☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

薬局薬剤師で医学論文を読んでいる人は12人に1人?

日本の薬剤師は日常的に医学論文を読んでいますか?

日本では薬局を取り巻く環境が大きく変化しており、2021年には専門医療機関連携薬局、地域連携薬局という認定薬局が始まり、薬局の機能分化が起こりつつあります。

今後の薬剤師過剰時代で生き残るためには、この医学論文を評価できる能力というのは必要になってくると思います。

ということで、今回は日本の薬剤師が日常的に医学論文をどれくらい読んでいるかについて検討した研究を紹介致します。

お題論文

中川直人, et al. “日本および米国における薬剤師の臨床試験の論文利用に関する比較調査.” 医薬品情報学 19.4 (2018): 180-187.

るるーしゅ

るるーしゅ

まずは4コマ漫画からです。

ざっくり要約すると、宮城県の薬剤師とアメリカの薬剤師に「普段から文献読んでいる?」ってアンケートとった研究で、宮城県の薬剤師の14.7%しか日常的に論文を読んでいませんでした。

あなたは薬剤師が業務を遂行する上で,臨床試験の論文を読む必要性があると思いますか?

あなたは臨床試験の論文を読む習慣をもっていますか?

お題論文より作成

日本でも業務上必要と思っていても、なかなか読めていないという現実が垣間見えますね。

薬局薬剤師と病院薬剤師で差はあるのか?

上記の論文では、宮城県の薬剤師ということで病院薬剤師と薬局薬剤師があわさって評価されていましたが、別の文献で、この内訳が紹介されていたので紹介いたします。

お題論文

石井勇太, et al. “臨床試験論文の利用に関する薬剤師の実態調査.” Yakugaku Zasshi 140.9 (2020): 1195-1198.

質問病院薬剤師
(n=342)
薬局薬剤師
(n=254)
日常的に論文を読む習慣がある19.5%8.3%
業務上、論文を読む必要があると思う85.8%74.4%
論文を読めない理由は?
①時間がない43.1%41.4%
②言語の壁26.9%17.5%
③論文を読む必要性がない13.3%18.8%
④医学論文にアクセスできない 10.5% 19.7%

2014年ということで今から7年前のことですが、薬局薬剤師で日常的に論文を読んでいる人は8.3%、つまり12人に1人という結果でした。

冒頭で薬剤師の機能分化が始まり、今後は専門性が求められるようになってきます。

上記の記事で紹介しているのですが、医師が薬剤師に期待する知識として、大規模な臨床試験は45.1%と回答しており、医師と議論する際には医学論文の内容は共通の言語として重要ではないかと思います。

この研究結果を踏まえた所感

今回の研究は2014年と古いので、今はこの時より少しは増えていると思いますが、現状の服用薬剤調整支援料の算定状況を見るとまだまだと思います。

私自身、薬局薬剤師のEBM実践をもっと広めていきたいと思っているのですがなかなか難しい状況です。ただコロナ禍で薬局薬剤師の供給不足が解消されたところは、今、教育に力を入れ始めています。

病院薬剤師の方へ

薬局薬剤師の論文を日常的に読んでいる人は少ないですし、そもそも論文検索が出来ないという人が多いです。

ただポリファーマシーの解決などの対人業務を実施する上では医学論文を評価し活用スキルは必要不可欠だと思います。つまり今後、薬局でもこういうことができる人材を求めていると思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

論文が読めて、トレーシングレポート書けて医師と対等に議論できる病院薬剤師の方、薬局に転職して薬局業界のレベルアップに貢献してくれませんかね?

国が求めているポリファーマシーの解決に貢献できて、また周りの薬剤師のレベルアップに役立てるような病院薬剤師の方、是非とも薬局に転職しませんか。きっと今より好待遇で雇ってもらえるかもしれませんよ?

薬局・ドラッグストアの薬剤師の方へ

今回の記事を読んで、どのように感じましたか?

多分、わたしのブログを読みに来る人ですから、医学論文読めるようにしなきゃダメだよな~と思っていますよね。是非ともこれを機に医学論文の読み方を学んでみてはいかがでしょうか?

るるーしゅ

るるーしゅ

これは初学者でも読みやすいと思います。

職場の理解が得られないときの対応

つづいて医学論文を読んで活用することに、職場の理解が得られなく、嫌になっている若手薬剤師の方はいるのではないでしょうか?

これは私も経験があり、職場や周りの職員が医学論文を読んで活用することの理解が得られず、「コイツ、めんどくさいヤツ」みたいなレッテルを貼られてしまうと結構つらいですよね。

これに関してのアドバイスとしては、二つしかないと思います。

一つは、論文を活用することでこんなことができるようになるんだよということを、周りに伝えていくことです。どうすれば周りにも分かってもらえるか?これをしっかりと考えて行動し、周りの行動変容を促せるととてもいいと思います。

上記の行動をしつつ難しいようなら、二つ目として転職を検討しましょう。経営の神様ドラッカーさんが会社を辞めることが正しい時として「組織が腐っているとき、自分がところを得ていないとき、あるいは成果が認められないとき」と言ってます。

るるーしゅ

るるーしゅ

自分で頑張ってみても成長できない職場なら仕方ないと思いますよ…ただ客観的に見て、独りよがりになっていないかは評価してもらうといいかもしれないです

なんかすごい煽り文句だからクリックしちゃったって方いると思います。

不安を煽ってごめんなさい。ただ本当に、若い薬剤師の方が自分の働き方について本気で考えてほしいと思っています。

何故だと思いますか?

薬剤師免許だけでは生き残れない時代が目の前にきているからです(涙)。

いまだに子ども(主に女の子)のなりたい職業の上位で薬剤師が挙がってて、パートや派遣でも高給取りだし安定している職業だと思われていますが、過去の話です。

現在は都市部を中心に買い手市場にシフトしており、都市部限定の場合、新卒の薬学生ですら入社が厳しい状況まできています。もちろん都市部での薬剤師派遣の案件も減少しています。

現状及び今後の薬局業界については下記の記事を読んでいただけると理解できると思います。

ただこのような情報を伝えると、こう思う方もいるかもしれません。

「買い手市場なら、転職とか考えずに今のままでいよう」

この考え方、注意したほうがいいです。業界が大きく変化している中で、何も考えずに変わらないという選択肢をするのもリスクがあります。

ただ人間には現状維持バイアスというのがあり、変化を嫌います。

るるーしゅ

るるーしゅ

マジで将来のこと考えたほうがいいよ

上記の過去・現在・未来を意識して、自分で振り返ってみてください。また可能であれば、自己評価だけではなく他者(同僚でも上司でも)からもフィードバック受けてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

自己評価が高すぎても、低すぎてもダメですからね。
自己評価と他者からの評価のズレが少ないほど、ちゃんと自分のことを分かっている薬剤師です。

そして、将来のことを考えるなら、プロの視点での評価も受けてみましょう。

プロの視点って?と思うかもしれませんが、医療業界に精通していて、業界としてどのような人材が求められているのか詳しいのは転職エージェントの方です。

上記2社が超大手(大体みんな勧めているとこなので利用者も多い)ですし、無料でキャリア相談にもっていただけますのでおすすめです。
転職エージェントの中でも数えるほどしか取得していない優良事業者を取得していますので、無理な転職への圧力もないはずです。(コミュ障でも大丈夫です)

信頼できる転職エージェントは、「キャリアは中長期的に考えるもの」という認識を持っています。つまりキャリア相談だけでも全然迷惑じゃないですから安心してください。

るるーしゅ

るるーしゅ

登録の際に、希望の働き方の選択もあるので、転職しろ~の圧力がすごいかと思うけど大丈夫よ。

むしろ急いで転職させようとする転職エージェントいたら無能なので、担当者変えてもらうといいです。

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

2 件のコメント

  1. いつも楽しみに拝見しております。
    私自身の所感ですが、どういったことに対してみればいいのかがわからないというのが正直なところですね。ですので、読み方を勉強しないと・・・といったところですね。

    • >ピソピソさん
      楽しみにしていただいて、誠にありがとうございます。
      確かに目的もなく読むのって難しいかもしれないですね。
      当たり前のように効くと思っている薬がプラセボと比較して
      どれくらい効くんだろう?みたいなのをまずは審査報告書から
      見つけて読んでみるってのがいいかもしれないですね。

ピソピソ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA