≫薬剤師が一番利用する転職サイトは?

イベルメクチンのツイートが反響が大きかったので、経緯や胸の内を吐露

先日、Twitterに投稿したイベルメクチンの個人輸入への注意喚起のツイートの反響が大きかったので、それに至った経緯や胸の内をすこし言語化したいと思います。

該当のツイートはこちらです。

2021年9月3日時点で
インプレッション(このツイートを見た回数)…651,024
エンゲージメント総数(このツイートに反応した回数)…126,180

10万人くらいに注意喚起できたのかなと思います。

今回の記事の本題ではありませんが、すこし内容も記載します。

イベルメクチンの個人輸入は危険だよって話

このツイートをした背景

イベルメクチン信仰がSNSで目に付いた

この時は日本でも新型コロナウイルス感染症の第五波の感染爆発により、イベルメクチンへの期待がMAXに高まっていました。グーグルトレンドで見てみるとよくわかります。

このような状況下で、イチ薬剤師としてどんなことができるかを考えた結果のツイートです。

ツイート内容で意識した点

このツイートで意識した点は、大きく2つあります。まず1つは目的を明確にしたことです。

イベルメクチンは有効だ→手元に置いておこう→薬局では買えない→個人輸入するしかない

この個人輸入するために情報を漁っている人を引き留める内容に重きをおこうと決めました。このステップまでいっている人は、「イベルメクチン効果ないと思うよ」という情報を目にしてくれるか疑問だったからです。

そしてもう1つは、読んですんなり受け入れてもらえるかどうかにも力を入れました。それっぽい理論が欲しかったので、けっこう色々探しました。

個人輸入したことない人は、個人輸入ってどこが作っているか怪しいんだよという情報で立ち止まってくれると思います。ただ過去に個人輸入したことがある人は、「問題なかった」という経験があるため、この普通の注意喚起では止まらないだろうなと思い、個人輸入の中でもイベルメクチンは特別なんだよというのが必要でした。

るるーしゅ

るるーしゅ

というわけでivermectin blackmarketとかで検索して、引き留めるためのストーリーがうまく出来たというわけです

バズったのは運ですが引用ツイートなので「危うく買いそうになっていた」などのコメントもあったため、いくらか役に立ったんじゃないかなと思います。

胸の内をすこししゃべります

ここから少し黒い部分も記載しようと思います。

このイベルメクチンの不適切使用に関して薬剤師会なりがなんらかの声明を出せというのが薬剤師の中にもありました。ここが少し引っ掛かりました。

これは私の立場が関係しているからかもしれませんが、日本のあの現状でなんらかの声明なりで注意喚起は難しいだろうなと思います。アメリカのFDAは、「馬や牛じゃないんだから、マジでやめろ」といったツイートが出ていましたが、アメリカはイベルメクチンの不適切使用による害が表面化しているから出せたんじゃないかなと思います。(2021年3月頃には不適切使用で中毒センターへの問い合わせがあるといった記事がでていました)

日本では新型コロナの診療の手引きにもイベルメクチン名前がのっていますし、健康被害のデータも不明、薬局にも問い合わせが多いのかのデータも不明、個人輸入の件数も不明だったりすると、東京都医師会やワイドショーがなんか言ってるかといって声明などは出せないだろうなと

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師会、サンドバックにしすぎだと思うよ

そして、薬剤師がなんのデータもなしに声明だしても国民への影響なんかないですよね、普段ボロクソ言っているんですし。おそらく自分たち、薬剤師の胸がスッとするくらいですよね。

SNSという特性上、自分と考えの近い人が集まるのは仕方ないですが、もうすこし自浄作用って働かないんですかね?叩きやすいところだけ叩いて、自分たちの周りの人がおかしなこと言っててもスルーする。

自分で該当するなと思ったら、撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだというセリフを忘れないようにしましょう。

医療デマにたいしてどう対応していくか?

最後にこのイベルメクチンのような医療デマに対して、どのように対応していくかです。医療デマのほうが情報が広がりやすいため、どうしていくか難しいですよね。

組織がOODAサイクルでパッと動けるといいんですが、実際にはそこまでの人手もなければコンセンサスをとるのが難しいだろうなという印象です。

OODAサイクルは、「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の4つです。

るるーしゅ

るるーしゅ

今後の課題ですよね…

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

仕事がつらければすぐ辞める事も大切。でもまずは働きながら選択肢を探っていきましょう

多くの薬剤師が登録している転職支援サイト

1位マイナビ薬剤師:https://pharma.mynavi.jp/

2位ファルマスタッフhttps://www.38-8931.com/

るるーしゅ

るるーしゅ

「もし今よりいい求人があれば転職する」ぐらいに思えれば気持ちも楽になりますよね

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. 『LIFESPAN -老いなき世界』デビッド・A.シンクレア著で「アンチエイジング薬」として、
    ニコチンアミドモノヌクレオチド1グラム、レスベラトロール11グラム、およびメトホルミン1グラムを毎朝摂取して、ビタミンDおよびK2の1日推奨量を摂取し、83ミリグラムのアスピリンを服用している。
    とデビッド・A.シンクレア氏が書いてありました。
    メトホルミンやアスピリンの服用をちょっと考えた私もイベルメクチンのような医療デマに釣られやすいのでしょうか?

    • >氷海さん
      こんばんは
      アンチエイジングで有名な方ですよね~

      >メトホルミンやアスピリンの服用をちょっと考えた私もイベルメクチンのような医療デマに釣られやすいのでしょうか?
      確かにその可能性はあるかもしれません。書を読んでいないのですが、この方の理論と経験だけですと、まだ早いかなという印象です。
      ただこの方に、若返りの泉を見つけてほしいとは思っています

るるーしゅ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA