☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

ヒヤリハット報告事例から学ぶ!その腎機能で投与量設計しても大丈夫ですか?

3 min 683 views

今回はSNSで話題になった薬局ヒヤリハット事例について紹介致します。

話題になって事例は、薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 第24回報告書の内容です。

事例の詳細

80歳代の患者に、整形外科から初めてタリージェ錠5mg 2錠分2が処方された。処方箋に記載された検査値を確認したところ、eGFRが41.6mL/min/1.73m2 であり、中等度の腎機能の低下がみられた。初期用量としては多いと判断し、疑義照会を行った結果、タリージェ錠2.5mg 2錠 分2へ変更になった。

上記の内容ですが、この報告内容だけでは適切だったのか不適切だったのかがよく分かりません。

よく見る腎機能パラメータについて

すこしお勉強をしていこうと思います。よく見る腎機能パラメータの特徴についてです。

血清 Cr 値(mg/dL)

正確性

軽度~中等度腎障害ではほとんど変動が小さく、判断しにくいため血清 Cr 値を基にした推算式で用いられることが多い

特徴

慢性腎臓病ステージ 4~5(重度腎障害~末期腎不全)では明らかに上昇するため有用で、血清 Cr 値 2mg/dL 以上で高齢者は重度腎障害と判断してよい。

血清Cr 値によるeGFR(mL/min/1.73m2)

この数値は、標準化eGFRと呼ぶことも多いです。

正確性

体格を考慮していないため平均的な体格の患者以外では不正確

特徴

慢性腎臓病の診断指標に用いる値であり、薬物投与設計では用いない。

血清Cr 値による体表面積未補正eGFR(mL/min)

上記の標準化eGFRに対して、こちらは個別化eGFRと呼んだりします。違いは単位です。

正確性

一般的な患者では正確性が高い

特徴

痩せた高齢者では過大評価しやすいのが欠点で、臨床現場ではこのような症例に対して血清 Cr 値 0.6 未満の場合には 0.6 を代入することがある。

CG式による体表面積未補正推算 CCr(mL/min)

正確性

血清 Cr 値 0.6 未満の患者では過大評価し や す い が、 一 般 的 に eGFR(mL/min/1.73m2)より正確であり、未補正eGFR(mL/min)に比し、血清 Cr 低値による腎機能過大評価は少ない。

特徴

肥満患者では過大評価するため理想体重を用いる。加齢による低下が顕著なため長期臥床高齢者が罹患
しやすい院内感染時の薬物投与設計では eGFR に比し正確性が高くなることがある。それでも過大評価が
懸念される場合には臨床現場では血清 Cr 値 0.6 未満の症例には 0.6 を代入することがある。

平田純生, et al. “患者腎機能の正確な評価の理論と実践.” 日本腎臓病薬物療法学会誌 5.1 (2016): 3-18.より

薬局のヒヤリハット報告事例の事例では?

ヒヤリハット報告事例では、eGFRが41.6mL/min/1.73m2と記載されていることから、投与量を考える上で評価した腎機能パラメータは、標準化eGFR(mL/min/1.73m2)であることがわかります。

標準化GFRの特徴として、慢性腎臓病の診断指標に用いる値であり、薬物投与設計では用いない。といわれているにも関わらず、共有事例として紹介していたことが、誤解を招いてしまうのではないかということがSNSで注目されていました。

標準化eGFRの注意点

標準化eGFRでは体格が考慮されていません。そのため標準化eGFRは同じ値でも、体格を考慮した個別化eGFRが異なってくるケースがあります。

上のイラストのように体格によって、個別化eGFRの値はかわってくるため、標準化eGFRで薬剤の投与設計をするには注意が必要です。

今回の事例ですと、極端な体格じゃなければ、投与量については同じになってたとは思いますが…

腎機能を評価するのはなんのため?

以前もブログ記事にしたと思いますが、腎機能を評価して腎機能に応じて投与量にすることが目的になってしまうことをたまに目にします。

腎機能に応じた投与量にするのは、あくまで患者さんに適切な薬物治療を実施するための手段ですよね。

ベネフィットとリスクを見なければいけませんよね。そのためにはタリージェのベネフィットとして、どの程度有効なのかリスクとしてはどういった副作用が出やすいのか?などを知っておく必要がありますよね。

そして推算式で評価した腎機能パラメータも、あくまでも推算値ですので、絶対に正しい数値ではありません。

そのため患者の状態年齢体格活動度薬剤のリスク許容度等を総合的に考慮し、投与量を設計するというのが理想だと思います。

今回の事例だと…

今回のヒヤリハット事例ですと、情報量がすくないので、勝手にアレンジしますが

患者の状態:痛みはそこまでつらくない、独居、併用薬でBZ系やらなんやら
年齢:80歳
体格:小柄(156㎝、46㎏)
活動度:よろよろ
薬剤のリスク:傾眠、ふらつき

こんな場合、個別化eGFRは34ml/minなので、添付文書上では2.5㎎×2錠なのですが、痛みがそこまでつらくないことから、薬剤による転倒リスクのほうを重視して2.5㎎×1錠からスタートというのもアリなんじゃないかなと思ったりします。

また薬剤師はくすりを渡しておしまいではなく、服薬期間のフォローアップもできます。今回の事例だと、数日後なりに電話等で眠気やふらつきがでてないかのフォローアップも必要だろうなと感じました。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの紹介会社

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA