薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

【薬剤師のキャリア】30歳過ぎると、基本的なことを教わるのは難しい

2 min 445 views

30歳過ぎると、基本的なことを教わるのは難しい

今回は、私が最初に勤務していた薬局で一緒に働いた上司(副薬局長)が私を心配してくれて言ってくれた言葉を紹介します。

若い女性薬剤師に「こんなことも知らないの、このオッサン」って思われるんですね。それはつらいです

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

「教えて」が言えない中堅薬剤師って結構いる気がする

自分より給料もらっているのに、そんなことも知らないのかよ…と若手に思われたらどうしよう?

そもそも即戦力が期待される年代なのに、調剤報酬とか全く分かっていなかったりする人いますよね・・・

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

わたしも人のこと言えなかったからな…
(ハイリスク加算の算定要件分かってなく、ずっと算定していなかった)

薬歴管理料をSOAPで薬歴書けば算定要件を満たすと思ってたりしませんか?
ハイリスク加算、乳幼児服薬指導加算、かかりつけ薬剤師、服薬情報提供料、重複投薬等防止加算、服用薬剤調整支援料2、このあたりは算定できることが多いかと思います。

今回の調剤報酬改定でも調剤料などのテクニカルフィーは減少され、服用薬剤調整支援料2などのインテリジェントフィーは評価されていました。算定できることが、生き残る薬剤師かどうかはわかりませんが、「ハイリスク加算って初めて聞いたんですが…」とかいう薬剤師はきついのではないかと思ってしまいます。

私たちの給料は調剤報酬から出ているので、しっかり知っておきましょうね

免許だけの薬剤師は淘汰される?

るるーしゅ

るるーしゅ

これは以前の記事の画像だけど、コロナの影響で処方箋枚数が減少しているため、都市部などでは薬剤師けっこう潤っているんだよね。2.3年後には余りそうな気もするし…

ICT化についてこれない薬局も多そうですしね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

30代くらいまでの薬剤師は是非とも、こうなったときに自分に居場所があるのか考えてほしい

薬局業界の未来

  • ICT化がすすむ
  • 薬局の数は約3万軒まで減少
  • 専門医療機関連携薬局、地域連携薬局
業界情報は人材紹介会社から入手も一つの手段

最後に

今回はわたしが一番最初に勤務していた薬局で、上司から心配されて言われたことを紹介しました。
実際に私はこの上司の言うことを実行したかというと、実行しませんでした。

理由は現状維持バイアスが発動していたためですね。(今、思えばですが)

現状維持バイアスとは

たとえ有益であったとしても、知らないものや経験したことのないものを受け入れることに心理的な抵抗が生じ、現状を維持したくなること

大学卒業からの就職はなんか流れに乗っている感じですが、転職って人生のレールからはずれる気がして、不安ですよね…

とはいえ、薬局を取り巻く環境が変化してきてますから、二年目三年目の薬剤師に「そんなことも知らないんですか?」と言われることのないように日々自己研鑽を忘れないようにしましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談