薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

医療関係者は是非読んで!薬剤師が活躍する一般向け書籍

2 min 25 views

今回は、薬剤師が活躍する一般向け書籍について紹介いたします。
漫画だったり、小説だったりと薬剤師を主人公とした作品がいくつかあります。
薬剤師はもちろん、薬局等で働くスタッフもぜひ読んでほしいです。

薬剤師って目立たないのに、そういうのにフォーカスしているんですね…

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

薬剤師は縁の下の~と愚痴っているばかりじゃなくて、こういう一般の方が読んでも面白いものをもっとアピールしてほしいよね

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり

created by Rinker
コアミックス
¥847 (2020/05/26 21:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

ちなみに1巻を読んだ私の感想(ネタバレ含む)はこちら

異世界薬局

created by Rinker
¥660 (2020/05/27 11:00:59時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥660 (2020/05/26 21:11:36時点 楽天市場調べ-詳細)

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

これは薬学研究者が異世界転生してしまうお話。 私、リゼロや盾の勇者とか異世界もの好きだからたまらない。

マンガでわかる薬剤師: あなたの知らない調剤薬局の裏側

created by Rinker
河出書房新社
¥1,100 (2020/05/26 21:11:36時点 Amazon調べ-詳細)

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

これは、ネーヤさんと、あぶらぬまさんの作品だね。 薬局薬剤師の日常をマンガにしてわかりやすく示しててぜひとも読んで!

そういえば、コミュ障のるるーしゅさんとしては、珍しくこの方たちと会ったんですよね?

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる13.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

そそ、令和になった際にお会いしまして、サインもいただきました(感謝)

薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理

るるーしゅさん、小説とか読むんですね…

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる01.jpg

るるーしゅ

たまにね~、ただこの書籍もすごく読みやすいと思うよ。 万能鑑定士Qとか、ビブリア古書堂の事件手帖みたいな感じがある。

へ~ちなみに内容は、どんな感じなんですか?毒と名推理とかあるから殺人事件とか?

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる14.jpg

メガネ

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる02.jpg

るるーしゅ

ははは、確かにタイトルからだとそんな雰囲気も出るけど、殺人事件は起こらないよ。 薬剤師はこんなこと知ってたり、考えてたりするんですよ~ってことをそれっぽく書いてる感じ

全然、わからないので買って読みますね

https://kuroyaku.tokyo/wp-content/uploads/2018/11/るる11.jpg

メガネ

最後に

というわけで今回は、薬剤師が活躍する4つの作品を紹介いたしました。
こういった作品は、一般の方が薬剤師の仕事に興味をもってもらういい機会なので、是非とも薬剤師の方々には読んでもらいたいですし、そしてそれを周りに広めてほしいな~と思います。
書籍以外にも、動画等でも薬剤師の仕事を紹介しているものもありますので、薬剤師個々の広報活動にも期待したいです。

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

1 件のコメント

  1. 『薬屋りかちゃん』が無い…!
    数年前までこれしかなかったのに。
    あと、『薬師アルジャン』も現代薬剤じゃ華が無いから中世ヨーロッパの舞台にされただけで中身は薬剤師の描いた薬剤師業務の漫画ですよ。
    りかちゃんは登場人物の名字が(当時は存在した)製薬会社の屋号、アルジャンは登場人物が当時の医療用医薬品の商品名(主人公だけ毒から身を守るのでAG=銀が名前)です。
    いくらか無料立ち読みが存在するようですのでご興味あれば探してみてください~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA