≫薬剤師が一番利用する転職サイトは?

チャンスを逃さないように、準備をしっかりとしておきましょう

2022年、新年あけましておめでとうございます。本年もKUROYAKUをどうぞよろしくお願い致します。

本年は寅年ですので、様々なことにトライしていきましょう的なことを上司が言うと思いますが温かい目で見守ってあげてください。

尚、新年のあいさつで私が思い出すのは、前の職場の上司が「薬剤師の環境が大きく変わろうとしているので変化を恐れず新しいことに挑戦していきましょう」といったので私が「処方医と薬物療法について話し合う機会を作ってほしい」と提案したら「医師の処方に文句があるなら、お前が医師になれ」と言われたことですね。

上司として勿論アレだと思いますが、わたしがそういう上司であることを踏まえて、もっと根回しするなりの対応が必要だったんだろうなと今では思いますが、当時はけっこうあらぶっていましたね(汗)

チャンスの神様は前髪しかない

今年2022年調剤報酬改定も踏まえ、薬剤師の働く環境がより変化する時期だと思います。中医協での議論からも、より対人業務の内容を評価する方向に話が進んでいるのは皆さんもお気づきかと思います。

そうなると当然、薬剤師の働き方にも影響が出てくると思います。その際に「今のところのまま働くのがいいのか?それとも別の職場で働いたほうがいいのか?」そういうことを考える機会になると思います。

雑談やら前置きが長くなってしまいましたが今回は、チャンスを逃さないようにするためにはどうしたらいいか?のアドバイスをしたい思います。

チャンスの神様は前髪しかない

「チャンスの神様は前髪しかない」、この言葉皆さんは聞いたことがありますか?

恥ずかしながら、わたしは2021年11月の医療薬学会の年会で初めて耳にしたのでさっそく今回使ってみました。

どういう意味かというと、「好機はすぐに捉えなければ、後から捉えることはできない」ということです。 理由はチャンスの神様であるイカロスの後頭部はハゲであるので、髪をつかもうとしてもつかめないという悲しい話です(涙)

「いや、別に出世とかしたくないし…」と思うかもしれませんが、これからの薬剤師過剰時代を踏まえた際に収入面で不安がある人はここはちゃんと考えたほうがいいと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

今すぐ働けなくなるということは少ないと思うけど、これからの長い薬剤師人生を考えると重要ですよ。

「キャリアは20代では専門性、30代では経験、40代は人脈が重要となる」

これは、転職の思考法という本の中で市場価値を高める上で重要なこととして紹介されていたものです。薬剤師である以上、専門性はあると思いますが、より必要とされるにはその専門性を生かしてどのような経験をしてきたかが30代では求められてきます。

るるーしゅ

るるーしゅ

わたし自身もいくらか客観的に示せることはできますがレアカードとしてスーパーレアレベルではないな…(レアどまり)と思って、もうちょい頑張らなきゃなと思っています。

計画的偶発性理論でキャリアップを目指そう!

せっかくなので、もうひとつ有名な理論について伝えようと思います。

計画的偶発性理論というのは聞いたことがありますか?プランド・ハップンスタンス理論なんて呼ぶ方もしますが、この理論では個人のキャリアの8割は、偶然の出来事によって決定されると言われています。

ここだけ読むと、個人のキャリアは運が8割だから頑張ったって仕方ないと思うかもしれませんがそうではありません。この考え方のポイントは以下の3つです。

  • 変化の激しい現代において、キャリアの8割は偶然の出来事によって形成される
  • 偶然の出来事を利用して、キャリア形成に役立てる
  • 自ら偶然の出来事を引き寄せるよう働きかけ、積極的にキャリア形成の機会を創出する

日本の人事部より引用(https://jinjibu.jp/keyword/detl/974/)

運任せではなく、日々、運を引き付けるように働きかけ、積極的に行動するというのが重要ということです。

偶然を引き寄せるための5つの心構え

計画的偶発性理論では、偶然を引き寄せるための実践ポイントとして、次の五つの行動指針が挙げられています。

  1. 「好奇心」 ・・・興味関心をもつこと
  2. 「持続性」 ・・・飽きずに続けること
  3. 「柔軟性」 ・・・ 他人の意見も聞くこと
  4. 「楽観性」 ・・・くよくよしすぎないこと
  5. 「冒険心」 ・・・失敗を恐れないこと

計画的偶発性理論で重要なのは、偶然の出来事や出会いをキャリアアップにつながるチャンスと捉えること。計画通りのキャリアステップでなかったとしても、まずは挑戦してみようというスタンスが次の扉を開くことがあります。偶然の機会を積極的に増やすよう行動することで、キャリアが広がっていく可能性が高まることを計画的偶発性理論は示しています。

るるーしゅ

るるーしゅ

私がまず行動してみよう!とよく言うのはここからきています。

キャリアとか言われても分からないって人へ

キャリアとか聞くと、一部の出世コースに乗る人のための言葉というイメージがあるかもしれませんがそんなことはないです。

キャリアは仕事を含む自分の生き方や人間関係、社会的役割、つまり人生そのものという認識になっています。

残念ながら、薬剤師はキャリアを考えるというのが他の医療職と比較しても少ないです(大学でも習ってませんよね…)

医中誌で検索しても本当に少ないです…

検索ワード
看護師 キャリア2703件
医師 キャリア1999件
薬剤師 キャリア149件
看護師 働き方476件
医師 働き方1236件
薬剤師 働き方30件
医中誌で検索(2021年12月実施)

医中誌だとキャリアというとB型肝炎などの検索結果も交じりますが、それでも圧倒的に薬剤師少ないですよね…

薬剤師としてのキャリアの相談したことない人、特に今まで転職せずに新卒からずっと同じ職場でなおかつ会社からあまり評価されていない人はマジで行動したほうがいいですよ

プロの視点で評価してもらおう

これから薬剤師過剰時代を迎えるため、薬剤師として多様な働き方自分らしい生き方をイメージするためにはプロによる他者目線を取り入れることをオススメします。

薬剤師の業界への知識があり、キャリアの相談ができる人としては薬剤師関連の転職エージェントの利用がオススメです。

るるーしゅ

るるーしゅ

昔までは転職エージェントはすぐに転職させようとしてきましたが最近はキャリア相談をして長い目でフォローしてくれるところが増えていると思います。

オススメの転職エージェント
  • マイナビ薬剤師https://pharma.mynavi.jp/
    優良事業者取得プライバシーマーク派遣×キャリア相談○
  • ファルマスタッフhttps://www.38-8931.com/
    優良事業者取得プライバシーマーク派遣◎キャリア相談◎

転職希望ではなくキャリア相談や自分の市場価値を知りたい場合などにも利用可能
(急いで転職させようとする転職エージェントは無能ですので、そういった方にあたった場合は割り切った活用をしましょう)

るるーしゅ

るるーしゅ

オススメ紹介していて、こんなこと言ったらおかしいかもしれませんがどこの転職エージェントを利用するかより、転職エージェントをどのように活用するかのほうが重要です。
(下のリンク記事を読んでみてください)

具体的な相談する際には下記の内容についても自己開示し、プロの視点で評価してもらいましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャリア相談ではなすべきこと.png

今回の内容を読んで、自分の働き方などを明確(ただあまり固執しない)にして、チャンスを逃さないように前向きかつ柔軟に行動してもらえればと思います。

また年収が少ないと職場に不満があるかたは、あなたの能力というより環境要因のほうが大きいため転職サイトでもSNSでのつながりなどつかえるものはすべてを有効活用し、よりよい選択をしていただけるとよいのではないかと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

リモートワークでの服薬指導も解禁予定ですし、本当に大きく変わりそうです。新しいことにトライしたい人は、利用できそうなものは何でも利用するのがいいと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

仕事がつらければすぐ辞める事も大切。でもまずは働きながら選択肢を探っていきましょう

多くの薬剤師が登録している転職支援サイト

1位マイナビ薬剤師:https://pharma.mynavi.jp/

2位ファルマスタッフhttps://www.38-8931.com/

るるーしゅ

るるーしゅ

「もし今よりいい求人があれば転職する」ぐらいに思えれば気持ちも楽になりますよね

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA