ルイボスティーは妊娠中には危険です!について思うこと

薬局薬剤師の日常

ルイボスティーは妊婦に危険?

イギリスやドイツで人気の高いルイボスティー、日本でもカフェインレスのため妊娠中の方によく飲まれているお茶です。
しかし、ルイボスティーを過剰に服用したことにより赤ちゃんに影響がでてしまったという症例報告が発表されたようです。
今回は、この症例報告が報告されたからルイボスティーの服用は危険と判断すべきなのか私なりの思うことをまとめます。




るるーしゅ
まず妊娠中にルイボスティーは飲んではいけないとするべきかなんだけど、私としては気にしなくてもいいと思う
メガネ
ええっ?だって症例報告で赤ちゃんに影響でているんですよ?
るるーしゅ
いや、症例報告ってあくまで因果関係を示すものじゃないからね。軽視しているわけではないけど、重要視しすぎてもいけないかなと
メガネ
う~ん…ポリフェノールやフラボノイドも赤ちゃんの動脈管を収縮する作用があるみたいですけど、このあたりの情報はどうしますか?
るるーしゅ
ポリフェノールやフラボノイドは日常的に口にするものにきっと入ってるんじゃないかな…
それを制限するのはかなりのストレスになると思うし、栄養に偏りがでてしまうかもしれないじゃん?
メガネ
確かに果物には入ってそうですし、代わりにどうすればいい?ってきかれても分からないですよね
るるーしゅ
代案もないのに、安易に注意して下さいだけしか言わないなら、それはアドバイスではなくて呪いの言葉かもしれないな~って思っちゃう
補足資料:妊娠中に避けたほうがいい食べ物
  • ナチュラルチーズ
  • 生魚・生肉
  • 未殺菌のジュースや牛乳
  • 生卵

今回の話は、私自身もリスクコミュニケーションで難しいな~と思います。
妊娠中にはルイボスティー飲まなきゃいけないと思ってたって方には、そんなことないよーとお話しすればいいのですが、好んで飲んでいるとなると、ルイボスティーだけをどこまで制限すべきなのだろうか、そしてポリフェノールを問題視してしまうと、一体なにをどの程度なら口にしたほうがいいのだろうか?
皆さんの中でこの問題にいい落としどころがあれば、コメントで教えていただけると助かります。
ちなみに私がもっているお母さんを診よう プライマリ・ケアのためのエビデンスと経験に基づいた女性診療では、麦茶やルイボスティーは妊婦にオススメしております。

参考資料
黒嵜 健一, 胎児動脈管早期収縮の診断と管理, 日本小児循環器学会雑誌, 2012, 28 巻, 5 号, p. 287-289

Zielinsky, Paulo, and Stefano Busato. “Prenatal effects of maternal consumption of polyphenol‐rich foods in late pregnancy upon fetal ductus arteriosus.” Birth Defects Research Part C: Embryo Today: Reviews 99.4 (2013): 256-274.