考えてみませんか?今後の働き方について

妊娠中のNSAIDの使用についてアメリカがアップデートしたので、簡単に調べてみた

3 min 229 views

妊娠中のNSAIDの使用についてアップデート

今回は自分のための備忘録としてです。ちょっと作りが雑でツッコミどころもあるかもしれませんが、情報に対する薬剤師の思考回路などを感じていただければと思います。

今回のお題

FDA drug safety communication: FDA recommends avoiding use of NSAIDs in pregnancy at 20 weeks or later because they can result in low amniotic fluid. October 15, 2020. Available at: https://bit.ly/31npNbS. 2020年11月1日アクセス

るるーしゅ

るるーしゅ

FDAが妊婦(20週以上)のNSAIDsは使用を避けることとしたみたい

あれっ?日本のNSAIDsはすでにありますよね?胎児の動脈管閉鎖を起こす的なことで

メガネ

メガネ

禁忌(次の患者には投与しないこと)
8.妊娠末期の婦人

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
  2. 妊娠末期の婦人には投与しないこと。[動物実験(ラット)で分娩遅延が報告されている。]
  3. 妊娠末期のラットに投与した実験で、胎児の動脈管収縮が報告されている。
  4. 授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。]

ロキソニン錠の添付文書より抜粋

るるーしゅ

るるーしゅ

そーそーよく勉強しているね。ただアメリカでも、動脈管閉鎖のリスクで30週以上では使用しないこととなってたんだ。

今回のは、それとは別で20週以降の話なんだよ

なんで20週以降になったの?

何故、20週以降も使用を避けることという警告がされたかというと、羊水過少症と新生児腎機能障害のリスクに対する症例があつまったからです。

NSAIDなんて、昔から使用されている薬なので、いまさら新しい情報がでてくるなんてことあるんですか

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

確かにそうだね。新薬ならまだしも、NSAIDなんて超オールドタイプの薬だからね。

今回のは、妊娠中の使用というあまり事例が少ない中でさらに珍しい症例が集積したから、ベネフィットとリスクを天秤にかけたとき、あえて使わなくていんじゃね?ってなった感じだと個人的に思っている。

1回飲んだだけでもこのリスクはあるの?

たとえばロキソニンを1回飲んだだけでも影響はあるのか?なんて質問が薬剤師にきそうな気がしますが、そもそものかなりの分母のなかの一部で起きたことが集積されたうえでしょうし、治療の48時間後からという記載があるため、1回飲んだくらいでは、まず影響があるとは考えづらいですね。

この情報を扱う上で配慮しなきゃいけないことは?

ずばり、NSAIDを妊娠中に服用しなければいけない人たちですね。低用量アスピリンを服用しなければならない妊婦(子癇のハイリスク群など?)にはあてはまりません。

なので、低用量アスピリン飲まなきゃいけない人に、呪いの言葉として押し付けるほどのリスクではないんじゃないかなと思います。

日本でこの情報をどう活用するか?

今回の情報はアメリカでのことなので、まだ日本で20週以上の妊婦に禁忌になるといったことはありません。

ただリスクに対する情報ですし、私自身としても敢えてNSAIDs使わなくてもいいんじゃないの?と思います。

というわけで、まず近隣の医療機関に情報共有、およびどういう方針にするか確認しておく。
そして、その方針などを近隣の薬局に共有し、OTCでの対応も地域で共有する。

こんな感じがいいのではないかなと思いますがいかがでしょうか?あと、貼り薬もどの程度でリスクになるか難しい所だけど、注意しておきましょう。

NSAIDs の貼付剤を妊娠後期の腰痛などに複数枚数を連用することで経口剤と同様に胎児の動脈管閉鎖や羊水減少を起こす可能性があるので十分な指導が必要となる。
妊娠と薬 – H24.11.05修正反映より引用

今後でてくる地域連携薬局は、このような情報を地域で共有して対応することが求められているかと思います。早い段階で出来るといいんじゃないかなと。

るるーしゅ

るるーしゅ

以前、カロナール細粒の原薬に中国産が~みたいな騒動の時に、わたしは主処方元以外にも、情報共有および方針を伺いに行ったことあるんだけど、やっぱり大きな混乱がなくスムーズになったよ。
(他の店舗では、医師がカロナール錠潰せという対応させられてたりしたらしい)

~あとがき~

本記事、SNSで簡単に紹介したら、イイネされたので、ちゃんと手直ししようかなと思ったのですが薬剤師ブロガーの小嶋さんがブログで取り上げていたので、わたしはやらずに小嶋先生にお任せしようと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


薬剤師業界も 売り手市場 から 買い手市場 に!!
今後、「必要とされない薬剤師」になってしまう前に、早めにキャリアの見直しを!
Web相談実施中
「必要とされない薬剤師」になる前に見直しを!
Web相談実施中