをお伝えいたします。
それは腎機能を評価し、投与量を考慮することは方法に過ぎないことです。腎機能を評価し投与量を決めることが目的にならないようにしましょう。

んー、これってどういう意味ですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

患者を見ないで、腎機能だけで投与量調節して、「俺、デキる」みたいになることだね

参考資料
  • Kondo, Yuki, et al. “Awareness and current implementation of drug dosage adjustment by pharmacists in patients with chronic kidney disease in Japan: a web-based survey.” BMC health services research 14.1 (2014): 615.
  • 竹内裕紀, et al. “1. 透析患者の中毒性副作用の実態.” 日本透析医学会雑誌 43.1 (2010): 38-40.
  • 近藤 悠希「検査値がわからない!」ところから始める! 処方監査に必ず活かす! 実践! 腎機能チェック(第1回)薬局で腎機能と薬剤チェックに取り組むための第一歩 : これまでと処方監査の視点を変え

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ボーナス後に転職しようと思っている薬剤師へ
夏のボーナス後に転職を考えている方は、転職活動を始めるのは今がベストです。
無料登録はコチラ
ボーナス後に転職予定の薬剤師は今すぐチェック
無料登録はコチラ