☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

薬局・ドラッグストアで購入できる新型コロナウイルスに有効と謳われたものを薬剤師として評価してみた

3 min 384 views

新型コロナウイルスとデマ

新型コロナウイルス感染症の流行により、世界各国で「〇〇は新型コロナウイルスに効く」という怪しい情報が飛び交っております。そして、新型コロナウイルスに効くと思って、試してみたら死んでしまったという悲しい事例も多々報告されています。

  • アメリカでは、トランプ大統領がクロロキンが有効とテレビで言ったため、クロロキンという水槽の洗浄剤を服用し、死亡した方がいます。
  • 中東では、消毒剤の有効というデマでメタノールを服用し、数百人が死亡しました。

目に見えないウイルスの大流行ということで、とても不安なのは分かります。そして、なんとか自分でその不安をコントロールして安心したいと思うのも分かります。

でも自己判断で新型コロナ対策で何かを服用するとかはやめてください。ことわざでこういうのありますよね。

生兵法は大怪我の基

近所の人が言ってたワイドショーに出ている医師が言ってた週刊誌に書いてあったSNSで見かけた、これらの情報源(キンタマネット)は誤っていることも多いです。

るるーしゅ

るるーしゅ

通称、キンタマネットと呼ばれるものです。
キン…近所の〇〇(医療従事者パターンもあり)
タ…TV(特にワイドショー)
マ…雑誌(週刊誌)
ネット…ネット情報(facebookがひどいらしい)

素人判断せずに、しっかりと情報を判断できる人に相談しましょう。薬局やドラッグストアなら登録販売者、薬剤師がいます。

薬剤師、登録販売者に相談する

登録販売者や薬剤師は、医療情報を吟味する能力を有していますので、「〇〇がコロナに効くかも?というのを聞いたのですが、どう思いますか?」と質問すれば、しっかりと答えてくれます。

新型コロナに有効かも?と謳われた薬剤

新型コロナウイルス感染症の予防や治療への怪しい情報は、もぐらたたきのように次々とでてくるため、追い切れませんが現状、目にしたものはここで評価していこうと思います。

ビタミンD

ビタミンDも感染症ではよく名前があがるサプリメントです。何故、新型コロナに有効かと謳われたかというと、新型コロナに罹患した方は、血中のビタミンD濃度が低い方が多かったというデータから来ています。

ビタミンDの予防効果について

ただ血中ビタミンD濃度が低いと、新型コロナに罹患しやすいのか?さらにはビタミンDを投与することで血中ビタミンD濃度を挙げることで、新型コロナに罹患しにくくなるのかは、現状分かっていません。

風邪やインフルエンザの予防の研究はあるのですが、結果は様々です。

現在、予防目的でのランダム化比較試験が進行中かと思いますので、評価されるのはもう少し後になります。

ビタミンDは新型コロナの予防目的でデザインされた研究結果はまだ報告されていない

ビタミンDの治療効果について

ビタミンDの新型コロナへの治療効果については重度のコロナ患者に投与したRCTがありますが有効性は認められませんでした。

ファモチジン

ファモチジンは胃酸の分泌を抑制する薬剤です。市販ではガスター10といった名称で周知されていると思います。ファモチジンは新型コロナウイルス流行当初に、中国でファモチジンを服用していた方は重症化しにくかったといったデータをもとに、新型コロナに有効ではないか?と謳われていました。

その後、ファモチジンが有効かを検証する研究が行われましたが、現時点では1日20~40㎎のファモチジンを使用しても新型コロナへ有効というデータはでていません。(PMID: 33625612

ファモチジン+セチリジン

ファモチジン+セチリジンの併用が新型コロナに有効という論文が出ているようで、内容を読んでみましたが比較対象の妥当性が乏しい観察研究のため、有効とは評価できませんでした。

イベルメクチン

イベルメクチンは薬局・ドラッグストアで購入することはできませんが注目が高いので記載します。

何故だかよくわからないんですが、世界的にも期待されている薬です。ただ2021年8月に1500人程度の比較試験で有効性を示せなかったため、現在、新型コロナに有効ではないというのが世界的なコンセンサスです。

ステロイド

ステロイドの内服剤も薬局で購入することはできませんが、関心があると思うので記載します。

ステロイドは新型コロナによる死亡リスクを下げることが示されていますが、条件付きです。人工呼吸や酸素吸入が必要なケースです。研究では、軽度の方には悪影響の可能性も示唆されています。

るるーしゅ

るるーしゅ

自宅療養などの軽度の方にはステロイドはオススメできません。逆に悪化してしまう恐れがあります。

亜鉛

亜鉛もビタミンD同様に感染症の際にはよく名前が出てきます。亜鉛が不足していると感染症になりやすくなるという研究があるからです。

ただ有効性を検証する試験では、重症化を予防するとかはなさそうです。

Effect of High-Dose Zinc and Ascorbic Acid Supplementation vs Usual Care on Symptom Length and Reduction Among Ambulatory Patients With SARS-CoV-2 Infection: The COVID A to Z Randomized Clinical Trial | Complementary and Alternative Medicine | JAMA Network Open | JAMA Network

ビタミンC

ビタミンCも亜鉛と同様に臨床試験で、重症化を予防する効果は認められませんでした。

総評

薬局、ドラッグストアで販売しているもので、これを使っていれば新型コロナを予防できる、治療できるということが示されてるくすりやサプリメントはありません。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの紹介会社

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA