≫【2023年度版】薬剤師向け転職サイトの利用方法

ラジカット内用懸濁液(エダラボン)を服薬指導する際に薬剤師が最低限知っておくこと

ラジカット内用懸濁液2.1%はどんな薬か?

【この薬の効果は?】 ラジカット内用懸濁液2.1%は、フリーラジカルスカベンジャーと呼ばれる薬で、フリーラジカルを消去することにより、運動神経細胞等の酸化による傷害を抑える作用があります。これにより、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を抑制する効果があります​​。

ラジカット内用懸濁液2.1%を使う前に、確認すべきことは?

ラジカット内用懸濁液2.1%の禁忌患者

  • 重篤な腎機能障害のある人
  • 過去にこの薬に含まれる成分で過敏症のあった人

ラジカット内用懸濁液2.1%の注意患者

  • 脱水症状のある人
  • 感染症のある人
  • 心臓に障害のある人
  • 腎臓に障害のある人(重篤な腎機能障害のある人は使用できません)
  • 肝臓に障害のある人
  • 妊婦または妊娠している可能性のある人
  • 授乳中の人​​。

ラジカット内用懸濁液2.1%の用法や用量は?

ラジカット内用懸濁液2.1%の通常の使用量および回数は、成人においては1日量5mL、1日1回空腹時に服用します。初回の14日間は連日投与し、その後14日間休薬期間を設けます。2回目以降のクールでは、14日間のうち10日間投与し、その後14日間休薬期間を設けます。投与期と休薬期を組み合わせた28日間を1クールとして繰り返します​​。

ラジカット内用懸濁液2.1%の服薬中の注意点は?

  • 急性腎障害または腎機能障害の増悪、重篤な肝障害、播種性血管内凝固症候群(DIC)があらわれ、死亡に至ることがあります。ラジカットの注射剤で、腎機能障害、肝機能障害、血液障害などを同時に発現する重篤な症例が報告されています。
  • 使用中は定期的に腎機能検査、肝機能検査、血液検査が行われます。
  • ラジカットの注射剤で、脱水症状のある人、感染症にかかっている人(特に抗生物質を併用した場合)、高齢の人では、死亡に至る例が多く報告されています​​。

ラジカット内用懸濁液2.1%の重大な副作用および初期症状は?

  • 急性腎障害: 尿量が減る、むくみ、体がだるい
  • ネフローゼ症候群: 尿量が減る、排尿時の尿の泡立ちが強い、息苦しい、尿が赤みを帯びる、むくみ、体がだるい、体重の増加
  • 劇症肝炎: 急な意識の低下、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、体がかゆくなる、尿の色が濃くなる、お腹が張る、急激に体重が増える、血を吐く、便に血が混じる(鮮紅色~暗赤色または黒色)
  • 肝機能障害: 疲れやすい、体がだるい、力が入らない、吐き気、食欲不振
  • 黄疸: 白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなる、体がかゆくなる​​。

\ 薬剤師の転職相談満足度96.7% /

るるーしゅ

るるーしゅ

今の職場で働き続けていいのか悩んだら、まずはファルマスタッフの専門家に相談してみることが大切です。

転職サービスに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

まずは転職市場に自分を出してみて、どのくらいの会社からオファーがもらえるのかを確認してみるといいです。

そのうえで魅力的なオファーがあれば転職を考え、見つからなければ現職でのスキルアップに注力するという選択もあります。

自分がどうなりたいのか、どうなれるのかを常に考えながら、目の前の仕事を通じてキャリアを形成していくことが大切です。

まずは目の前の仕事においてできることと、自分自身の市場価値を確かめることから始めてみるのがよいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

私自身も不安があり、客観的な視点でプロに評価してもらい、選択肢が広がりました。(記事はコチラ

💊 ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

今、国は悪質な転職サイトの規制を強化しています。転職サイト利用の際は、ファルマスタッフのような優良認定を受けているところを利用しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

薬局薬剤師です。
若手の薬剤師教育や学会発表、論文投稿などに興味があります。
m3や雑誌への寄稿や、某大学非常勤講師歴もあります。
ファクトベースで物事を話さない(=感覚でものを言う)人は苦手です。
今後の業界の変化に対応できるように、業界情報や専門的なスキル、そして薬剤師としての働き方などについて情報発信していきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA