☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

アトピー性皮膚炎も微生物を移植する時代がやってくる?

3 min 252 views

さて今回は最近目にした記事で興味深かったものを紹介しようと思います。

薬剤師の方なら、便微生物移植(Fecal microbiota transplant:FMT)は聞いたことはあるでしょう。(わたしも薬局勤務なので、実際治療された患者さんなどをに出会った経験はありませんが)

便微生物移植(FMT)に関しては、上記のイラストのようなイメージでいいかと思います。なお、Wikipediaによると

健康な人の腸内細菌を対象患者の消化管に移植することにより、治療効果を得る目的で研究されている移植術。腸内細菌療法やふん便微生物移植、あるいはふん便薬(poop pill)ともと呼ばれる。確実なエビデンスが確立しているのは、クロストリジウム・ディフィシル腸炎だけであるが、消化管疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)のほか神経難病や冠動脈疾患に対しても研究が進められている。欧米を中心に研究されてきた。2017年現在日本では保険治療としては認められていない。

便微生物移植(Wikipediaより、2020年10月1日閲覧)

るるーしゅ

るるーしゅ

どうでもいいけど、便微生物移植の略語のFMTってみると、ふとももって思ってしまうよね。

何言っているんですか?

メガネ

メガネ

アトピー性皮膚炎にも微生物を移植?

それでは今回の本題に入りたいと思います。
この便微生物移植のアトピー性皮膚炎にも応用した研究が海外で結果を示していましたので紹介します。

お題論文

Myles, Ian A., et al. “Therapeutic responses to Roseomonas mucosa in atopic dermatitis may involve lipid-mediated TNF-related epithelial repair.” Science Translational Medicine 12.560 (2020).

はい、ざっくりと研究方法についてイラストで示させていただきました。健康なヒトの皮膚から分離された常在菌をスプレーにいれて、それを週2回、湿疹部位にスプレーしたようです。さて結果は…

R. mucosa treatment was associated with amelioration of disease severity, improvement in epithelial barrier function, reduced Staphylococcus aureus burden on the skin, and a reduction in topical steroid requirements without severe adverse events. 

ついつい勢いで原文のまま結果を載せてしまいましたが、わたしはジャパニーズで英語読めないので日本語で紹介します。

  • アトピー性皮膚炎の重症度の改善
  • 上皮バリア機能の改善
  • 黄色ブドウ球菌の減少
  • 重篤な有害事象なしの局所ステロイド必要量の減少
るるーしゅ

るるーしゅ

そしてこの効果は治療が終了した後も続いたらしい(最大8カ月)

いかがだったでしょうか?
わたしの場合は長男がアトピー性皮膚炎のため、とても興味がある内容です。とはいえ、今回紹介した研究はあくまで前後比較であるため、有効性を評価する上では不十分ですよね。

Evaluation of FB-401 in Children, Adolescents and Adults (2 Years and Older) With Mild to Moderate Atopic Dermatitis – Full Text View – ClinicalTrials.gov

有効性を評価するには、上記のプラセボ対照の結果がでてからでいいかと思いますが、このアトピー性皮膚炎の治療も大分変りつつあるのかなと感じております。

また我々、人間は微生物と共存しているってことを忘れてはダメなんだろうなとも思います。

この本、めちゃくちゃ面白かったので是非とも読んでみてください。

参考資料

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA