☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

保湿剤はお風呂あがりにすぐに塗るべき?薬剤師が諸説まとめてみました

3 min 432 views

保湿剤はいつ塗るべきなのか?

患者さんの中には、医師からはお風呂あがりにすぐに保湿剤を塗るように言われたけど、薬局で薬剤師に別にお風呂あがりすぐに塗っても効果は変わらないからどっちでもいいという指導をうけて、どうなんだろう?と思ってしまった経験があるのではないでしょうか?

今回は薬剤師の立場で、何故そのような医師と薬剤師で意見が割れてしまうのか、そして保湿剤はどのタイミングで塗ったほうがいいのかをアドバイス致します。

保湿剤の塗るタイミングって、どっちでも変わらないが正解ではないんですね?

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる11.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

現状では、どっちがいいかは分かっていないというのが正しいかな?という印象だね。 とりあえずまとめてみようかね。

保湿剤は、入浴後すぐに塗ったほうがいい派

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

まずは国立成育医療研究センターの書籍からだね。

皮膚洗浄の後、何もしなければ皮膚は時間とともに乾燥していきます。このため皮膚を洗ったらなるべく早く、例えばお風呂の脱衣場で服を着る前に外用薬を塗るようにしてください。
こどものアレルギー (国立成育医療研究センターBookシリーズ)P73より引用

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg

るるーしゅ

つづいて、皮膚科の権威の宮地先生

保湿剤は入浴後早めに「適量」(かろうじて光る量あるいはティッシュペーパーが付着する程度の量)と思われる量よりやや多めに外用することで、さらに保湿効果が高まることは明らかであり~
薬局で役立つ皮膚科治療薬FAQP279より引用

うんうん、よく聞く主張ですよね。

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる15.jpg

メガネ

保湿剤は、いつでもいい派

いつでもいいというのは大谷先生ですよね

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる15.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

そうだね、大谷先生は下記の文献3つから、どっちでも構わないと主張している先生だね。

どっちでもいい派の大谷先生の根拠①

小児の健常者とアトピー性皮膚炎患者計10人を
(1)入浴のみ
(2)入浴直後に保湿剤を塗布
(3)入浴後30分後に保湿剤を塗布
の3群で保湿効果を比較⇒保湿効果に差はなかった

n数が少ないですね…

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

どっちでもいい派の大谷先生の根拠②

認証ありだから、読めないけど入浴後に早めに塗っても有意差はでなかった文献らしい
保湿剤の至適外用方法の検討より

文献には、入浴後は早めに塗布した方が高い保湿効果が得られることが示唆されたなんですね。

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる11.jpg

メガネ

どっちでもいい派の大谷先生の根拠③

健常成人8名を対象に40°C,20分間入浴の1分後と1時間後にヘパリン類似物質含有製剤,白色ワセリンおよび尿素軟膏を2週間塗布し,角層中水分量を試験前および開始後に測定した.角層中水分量はいずれの保湿剤でも,入浴の1分後と1時間後の間に有意差は認められなかった.
保湿剤の効果に及ぼす入浴と塗布時期の関係

って、これ大谷先生の文献じゃないですか

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる13.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる04.jpg

るるーしゅ

健常人対象だし、n数も少ないから解釈は難しいよね

結局、お風呂あがりすぐがいいのか、それともいつでもいいの?

ちなみに、るるーしゅさんはどう説明しているんですか?

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる12.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

お風呂あがりすぐをオススメしているよ、ただそこまで強い根拠があるわけではないから子どもの世話で忙しかったら少し落ち着いてからしっかり塗ればOKだよ!っていうゆるい説明だね。

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる07.jpg

るるーしゅ

ちなみに調剤と情報2017年3月号にも同様の記載があるね。

保湿剤を塗布しない入浴は乾燥を助長するため、入浴後に保湿剤を塗る必要がある。しかし、入浴直後の保湿剤塗布と30分後の塗布において90分後の皮膚水分保持に差が認められなかったという報告があり、入浴直後に塗布しなければならないかどうかは議論の余地がある。筆者は、入浴後速やかに塗布する必要があるが慌てる必要はなく、丁寧い十分量を塗布するように説明している。
調剤と情報 2017.3 P37 堀向健太先生の小児のスキンケアより引用

なるほど、これくらい融通があったほうがいいような気もしますね

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる15.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

そうそう、肌の保湿ケアは夏はエアコンで乾燥するしで一年中かもしれないから、あまり患者家族の負担にならないようならライン(実施可能)が重要な気がするよね

今回は、保湿剤の塗るタイミングについて様々な意見を紹介致しました。
わたくし、個人の見解ではお風呂あがりすぐが効果的だろうがそこまでこだわりすぎなくてもいいといった、すこしゆるいくらいの指導が妥当な気がしますが皆さまいかがでしょうか?
皆さまのお役に少しでもたてば幸いです。
その他にも外用薬の関連記事がございますのでよろしければお読みください。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA