≫薬剤師が一番利用する転職サイトは?

社長が薬剤師のほうが色々とわかってくれますか?

海外によっては薬局を開設できるのは薬剤師のみで数も限定されている国もあったりします。

ただ日本では薬剤師でも薬剤師じゃなくても、薬局を開設できます。

そのため、薬剤師ではない人が開設者になり、売り上げなどの数字しか見ていなく薬剤師業務に全く理解がないという事例はよく起きています。

そのため、薬局の開設者は薬剤師のほうがいいという方もいるのですが、それはそれで問題があったりします。

薬局を取り巻く環境が変化しているにも関わらず、昔の頭でしか考えられない薬剤師の方もいるんです。

るるーしゅ

るるーしゅ

私は毎日これくらいの人数の投薬を一人でやっていた!的な武勇伝語られること多いです…

そりゃ昔と今で服薬指導の中で確認すべき項目や内容が変わっているのにバージョンアップできていない…

私の出した結論としては、開設者が薬剤師であろうとなかろうとダメな人はダメ、いい人はいい。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

仕事がつらければすぐ辞める事も大切。でもまずは働きながら選択肢を探っていきましょう

多くの薬剤師が登録している転職支援サイト

1位マイナビ薬剤師:https://pharma.mynavi.jp/

2位ファルマスタッフhttps://www.38-8931.com/

るるーしゅ

るるーしゅ

「もし今よりいい求人があれば転職する」ぐらいに思えれば気持ちも楽になりますよね

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA