≫【2023年度版】薬剤師向け転職サイトの利用方法

【薬剤比較】花粉症用の点鼻ステロイドはどれが一番効果的なの?

花粉症は、季節的なアレルギーの一種であり、鼻づまり、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状を引き起こします。

これらの症状を和らげるために、医師は点鼻ステロイド薬を処方することがあります。しかし、市場には様々な点鼻ステロイド薬があり、どれを選ぶべきか迷うことがあります。

この記事では、花粉症に対する点鼻ステロイド薬の比較について詳しく説明します。

点鼻ステロイド薬の種類について

花粉症の治療において、内服薬で症状がコントロールできない場合は、点鼻ステロイド薬を使用することをオススメします。

るるーしゅ

るるーしゅ

内服薬より点鼻ステロイド薬のほうが症状を抑える効果は強いです。

現在、日本では大きく5種類の点鼻ステロイド薬が販売されています。

  • ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
  • フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルナーゼ®)
  • デキサメタゾンシペシル酸エステル(エリザス®)
  • モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物(ナゾネックス®
  • フルチカゾンフランカルボン酸エステル(アラミスト®)
商品用法タイプ
ベクロメタゾン点鼻液50μg1日4回液体
ベクロメタゾン鼻用パウダー25μg1日2回粉末
フルチカゾンフランカルボン酸エステル点鼻液27.5μg
(フルナーゼ)
1日2回液体
エリザス点鼻粉末200μg1日1回粉末
モメタゾン点鼻液50μg(ナゾネックス)1日1回液体
アラミスト点鼻液27.5μg1日1回液体
るるーしゅ

るるーしゅ

アラミストとエリザスは、まだジェネリックは販売されていません。

どの点鼻薬が多く使用されているのか?

上記の6種類の点鼻薬のなかでどの点鼻薬が多く使用されているのか、令和2年度の処方データ(第7回NDBオープンデータ)を用いて計算してみます。

尚、点鼻薬によって1本あたり2週間分のものと4週間分のもの、1週間分のものがあるため、2週間分を1本として計算していきます。

製品名処方量
ベクロメタゾン点鼻液50μg620,269
ベクロメタゾン鼻用パウダー25μg(先発+GE)483,912
フルチカゾンフランカルボン酸エステル点鼻液27.5μg(先発+GE)2,915,020
エリザス点鼻粉末200μg1,559,678
モメタゾン点鼻液50μg(先発+GE)9,435,616
アラミスト点鼻液27.5μg(先発のみ)9,498,663
第7回NDBオープンデータより1本、14日分として作成
るるーしゅ

るるーしゅ

1日1回のアラミストとモメタゾンが人気です。

点鼻ステロイド薬の比較について

NDBオープンデータによると、多くの医師はアラミストとモメタゾンを処方しているようです。それでは本題の各点鼻ステロイド薬の有効性を、臨床研究の結果を見ながら比較していこうと思います。

モメタゾンとベタメタゾンの比較

まずはモメタゾン点鼻(ナゾネックス)とベクロメタゾン点鼻の効果を比較した研究を見ていきます。

通年性アレルギー性鼻炎の患者対照のDB-RCT

この研究は、通年性アレルギー性鼻炎患者を対象に、1日1回の鼻スプレーであるモメタゾン点鼻の有効性と耐容性をプラセボと1日2回投与されるベクロメタゾン点鼻と比較したものです。主要評価項目は、治療開始から15日間のAMおよびPMの日記による鼻症状スコアの変化でした。

その結果、モメタゾンはプラセボよりも有効であり、ベクロメタゾンと区別できないほどでした。すべての治療法は耐容性が良好でした。この研究は、モメタゾンが通年性アレルギー性鼻炎の症状を適切にコントロールし、1日1回の治療の利点を提供し、耐容性が良好であることを示しています。

PMID: 8760782

るるーしゅ

るるーしゅ

モメタゾン点鼻とベクロメタゾン点鼻を比較した結果、有意な差はなし

モメタゾンとフルチカゾンプロピオン酸の比較

つづいてモメタゾン(ナゾネックス)とフルチカゾンプロピオン酸(フルナーゼ)を比較した研究結果をみていきます。

通年性アレルギー性鼻炎の患者対照のDB-RCT

この研究は、通年性アレルギー性鼻炎患者を対象に、モメタゾン、プラセボ、フルチカゾンプロピオン酸点鼻薬の有効性と耐容性を比較しました。主要評価項目は、治療開始から15日間の朝夕の鼻症状スコアの変化でした。結果は、モメタゾンフロン酸エステルがプラセボよりも有意に効果的であり、フルチカゾンプロピオン酸と統計的に有意な差はありませんでした。

一般的に、医師評価の全鼻症状、患者評価および医師評価の全体的な状態と治療への反応についても、同様の傾向が見られました。全体的に、モメタゾンは同等の投与量でフルチカゾンプロピオン酸と少なくとも同等に効果的であり、すべての治療は耐容性が良好でした。

PMID: 9305231

るるーしゅ

るるーしゅ

モメタゾン点鼻とフルチカゾンプロピオン酸を比較した結果、有意な差はなし

エリザス点鼻とフルチカゾンプロピオン酸(FP)の比較

つづいてエリザス点鼻とフルチカゾンプロピオン酸(フルナーゼ)を比較した研究を見ていきます。

通年性アレルギー性鼻炎の患者対照のRCT

通年性アレルギー性鼻炎患者375人を対象に、エリザス点鼻400μg/日分1のFP200 μg/日分2に対する非劣性の検証及び安全性の検討を目的として、プラセボ及びFPを対照とした無作為化二重盲検と非盲検の並行群間比較試験が行われた。用法・用量は、エリザス点鼻400μgまたはプラセボ1カプセルを1日1回就寝前に専用噴霧器を用いて両鼻腔内に噴霧投与、またはFP 50μgを1日2回朝・就寝前に各鼻腔内に噴霧投与することとされ、投与期間は2週間とされた。

主要評価項目である鼻症状のベースラインから投与終了時の変化量において、エリザス点鼻群とFP群の比較において、群間差の両側95%信頼区間の上限値が非劣性限界値を下回り、本剤群のFP群に対する非劣性が検証された。また、本剤群とプラセボ群の比較でも有意差が認められた。全例がFASとされ、安全性及び有効性が主な解析対象とされ、評価日数不足等の計18例を除く388例がPPS解析対象とされた。

エリザスの第三相試験より

るるーしゅ

るるーしゅ

エリザス点鼻とフルチカゾンプロピオン酸を比較した結果、非劣性だった。だいたい同じと考えてOK

アラミストとフルチカゾンプロピオン酸(FP)の比較

最後にアラミストとフルチカゾンプロピオン酸(フルナーゼ)を比較した研究を見ていきます。

アラミストの第Ⅲ相試験にて

16歳以上の季節性アレルギー性鼻炎患者420例(アラミスト群140例、FP群140例、本剤プラセボ群70例、FPプラセボ群70例)を対象に、アラミスト110μg/日分1のFP200μg/日分2に対する非劣性の検証と安全性の検討を目的とした試験が実施された。無作為化二重盲検評価者単盲検並行群間比較試験で、投与期間は2週間であった。結果、アラミスト群とFP群の群間差の両側95%信頼区間の上限値が非劣性限界値である0.75を下回ったため、アラミスト群のFP群に対する非劣性が検証された。

アラミストの第三相試験より

るるーしゅ

るるーしゅ

アラミストとフルチカゾンプロピオン酸を比較した結果、非劣性だった。だいたい同じと考えてOK

結論:どの点鼻ステロイド薬が効果的か?

日本で発売されている点鼻ステロイド薬同士で有効性を比較した研究を紹介しましたが、結果としてはどれも大差はないと考えていいと思います。

この結果はUpToDateでも同様の記載だったと思います。

もし医師から、「点鼻ステロイド薬間で強弱とかあるの?」と質問されたら、どれも有効性に大差がないとの回答で問題ないです(責任はとれませんが)

るるーしゅ

るるーしゅ

効果の面で考えれば、どの点鼻ステロイドも大差なしなので、選び方としてはその他の内容で判断するのがいいと思う。

その他の選び方について

アラミストが目に効くという話について

アラミストは鼻炎症状だけでなく、眼のかゆみにも効果があるということはご存じでしょうか?

これはアラミストが発売されたとき、MRさんから説明を受けたという薬剤師も多いのではないでしょうか?

しかし、この眼のかゆみにも効果があることはアラミスト特有のものなのかは難しいです。

このことは審査報告書の中でも審査側に突っ込まれています。

季節性アレルギー性鼻炎を対象とした、抗原対象及び地域が異なる4つの海外試験において、本剤は眼症状に対してプラセボと比べ有意な改善を示し、また、国内長期投与試験(FFR100688試験)においても通年性アレルギー性鼻炎の眼症状に対して持続的なスコアの減少を認めたことから、アレルギー性鼻炎に伴う眼症状に効果を示すことも本剤の特徴と考えられること(ここまでメーカー側の主張)

アレルギー性鼻炎に伴う眼症状にも効果を示すとする点についても、FP点鼻液等との比較データは得られておらず、必ずしも本剤に特徴的な効果とは判断し難いものと考える。(こっちがpmda側)

るるーしゅ

るるーしゅ

ちなみにモメタゾンも目のかゆみに効果があるとの論文結果は出ています。

モメタゾンと眼にも効く①

アレルギー性鼻炎(AR)は、鼻と眼の症状が特徴である。鼻腔内コルチコステロイドはARの鼻症状を軽減することが知られているが、眼症状への影響については十分に定義されていない。今回、4つのプラセボ対照臨床試験のレトロスペクティブプール解析により、季節性ARの眼症状に対するモメタゾン点鼻薬の効果を評価した。モメタゾンを投与された患者は、プラセボを投与された患者と比較して、眼症状の総スコアおよび個々の症状の減少が有意に大きかったです。これらの結果は、モメタゾン点鼻薬が季節性ARの眼症状に好影響を与えることを示唆しています。

PMID: 18434976

モメタゾンと眼にも効く②

この研究は、季節性アレルギー性鼻炎(SAR)の被験者において、モメタゾンの全眼症状スコア(TOSS)および個々の眼症状の有効性を評価しました。その結果、モメタゾンは、瞬時および反射的TOSSおよび全鼻症状スコア(TNSS)において、プラセボに対してベースラインから有意な減少を示しました。モメタゾンに対して、反射的眼症状のすべての個別の減少と瞬時の目のかゆみ/燃える感覚および目の涙/涙の減少が観察されました。

モメタゾンにより、Rhinoconjunctivitis Quality of Life Questionnaireの総合スコアおよび個々の症状領域がプラセボに対して改善されました。この研究は、モメタゾンがSARの被験者において眼症状を有意に減少させることを示しています。

PMID: 20434199

るるーしゅ

るるーしゅ

点鼻ステロイドの目のかゆみはアラミストやモメタゾン特有なのか、それともクラスエフェクトなのかはよく分からないですね。

ただ目のかゆみには点眼薬を優先すべきだと思うので、ここをそこまで重要視しなくてもいいかもしれません。

各点鼻薬の薬価について

有効性について大きな差は見えないため、選び方としては値段がありますよね。以下に各薬剤の薬価を記載します。

基本はジェネリック医薬品の薬価を記載しています。

製品名薬価
ベクロメタゾン点鼻液50μg347.8
ベクロメタゾン鼻用パウダー25μg562.5
フルチカゾンフランカルボン酸エステル点鼻液27.5μg(28噴霧)342.2
フルチカゾンフランカルボン酸エステル点鼻液27.5μg(56噴霧)586.8
エリザス点鼻粉末200μg1347.6
モメタゾン点鼻液50μg(56噴霧)563
モメタゾン点鼻液50μg(112噴霧)1090.7
アラミスト点鼻液27.5μg(56噴霧)1672.5
アラミスト点鼻液27.5μg(120噴霧)3513.8
2023.3月時点
るるーしゅ

るるーしゅ

ジェネリックの点鼻薬を使用すれば、そこまで大きな差はないですね。アラミスト、エリザスは少し高いので、モメタゾン点鼻のほうがいいと思います。

回数や液体、粉末について

選ぶポイントとしての最後は、1日の回数と液体・粉末の違いですかね。

中には複数回点鼻したいという人もいますが、基本は1日1回タイプの点鼻薬のほうがコンプライアンスはいいと思います。

また点鼻薬をすると、逆に鼻がむずむずして嫌だという人もいるので、そのような場合はエリザスやベクロメタゾンのパウダータイプのほうが鼻に刺激が少なくていいと思います。

ただ噴霧した感じがしないので、薬剤師の方は説明する際に「効いた感じしないですからね」とちゃんと指導しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

私は何度かクレームの電話うけています。「全然効いた感じしないんだけど」と怒られますので注意して。

最後に

今回は花粉の時期に話題になる「どの点鼻ステロイド薬が優れているのか?」というのを臨床研究のデータを基に解説してみました。

私の結論では、どの点鼻ステロイド薬も大差はないという結論でしたが、中には経験に基づいてこっちのほうが効くという医師の方もいると思いますので、本記事内容にとらわれすぎないように柔軟に対応していってもらえたらと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

花粉症患者多いですが、頑張って乗り切りましょう!!

\ 薬剤師の転職相談満足度96.7% /

るるーしゅ

るるーしゅ

今の職場で働き続けていいのか悩んだら、まずはファルマスタッフの専門家に相談してみることが大切です。

転職サービスに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

まずは転職市場に自分を出してみて、どのくらいの会社からオファーがもらえるのかを確認してみるといいです。

そのうえで魅力的なオファーがあれば転職を考え、見つからなければ現職でのスキルアップに注力するという選択もあります。

自分がどうなりたいのか、どうなれるのかを常に考えながら、目の前の仕事を通じてキャリアを形成していくことが大切です。

まずは目の前の仕事においてできることと、自分自身の市場価値を確かめることから始めてみるのがよいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

私自身も不安があり、客観的な視点でプロに評価してもらい、選択肢が広がりました。(記事はコチラ

💊 ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

今、国は悪質な転職サイトの規制を強化しています。転職サイト利用の際は、ファルマスタッフのような優良認定を受けているところを利用しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

薬局薬剤師です。
若手の薬剤師教育や学会発表、論文投稿などに興味があります。
m3や雑誌への寄稿や、某大学非常勤講師歴もあります。
ファクトベースで物事を話さない(=感覚でものを言う)人は苦手です。
今後の業界の変化に対応できるように、業界情報や専門的なスキル、そして薬剤師としての働き方などについて情報発信していきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

2 件のコメント

    • とくさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね、記載が消えてしまっていますね
      時間があるときに追記いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA