☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

市販薬乱用について 調べてみたら、 想像以上で どうしたらいいか 分からない…

4 min 407 views

市販薬濫用が問題視されていることは重々承知ですよね。
私も小学校で薬物乱用教室を実施する際に調べたんだけど、実際の乱用者に出会ったことはありませんでした。


そこで、試しにツイッターのキーワード検索で「ブロン」と検索してみました。

ツイッター(ブロンで検索)

・・・いかがですか?

私は今まで検索することがなかったので、とても衝撃を受けました。

こういう言い方をしてしまうと分断を生んでしまい、市販薬濫用者を救うことができなくなってしまうと思いますが、普段我々薬剤師が相手にする患者とは違うということがわかると思います。

薬物乱用する子どもの特徴として「大人を信用していない」「自傷経験がある」といった特徴もある

以前、乱用防止教室の際に、若者の薬物濫用者はどういう人が多いかと調べたこと限りだと下記のような特徴があるということは知っていました。

ただ、この文字から想像した人物像と、私がSNS上で検索した際に出てきた人物像がずれていたんですよね。

ズレていたというよりは、私自身が本当に世間知らずのおぼっちゃまだったんだと思います。

実際に私が衝撃を受け、ツイッター上で周りの薬剤師も試してみるように促しましたら、私同様に衝撃を受けていたようです。

薬剤師会の対応はどうなのか?

2019年11月20日に、日本薬剤師会は濫用等のおそれのある医薬品の取扱いについて(お願い) という通知を出しました。

通知の中で若年者への不適切な販売の防止という項目に

  • 濫用の事例が多いとされる若年者には、氏名・年齢を確認し、濫用が助長されないよう注意喚起し、必要に応じて販売しない。
  • 学生証等の身分証明書の提出を求めるなど、提出がなければ販売しない。
  • その旨を薬局及び店舗内に掲示する。

と、販売しないルールを作成しました。

このルールで、若者の薬物濫用者を救えるのか?自分たちは売らないということで責任転嫁しているだけで根本的な解決には何の貢献もしていないじゃないか。という印象を持っていました。

しかし、今回の若者の薬物濫用者の実態(SNSでの一側面に過ぎませんが)を知ることで、自分の世間知らずさや、無力さを痛感したとともに、「理想を語るにはそれに見合う力が必要だ」と強く思います。

「助けて」が言えない若者たちに対して、今の薬局業界にどの程度手を差し伸べることができる環境を作ることができるか?

乱用するのは本当にごく一部の人に過ぎないですし、乱用に至る背景には、深い闇をもっていることが多く、対応する薬剤師、登録販売者の負担が大きいこともわかります。

今は回復しているようですが、夜回り先生も「もう疲れました」ということをブログに記載して話題をあつめていました。

難しい案件なのはわかります。ただそれでも可能ならば一緒に考えていただければ幸いです。

まず乱用されている市販薬について

こちらのデータは2019年の医薬品・医療機器等安全性情報からです。
このデータ、実はかなりOTCメーカーもびっくりしたようで、今まで商品名での公開はなかったんですよね。

ブロンについて

そしてブロン錠とブロン液が区別されずに1位ですが、圧倒的にブロン錠での乱用が多いです。

理由としてはブロン液は過去に乱用が問題になった際に、メチルエフェドリンが除かれ、味もメントール味になったためと言われています。
しかしブロン錠には、いまだにダウナー系のコデイン、アッパー系のメチルエフェドリンが含まれています。

WEBサイト上では注意喚起のPOPが出ます。(商品の記載はなし)

金パブについて

ブロンの乱用について多くの薬剤師もしっているかと思いますが、金パブことパブロンゴールドに関してはあまりしらない方も多いかもしれません。

こちらの商品もブロン同様に、ダウナー系のジヒドロコデイン、アッパー系のメチルエフェドリンが含まれています。ただブロンが咳止めに対して、金パブは総合感冒薬のため、AAPが含まれています。(かっこつけましたがアセトアミノフェンのことです)

そのため乱用した際は、肝機能障害や、腎機能障害を起こし、白目が黄色くなったり、顔がどす黒くなることもあるそうです。

対策案として、パッケージに記載したらどう?


このときは私も、ツイッターで調べる前なので、確かに目印になるという側面もあるかも?って思いましたが現状を見たら、これよりもっと大切なことがあるんじゃないかなという思いのほうが強くなりました。

ただ、そんなに効果はあるように思えないというのが本音です。

医薬品販売制度実態把握調査の結果

現状、ブロン2箱くださいって言っても半数の店舗で「はい、どうぞ」ができる状況ですからね。

薬剤師はOTC薬に興味がない

何故なんですかね、整備上の不具合もありますが、やはり

薬剤師がOTC薬に興味がない

もちろん私もそうです…なんとかしていかなきゃいけませんね。

私としては以前スギ薬局が実施していた濫用のおそれのある医薬品を販売する際に、アルクなどの依存症を克服する施設を紹介するリーフレットを添付するという方法を考えていましたが、それもどうなんだろうかと…

この市販薬濫用の問題は、薬剤師会のように販売しないことで責任転嫁する方法は思い浮かびますが、果たしてそれだけでいいのだろうか本当に悩ましいです。

何かいい案がありましたら、教えていただけますと幸いでございます。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

lelouch

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:

1 件のコメント

  1. こどもの多用が気になるなら
    地元の学校 sc 病院の連携
    県の精神保険福祉士会や、臨床心理士会に相談とか如何でしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA