☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

飲まずに貼るだけの花粉症の薬(アレサガテープ)はあまりオススメしません

3 min 542 views

世界初?貼って効果を示す花粉症薬のアレサガテープの評価は?

今回は、2018年に承認された経皮吸収タイプの抗ヒスタミン薬アレサガテープについて既存薬と比較しながら解説をしていきます。

この記事を読んで理解できること

  • 薬剤師目線で見たアレサガテープの評価
  • 客観的なアレサガテープの有効性・安全性

貼るだけで効果がある花粉症薬ってなんかすごいですね~

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うんうん、気になるよね。
まずは基本情報出しておこうかな

販売名アレサガテープ4mg・8mg
一般名エメダスチンフマル酸塩
薬効ヒスタミンH1受容体拮抗薬
効能・効果アレルギー性鼻炎
用法・用量1回4mg 胸部、上腕部、背部又は腹部のいずれかに貼付
24時間毎に貼り替える
症状に応じて1回8mgに増量可能
薬価4mg 67.5円 8mg 93.1円

基本情報見ただけじゃ、何にも分からないです

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

まぁ抗ヒスタミン薬なのに適応がアレルギー性鼻炎しかないってところくらいかね。
その他の評価は別のデータを見ていこう

アレサガテープの有効性・安全性について

既存薬とプラセボと比較した有効性

るるーしゅ

るるーしゅ

アレサガテープは第Ⅲ相比較試験でザイザルと比較しているんだ、その内容について簡単に教えるね

1276人のスギ花粉症患者を4つの群にランダムに分けて、介入前後の鼻水、くしゃみ、はなづまりの症状スコアを比較した。結果は以下の通り



第Ⅲ相試験の結果より作成

補足説明
  • 症状スコアは0~4の5段階評価(4がひどい)の合計
  • また全ての群でプラセボテープを貼っているんだ
  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患がある方は除外
  • 年齢は16~65歳(登録時)

このデータ見る限りですと、アレサガテープはプラセボよりは有効、既存薬のザイザルとは同等という評価ですかね?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うん、その評価で問題ないと思うよ

安全性について

るるーしゅ

るるーしゅ

有効性についてはザイザルと同等、では安全性についてどうだろう?
ということで上記の試験の時の副作用のせるね

第Ⅲ相試験の結果より作成

あれっプラセボやザイザル群でも皮膚のかぶれ出ていますね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

これは、ばれないようにプラセボテープどの群も使っているからだよ。

あと、貼り薬なのに眠気出るんですね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うん、残念ながら・・・8mgのほうが頻度が多い傾向にあるから、用量依存なのかもしれないね
そうなると気になるのが、高齢者への投与だね

~年齢による血中濃度の比較~(承認審査資料より引用)

るるーしゅ

るるーしゅ

65歳以上のn数少ないけど、12週時の血中濃度みると、ちょっと怖いかな。
治験に参加する高齢者で起きているから、実際のリアルワールドでの65歳以上は注意しなきゃだよね

~体重による血中濃度の比較~(承認審査資料より引用)

るるーしゅ

るるーしゅ

こっちは体重と血中濃度の比較、50kg未満は眠気等、気にしたほうがいいかな

これ見ると、70kg以上は効果不十分じゃないかと思うのですが、どうでしょうか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

有効性に関しては、あまり差はなかったみたいだから気にしなくていいんじゃないかな。
まぁ体重によるのかもしれないけど

高齢者で体重が50kgより少なかったら、眠気による転倒などのリスクが怖いため副作用を注視するように。
処方元と連携がとれるようなら事前に情報共有してプロトコル作成しておくのがベター

アレサガテープと同効薬の一覧

値段に関しては、他薬と比較してずば抜けて高いというわけではないですね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うだね、新薬だからといって他薬の先発品より高いってわけでもないね。
まぁ既存薬と有効性が同等ならジェネリックある医薬品のほうをオススメするけどね

アレサガテープの評価のまとめ

るるーしゅ

るるーしゅ

貼り薬という利便性が、このデメリットをどこまで享受できるかによるだろうけど、薬剤師的にあえてアレサガテープをオススメする患者像はあまりないのではないかなと

日本人、貼り薬好きそうですからね

メガネZ

メガネZ

今回は、アレサガテープについてベネフィットとリスクを中立的な立場で紹介しました。
アレサガテープがダメな薬というわけではございませんが、他薬と比較した場合、飲まずに貼り薬というメリットに対して支払うリスクが大きいのではないかなと個人的には思います。
現行の内服薬の中には、口腔内崩壊錠といって水なしでも飲める(口腔崩壊錠でも水で飲んだほうが安心なのですが)剤形のものも発売されておりますので是非、薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか?

参考資料
  • アレサガテープ承認審査資料
  • Okubo, Kimihiro, et al. “Efficacy and safety of emedastine patch, a novel transdermal drug delivery system for allergic rhinitis: Phase III, multicenter, randomized, double-blinded, placebo-controlled, parallel-group comparative study in patients with seasonal allergic rhinitis.” Allergology International (2018).

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA