薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

キノロン系に重大な副作用追加!薬剤師としてとるべき行動は?

2 min 42 views

キノロン系抗菌薬に重大な副作用に大動脈解離が追加

今回は、お薬の安全性に関する情報です。
現場で不適切に使用されているキノロン系抗菌薬に重大な副作用が追加されましたので患者さん対応および処方元の医師に共有し不適切使用を減らしていっていただけたらと思います。

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg

るるーしゅ

キノロン系抗菌薬の大動脈解離の副作用への注意喚起だね

頻度としては、一般集団には万が一レベルですね、ハイリスク群にはすこし高いので気になりますが…

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

厚生労働省は全てのニューキノロン系抗菌薬(経口薬と注射薬)について、添付文書の[重大な副作用]の項に「大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがある」と追記するよう、製薬会社に添付文書の改訂を2019年1月10日指示した。併せて、[慎重投与]の項に「大動脈瘤または大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する患者」を追記、[重要な基本的注意]の項に「腹部、胸部又は背部に痛み等の症状があらわれた場合には直ちに医師の診察を受けるよう患者に指導すること」などの文言を追記することも指示した。
日本産経新聞 キノロン薬「重大な副作用」に大動脈解離を追加より引用

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる05.jpg

るるーしゅ

これが日本での対応なんだけど、FDAはハイリスク患者にはどうしてものとき以外つかうな的な対応なんだよね

Fluoroquinolones should not be used in patients at increased risk unless there are no other treatment options available. People at increased risk include those with a history of blockages or aneurysms (abnormal bulges) of the aorta or other blood vessels, high blood pressure, certain genetic disorders that involve blood vessel changes, and the elderly.
FDAのキノロン系抗菌薬の注意喚起より

なんか日本の対応とは温度差感じますね

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる04.jpg

るるーしゅ

そもそも抗菌薬とは、使えば使うだけ価値が下がるものだからFDAの対応が当たり前だから日本ではわざわざ言葉にしないだけかもしれないね

参考資料
キノロン薬「重大な副作用」に大動脈解離を追加  :日本経済新聞
FDA warns about increased risk of ruptures or tears in the aorta blood vessel with fluoroquinolone antibiotics in certain patients[/box]

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談