薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

ルイボスティーは妊娠中には危険です!について思うこと

2 min 1,399 views

ルイボスティーは妊婦に危険?

イギリスやドイツで人気の高いルイボスティー、日本でもカフェインレスのため妊娠中の方によく飲まれているお茶です。
しかし、ルイボスティーを過剰に服用したことにより赤ちゃんに影響がでてしまったという症例報告が発表されたようです。
今回は、この症例報告が報告されたからルイボスティーの服用は危険と判断すべきなのか私なりの思うことをまとめます。

るるーしゅ

るるーしゅ

ポリフェノールやフラボノイドは日常的に口にするものにきっと入ってるんじゃないかな… それを制限するのはかなりのストレスになると思うし、栄養に偏りがでてしまうかもしれないじゃん?

確かに果物には入ってそうですし、代わりにどうすればいい?ってきかれても分からないですよね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

代案もないのに、安易に注意して下さいだけしか言わないなら、それはアドバイスではなくて呪いの言葉かもしれないな~って思っちゃう

妊娠中に避けたほうがいい食べ物
  • ナチュラルチーズ
  • 生魚・生肉
  • 未殺菌のジュースや牛乳
  • 生卵

今回の話は、私自身もリスクコミュニケーションで難しいな~と思います。

妊娠中にはルイボスティー飲まなきゃいけないと思ってたって方には、そんなことないよーとお話しすればいいのですが、好んで飲んでいるとなると、ルイボスティーだけをどこまで制限すべきなのだろうか、そしてポリフェノールを問題視してしまうと、一体なにをどの程度なら口にしたほうがいいのだろうか?

皆さんの中でこの問題にいい落としどころがあれば、コメントで教えていただけると助かります。

ちなみに私がもっているお母さんを診よう プライマリ・ケアのためのエビデンスと経験に基づいた女性診療では、麦茶やルイボスティーは妊婦にオススメしております。

参考資料

黒嵜 健一, 胎児動脈管早期収縮の診断と管理, 日本小児循環器学会雑誌, 2012, 28 巻, 5 号, p. 287-289

Zielinsky, Paulo, and Stefano Busato. “Prenatal effects of maternal consumption of polyphenol‐rich foods in late pregnancy upon fetal ductus arteriosus.” Birth Defects Research Part C: Embryo Today: Reviews 99.4 (2013): 256-274.

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談