【薬剤師の視点】保湿剤は保険適用外にすべき?

未分類

今回は保湿剤の保険適用について私の私見を述べさせていただきます。
その他の保湿剤に関するネタは下記をご確認ください。

塗布、塗擦どっちなの?保湿剤の塗り方あれこれまとめました

2018年12月17日

保湿剤はお風呂あがりにすぐに塗るべき?薬剤師が諸説まとめてみました

2018年12月25日

その保湿剤の処方は不適切?薬剤師が知っておくべき保湿剤の使用量

2019年1月18日



保湿剤は保険適用外にすべき?①保湿剤は保険適用外にすべき?②保湿剤は保険適用外にすべき?③


今回の保湿剤の保険給付についての注意点

メガネ
るるーしゅさん、こんなネタ書いて大丈夫ですか?またたたかれるんじゃないですか?
るるーしゅ
確かに世論とは逆っぽいからね…ただ薬剤師でも保険を不適切に使用していると懲罰的な意味合いで「保湿剤は保険適用外に!」って思っている人もいそうだからさ。
もう少し色々と考えてみたほうがいいんじゃない?くらいのノリでいいんだけどね
メガネ
保湿剤が市販で手に入るし、海外でも保険適用外なんだから!で思考停止している薬剤師はいるでしょうね…わたしもそうでしたから
るるーしゅ
うん、その理論も全然間違っていないと思うけど、それなら保湿剤より先に手を付ける薬剤(有効だというエビデンスに乏しく海外では保険適用外)がもっとあるんじゃないの?
例えばかn…
メガネ
るるーしゅさん、その薬剤については別の機会にしましょう。
収拾がつかなくなりますよ

海外で使用されていそうな市販の保湿剤

メガネ
ちなみに海外で使用されている保湿剤はどうやって調べたんですか?
るるーしゅ
英語でググってみて、上のほうにあったページ見ただけ。だから本当に外人がこの保湿剤使ってるのかは知らん。
ただセタフィルもヴァセリンもコストコで安く手に入るから会員ならぜひ買うべき!!
るるーしゅ
でも、大きい容器は汚染されやすいっていうデメリットもあるからね


保湿剤が保険適用外になった場合の月の負担額を考えてみる

メガネ
セタフィルやヴァセリンも日本で手に入れることはできますが、日常的に手の届くようなものではないですよね。
しかも日本での保湿剤はヒルドイド(ヘパリン類似物質)が多いですし
るるーしゅ
じゃあヘパリン類似物質を市販で買う羽目になった場合を計算してみようかね

全身に塗った時の目安量

るるーしゅ
まずは保湿剤の使用量の目安だね
1回使用量1週間の使用量
(1日1回の塗布の場合)
3~6カ月約4g約28g
1~2歳約7g約49g
3~5歳約9g約63g
6~10歳約12g約84g

ヘパリン類似物質の市販の値段について

るるーしゅ
ヘパリン類似物質の市販薬については、薬剤師ブログ友達のけいしゅけ先生が書いているね

ヒルドイドと同じ成分の市販薬が売っているので紹介させてほしい


メガネ
大体1gあたり20円ってところですかね、そうなると一日一回の塗布だったとして…
1週間の使用量
(1日1回の塗布の場合)
1週間のヘパリン類似物質代
(1g20円計算)
3~6カ月約28g560円
1~2歳約49g980円
3~5歳約63g1260円
6~10歳約84g1680円
メガネ
一週間でこの金額ですと、ちゃんと使用できない人多そうですよね
るるーしゅ
だから、こういうところも考えなきゃいけないよね。もちろん不適切処方も問題だし、医療費増大の観点からどこまで保険給付するかも大切なのはわかるけどね。