"転職"を考えたら、読んでみてください

子ども(5~11歳)への新型コロナワクチンは接種したほうがいいか考えてみた

なんかあっという間に3月になってしまいましたね…さて本日から5歳から11歳への子どもへの新型コロナワクチンの接種がスタートになっています。

わたしもこう見えても7歳と10歳の子どもをもつ親ですし、子どもたちの接種券も届きましたので今回は5歳から11歳の子どもたちへの新型コロナワクチンの接種の是非について考えたいと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬局で保護者から質問されることは多いので是非とも知っておいていただければ幸いです。

こどもへの新型コロナワクチンの基本事項

ワクチン 接種回数 1回目と2回目の
接種間隔
接種対象年齢
ファイザー社の小児用ワクチン2回通常3週間5~11歳

まず基本情報ですが、5歳~11歳にはモデルナ社の新型コロナワクチンは使用できず、ファイザー社のワクチンのみになります。また投与量も大人と同じ量ではなく、少ない量での接種となっています。

12歳以上は1回30㎍ 、5~11歳は1回10㎍で12歳以上の三分の一の量になっています。

その他の補足事項として、

〔他のワクチンとの接種間隔〕

  1. 他の予防接種を、新型コロナワクチンと同時に同じお子様に対して行わないでください。
  2. 前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

接種対象年齢
 接種する日の年齢です。
 小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

特に接種をお勧めする方

慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方

新型コロナワクチンの有効性は?

治験のデータの文献が見つからないため、審査報告やCOVID-19ワクチンに関する提言(第4版)から判断すると発症率は、、接種群が 0.23%(3/1,305)、対照群が 2.41%(16/663)で、発症予防効果は90.7%(67.4~98.3)でした。

るるーしゅ

るるーしゅ

1/3の量でも90%超えの有効性はすごい!といいたいところですが、この有効性は時期的にオミクロン株に対しての有効性ではなさそうです…

最近、査読前論文ですが、5歳~11歳のオミクロン株への有効性を検討したものがありましたので紹介します。

ニューヨーク州の電子医療データベースからワクチン接種者、未接種者の新型コロナ陽性や入院率の割合を比較した研究です。デルタが優勢だった2021年12月13日からオミクロン株に置き換わった2022年1月30日のワクチンの有効率は、以下の通りです。

発症予防効果デルタ株オミクロン株
12歳~17歳 66%(64%~67%)51%(48%~54%)
5歳~11歳 68%(63%~72%)12%(6%~16%)
るるーしゅ

るるーしゅ

12%って・・・

ちなみにオミクロン株流行時期の11歳と12歳の比較データもあります。

11歳の発症予防効果:11%(95%CI -3%、23%)
12歳の発症予防効果:67%(95%CI:62%、71%)

つづいて入院予防効果です。

入院予防デルタ株オミクロン株
12歳~17歳 85%(63%~95%)73%(53%~87%)
5歳~11歳 100%48%(-12%~75%)

Dorabawila, V. et al. Effectiveness of the BNT162b2 vaccine among children 5-11 and 12-17 years in New York after the Emergence of the Omicron Variant. bioRxiv (2022) doi:10.1101/2022.02.25.22271454

この研究データ見る限りですと、オミクロン株に対してはあまり有効ではないように思えますよね。この要因はワクチンの接種量が少ないことに起因していることが考えられます。(11歳と12歳で有効性にここまでの差がついているため)

ただこの研究限界として家庭内での検査結果が反映されていないことが示されています。

またコホート研究のため、ワクチン接種した子どもと接種していない子どもで受診するかどうかの行動も違うような気はしますよね(ワクチン接種している子のほうがちょっとのどが痛いとかでも受診するなど)

新型コロナワクチンの安全性は?

5~11歳の新型コロナワクチンの有効性はオミクロン株に対しては大分低いんだろうなという印象ですが、安全性はどうでしょうか。

まずは心筋炎についてですが、米国で5〜11歳の子供に約870万回分のファイザー社のワクチンを投与した後のワクチン有害事象報告システム(VAERS)のレビューでは、この年齢層で11件の心筋炎の検証済み報告がありました。(全員回復しています)

Hause, A. M. et al. COVID-19 Vaccine Safety in Children Aged 5-11 Years – United States, November 3-December 19, 2021. MMWR Morb. Mortal. Wkly. Rep. 70, 1755–1760 (2021)

つづいて頻度の高い副反応についてです。

COVID-19ワクチンに関する提言(第4版)PCOVID-19ワクチンに関する提言(第4版)P24より

つづいてアメリカの11月3日– 2021年12月19日の間の5〜11歳のワクチン接種後0~7日後の有害事象報告のデータです。

有害事象Dose 1
(N = 42,504)
Dose 2
(n = 29,899)
注射部位反応54.857.5
かゆみ3.83.7
痛み52.755.8
発赤3.74.4
腫れ3.94.9
全身反応34.740.9
腹痛5.16.4
筋肉痛7.110.2
寒気3.96.8
下痢2.62.2
倦怠感20.125.9
7.913.4
頭痛13.919.8
関節痛2.12.9
吐き気5.06.9
発疹1.21.0
嘔吐2.32.7
健康への影響10.915.1
通常の日常生活を送ることができない5.17.4
学校に通えない7.910.9
必要な医療1.21.1
遠隔医療0.30.2
診療所0.6 0.6
緊急訪問0.10.1
入院0.020.02
るるーしゅ

るるーしゅ

大人より、量がすくない分、副反応もそこまで出ないのかもしれませんね

このデータを踏まえてどうするべきか?

現状のデータだとこんなところだと思います。5歳~11歳は新型コロナに罹患しても成人より重症化するリスクも少ないため、新型コロナワクチン接種によるベネフィットは少ないように感じます。

オミクロン株以降の変異ウイルスへの有効性なども考慮するのかという悩ましい部分もあります。

日本では新型コロナ罹患後の小児多系統炎症性症候群 (MIS-C)も少ないようですし、他者への感染を防げるのかや後遺症のリスクを減らせるのかも微妙なようなので、子どもへのワクチン接種に不安が大きいようなら無理して接種する必要はないと思います。(ただ重症化する因子を持っている人は接種したほうがいいのではないかと思います)

るるーしゅ

るるーしゅ

自信をもって接種をすすめられるワクチンではなさそうという印象です

ちなみに私は子どもたちにはワクチン接種しようと思っています。ただ接種間隔は3週間ではなく、最近CDCが発表した8週間あけて有効性を高めつつ、心筋炎などのリスクを最小化できればと思っています。

有効率11%なのに?と思いますが、なんか日本人のほうが効果高そうな気がするんですよね。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

自分一人では、自分のやりたいことや強み、市場価値などが分からない場合は専門家を利用するのも効果的です。

マイナビ薬剤師とファルマスタッフはどちらも転職支援の会社ですが、薬剤師のキャリア相談も無料で実施してくれます。どちらでも(もちろん両方でも)構わないので、登録して自分のやりたいこと強み市場価値などをしっかりと把握しておくことが、これから先の薬剤師過剰時代を生き抜くうえで重要です。

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA