☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

第二世代抗ヒスタミン薬のなかで運転禁止の薬への対応

3 min 634 views

今回は第二世代抗ヒスタミン薬について、薬剤師として注意すべき運転への対応について解説します。

これはツイッターでバズってた青森のリンゴのやつをパクったんですが、反響があったため、ちゃんと理解しておかないとトラブルに発展するかもしれませんのでね

第二世代抗ヒスタミン薬の運転等への記載について

日本で発売されている抗ヒスタミン薬の添付文書上の記載については以下のパターンがあります。

眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。(以下:運転禁止薬)

眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に注意させること。(以下:運転注意薬)

上記以外にも、運転等への言及がないパターンもあります。

日本での代表的な第二世代抗ヒスタミン薬の一覧を記載しました。

添付文書上に運転禁止の記載がある場合は×、運転注意の記載がある場合が、何も記載がない場合はで記載しています。

成分名名称回数(日)運転
ケトチフェンザジテン2回×
アゼラスチンアゼプチン2回×
エメダスチンアレサガテープ1回×
エピナスチンアレジオン1回
エバスチンエバステル1回
セチリジンジルテック1回×
ベポタスチンタリオン2回
フェキソフェナジンアレグラ2回
オロパタジンアレロック2回×
ロラタジンクラリチン1回
レボセチリジンザイザル1回×
デスロラタジンデザレックス1回
ビラスチンビラノア1回
ルパタジンルパフィン1回×

運転禁止薬、運転注意薬

刑事責任を負う場合もある

運転禁止薬や運転注意薬を使用して運転した場合、刑事責任を負う場合があります。

道路交通法66条では「疲労,病気,薬物の影響その他の事由により,正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない」とされています。

この薬物は、危険ドラッグとかだけではなく、医療用医薬品も該当します。調剤と情報2019年5月号では実際に医薬品服用後に事故を起こした事例で刑事責任を負った事例が紹介されています。

民事の場合

運転禁止薬や運転注意薬については、平成25年5月29日に厚労省から通知がでていて、医師、薬剤師は患者に説明責任を果たさないといけません。

今般、平成25年3月22日付けで、総務省より厚生労働省に対し「医薬品等の普及・安全に関する行政評価・監視結果に基づく勧告」が行われ、医薬品の副作用による保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止する観点から添付文書の使用上の注意に自動車運転等の禁止又は自動車運転等の際は注意が必要とする旨(以下「自動車運転等の禁止等」という。)の記載がある医薬品について下記の措置を講ずる必要があるとの所見が示されました。
つきましては、貴管下医療機関、薬局等に対し、添付文書の使用上の注意に自動車運転等の禁止等の記載がある医薬品を処方又は調剤する際は、医師又は薬剤師から患者に対し、必要な注意喚起が行われるよう、周知方お願いいたします。
なお、同勧告において、意識障害等の副作用がある医薬品について、自動車運転等の禁止等の記載を検討し、記載が必要なものについて速やかに各添付文書の改訂を指示するよう所見が示されました。
この所見に基づき、現在、添付文書の見直し作業を進めておりますが、添付文書の改訂が必要な場合、通知により示す予定ですので、ご留意頂きますようお願いいたします。

添付文書の使用上の注意に自動車運転等の禁止等の記載がある医薬品を処方又は調剤する際は、医師又は薬剤師からの患者に対する注意喚起の説明を徹底させること

実際に医師からの説明不足で、運転禁止薬を服用後に運転事故を起こし、医療機関が損害賠償を支払ったケースもあります。

(参考:判決 平成14年6月21日 神戸地方裁判所平成13年(ワ)第1202号損害賠償請求事件

現実の落としどころ等への注意

さて理屈については今まで説明しましたが、実際これを踏まえて落としどころをどうするのかを考えていきたいと思います。

服薬指導すればいいんでしょ?

薬剤師としての反応で多いのが、「運転はしないでください」と画一的に指導すればいいんでしょ?というやつです。

説明だけしとけば、薬剤師が責任とらされることないでしょ?ということですが、薬剤師法25条の2によると、

薬剤師は、販売又は授与の目的で調剤したときは、患者又は現にその看護に当たつている者に対し、調剤した薬剤の適正な使用のために必要な情報を提供しなければならない。

とあります。

これも確か2015年ごろに変わって、患者の背景も踏まえていないとダメだよという風に変わっています。

つまりタクシーの運転手などに運転禁止薬が処方されてて、「この薬飲んでいる間、運転しちゃダメですよ~」と指導するだけじゃ、適正な使用のために必要な情報を提供したとはいえないわけです。

運転禁止薬じゃなきゃ本当にダメですか?

つづいて、運転禁止薬を使用しないことによる原疾患の治療の悪化によるリスクを考慮しなくていいのか?というのも考える必要があります。

ただ第二世代抗ヒスタミン薬に関しては、そこまで運転禁止薬じゃなきゃダメというケースはかなり少ないのではないかと思います。

花粉症で、点鼻ステロイドを使用せずに運転禁止薬を、運転する人に処方するのは違うんじゃないかなと思います。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA