☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

かかりつけ薬剤師ではなくかかりつけ薬局にの運動に対する個人的見解

3 min 1,049 views

かかりつけ薬剤師ではなく、かかりつけ薬局に

今回はSNSで目にしましたchange.orgのキャンペーン「かかりつけ薬剤師ではなくかかりつけ薬局に」という話題について感じた違和感について書こうと思います。

キャンペーン · 「かかりつけ薬剤師」→「かかりつけ薬局」への変更を訴えよう! · Change.org

発起人はハッピーファーマシストという薬剤師向けのWEBサイトを運営している鈴木唯史さんですね。
厚生労働省の薬剤師名簿を見る限りでは、鈴木さんは薬剤師ではなさそうですね。

何故このように呼びかけたの?

何故、かかりつけ薬剤師ではなく、かかりつけ薬局へ変えましょうと呼びかけたかというと、ハッピーファーマシストの記事の中で薬剤師100人へのアンケート結果で、現状のかかりつけ薬剤師制度では以下のような問題点が浮かび上がってきたからですね。

  • 一人の薬剤師が24時間体制で患者さんの対応をしなければならない負担
  • 薬剤師の個人情報を患者に伝えなければいけないので、ストーカー被害

現状のかかりつけ薬剤師制度には、上記の問題点があるため、かかりつけ薬局へ名称をかえれば解決できるのではないかとのことです。

このchange.orgの内容で気になった点

さて、ここからは本題にはいっていきます。さて、今回のこのchange.orgのキャンペーンなんですが、私がフォローしている薬剤師の方も「そうだ、そうだ」という意見を目にしましたが、私は天邪鬼なのか性格が悪いせいか気になる点がいくつかありました。

そもそものアンケート100人のデータの信憑性が…

今回の「かかりつけ薬剤師」→「かかりつけ薬局」への変更を!というキャンペーンの発端となった薬剤師100人のアンケートっていうのがどういった薬剤師を対象にしているのか、本当に薬剤師が回答したのか不明です。

そのようなデータにもかかわらず、今のかかりつけ薬剤師制度には反対の薬剤師が多いといった解釈をしているのも気になります。

るるーしゅ

るるーしゅ

どういった集団なのか不明なデータを一般化しようとするのは、注意が必要だと思う

挙げている問題はかかりつけ薬局にしなければ解決できないのか?

続いて、気になったのが、アンケートから見えてきたかかりつけ薬剤師制度の問題点なのですが、かかりつけ薬局にしなければ解決できないのでしょうか?

かかりつけ薬剤師の算定要件について、該当する部分は以下のように記載されています。

患者から24時間相談に応じる体制をとり、開局時間外の連絡先を伝えるとともに、勤務表を作成して患者に渡すこと。この場合において、当該薬局のかかりつけ薬剤師以外の別の保険薬剤師が相談等に対応する場合があるときは、その旨を患者にあらかじめ説明するとともに、当該保険薬剤師の連絡先を患者に伝えることにより、当該薬局の別の保険薬剤師が対応しても差し支えない。

令和2年度の改定で、やむを得ない事由以外でも他の薬剤師が対応してかまわないと変更されています(ちゃんと事前に説明した上ですけどね)

るるーしゅ

るるーしゅ

患者さんに個人情報を渡しているってのが、どのことか分からないけど、薬局によっては自分の個人携帯の番号教えてたりするのかな?

というわけで…

今回の「かかりつけ薬剤師ではなくかかりつけ薬局に」というchange.orgに関しては、データから結論への道筋が論理的ではないと感じました。

つまり・・・

ではありませんよね。だって制度では、一人で24時間対応する必要はないよと記載されているわけですから。
言うまでもなく、クソなのは一人で24時間対応させたり、時間外対応用の携帯電話も用意しない会社です。

このように感じます。

るるーしゅ

るるーしゅ

もし本当にやっている薬局あるなら、しっかりと話し合ったほうがいいですし、難しいなら早めに職場を変えることをオススメします

今回のロジックで、厚生労働大臣、中央社会保険医療協議会、日本薬剤師会などに声をあげるのは、個人的にオススメできません。むしろ、逆効果になるのでは?と思ったりもします。

とはいえ、かかりつけ薬剤師ではなくかかりつけ薬局にしたいという意見も分かりますので、声をあげるならもう少し道筋をしっかり立てて行動したほうがいいのではないかと思います。

私はかかりつけ薬剤師制度をどう思っているか?

最後に私はかかりつけ薬剤師派か、かかりつけ薬局派のどっちなのかについて記載します。
私のブログを以前から読んでくれていた人は覚えているかもしれませんが2016年にこんな4コマを書いています。

ヒポクラテスが言っていたように

その患者がどんな病気にかかっているかより、どんな患者なのか知ることのほうが大切だよね

と、私自身は思っています。

かかりつけ薬剤師を中心としてサポートできる薬局こそがかかりつけ薬局じゃないかなと思いますがいかがですかね?

るるーしゅ

るるーしゅ

かかりつけ薬剤師制度に問題があるのは知っているけど、それでもかかりつけ薬剤師をすすめていく方向は間違ってはいないと思う。
(細かい私の頭の中身はそのうち書きます)

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA