薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

この三つのことを理解せずに乳がん検診を受けるのはやめましょう

6 min 87 views

[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる04.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]今日は乳がん検診について、知っておいてほしいことをお伝えします。
まずは四コマからです[/voice]


[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg” name=”メガネ” type=”r”]乳がん検診を博打っていいすぎでは?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる05.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]そうかな?個人的には、この世の中の多くは博打だと思っているんだけどね~
あとこの博打に関しては、確かこの本(患者は何でも知っている (EBMライブラリー))のなかで、検診を受ける人を患者と呼ぶのはおかしいので博徒と呼ぶべきでは?って書かれてたのを思い出したんだ[/voice]
スポンサードリンク


乳がん検診を受けることで乳がんで亡くなる女性の数を減らすことができる


[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg” name=”メガネ” type=”r”]なんですか、このオレンジの○は?
○と○の間が白いはずなのに黒く見えるとかそういう話ですか?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]んなわけあるかい!!
このグラフは視覚的に乳がん検診を受けるとどうなるかを分かりやすく説明するためのものなんだ。
一つの○を乳がん検診を受ける一人と考えてね。何個あるか、数えてみて[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる15.jpg” name=”メガネ” type=”r”]えーっと、12345…縦が25、横が40なので○は千個あります。
つまり1000人分ということですね。[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]そうそう、これは海外のデータを元に作成したグラフなんだけど、50代の女性1000人に2年に1回マンモグラフィーを25年間受けたらどのようなことが起きるかを示しているんだ
このグラフでは、赤い丸が14個、青い丸が5個あるよね?これはね…
赤い丸●・・・乳がん検診を受けたけど乳がんで死亡した女性
青い丸●・・・乳がん検診を受けたことで乳がんによる死亡を避けられた女性[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg” name=”メガネ” type=”r”]へ~1000人を25年間で5人ですか…正直微妙そうなデータですね[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]ん~でも分母が100万人なら5000人救えるわけだからね。対象となる方が多いだけに難しい…[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg” name=”メガネ” type=”r”]ちなみにオレンジの丸の人たちは?
あと日本では40代に2年に1回のマンモグラフィーですよね?そのあたりはどうなんですか?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる07.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]まず、オレンジの丸の人たちは乳がん検診を受けようが受けなかろうが何の影響もなかった人たちだね。
あとこのデータは海外のデータを元に作成したもので、日本では乳がん検診の有効性を調べることもないまま導入してしまったから正直よくわからない。[/voice]
[box class=”yellow_box” title=”乳がん検診の死亡について”]
海外データによると…
50代の女性1000人に2年に1回マンモグラフィーによる乳がん検診を25年間実施すると19人が乳がんでなくなるはずだったところを14人に減らすことが出来る[/box]

乳がん検診の過剰診断について

[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる04.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]つづいて過剰診断についてなんだけど、ここは難しいかもしれないけどついてきてね![/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる07.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]まず、条件はさっきのと同じで50代女性が25年間2年に1回マンモグラフィーを受けた場合、103人が乳がんと診断されるんだ。
そしてそのうちの30人は、乳がんなんだけど、見つけなくても問題ない乳がんを見つけてしまうんだ
緑の丸●・・・何のトラブルも起こさない乳がん(過剰診断)
紫の丸●・・・トラブルを起こす乳がん[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg” name=”メガネ” type=”r”]???見つけなくても問題ない乳がん?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる04.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]乳がんでもすぐに成長して体に悪さをする乳がんと、成長するのがゆっくりすぎて体に悪さする前に体のほうが寿命でなくなってしまう乳がんがあるんだよ。
それで残念なことに乳がん検診でこのふたつを区別することはできないんだ。[/voice]
[aside type=”warning”]過剰診断=誤診ではありません!
過剰診断という言葉を聞くと、誤診や医療ミスでは?と思われる方もいるかもしれませんが違います。
現在の医療の限界なのです。今後、医療がもっと早期発見早期治療の方向へむかうとこの過剰診断という問題はさらに大きくなります。[/aside]

乳がん検診の偽陽性について


[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]最後は偽陽性(ぎようせい)についてですね。[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる13.jpg” name=”メガネ” type=”r”]偽陽性と過剰診断は違うんですか?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]違うよー、偽陽性はいわゆる検査が誤って陽性とでてしまった人の割合だからさ。
あくまで乳がんではない人。つまり乳がん検診1回で陽性と出ても乳がんと診断はされないだろうから、再検査と言われる人って感じでいいと思うよ[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる13.jpg” name=”メガネ” type=”r”]なるほど~
って、数めちゃくちゃ多くないですか?[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる08.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]そうだね、465人が偽陽性とでてしまい、そのうち113人が生検までしまうからね。
また偽陽性とでてしまい、再検査になってしまう人はかなりの不安になるからそこも無視はできない[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる11.jpg” name=”メガネ” type=”r”]確かに、気軽に検診受けに行って乳がんかもしれないと言われたら頭真っ白になりますよね…[/voice]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる12.jpg” name=”メガネ” type=”r”]がん検診はいいことで、デメリットなんかないという感覚が多くの方にあると思うけど、まずその認識を改めなきゃいけないと思う。[/voice]
[box class=”blue_box” title=”乳がん検診を受ける際に知っておくこと3つ”]
乳がん検診を受けることで乳がんで亡くなるリスクを減らすことができる。
(50代女性1000人に25年間、乳がん検診を行うことで5人救うことができる)

何のトラブルも起こさない乳がんを見つけて、治療を受ける可能性がある。
(50代女性1000人に25年間、乳がん検診を行うことで30人を不必要に治療してしまう)

乳がんではないのに、再検査とでてしまうことがある。
(50代女性1000人に25年間、乳がん検診を行うことで465人を不必要に不安にしてしまう)[/box]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]上記の三つのことを理解したうえで自分で乳がん検診するかどうか判断していただけたらと思います。
尚、今回の記事はこちらの資料を元に作成させていただきました。
Breast cancer screening:It’s your choice[/voice]
[kanren postid=”434″]
[voice icon=”https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg” name=”るるーしゅ” type=”l icon_blue”]乳がん検診で再検査ってなった場合、どれくらいの確率で本当に乳がんなの?っていうのを計算してみました。
よかったらこちらも見てみて下さい。[/voice]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談