≫【2023年度版】薬剤師向け転職サイトの利用方法

転職時に人事の人に聞いて「へぇ~」って思ったこと

私はずっと薬局勤務なのですが、一度会社が変わっています。
その際には、新しい職場がブラックだったりしないかな?と思って人事の人に聞いた内容を共有します。

私はあまり仕事をしたくないタイプの薬剤師で、有給休暇を積極的に使っていきたい人間なのですが、新しい職場ではちゃんと休めるのか不安だったんですよね。

るるーしゅ

るるーしゅ

前の職場では、わたしとパートのおばちゃん薬剤師で土曜日も開局している薬局だったので子どもの運動会等のイベント時に休みをとるのが大変でした。

とはいえ、有給の取得状況について聞いてみた回答は「人それぞれ」

無難な回答ですね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

そうだね、ただ「休み取れなくて頑張ってる自分が好き」みたいな薬剤師の人いるよね

とりあえずこの回答で、会社として積極的に有給休暇をとらせているわけではないんだなってのは伝わったわ

社員は平均でどれくらい有給休暇を使っているかのデータには注意が必要?

ちなみに平均の有給取得日数に注意が必要ってどういうことですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

じゃあテキトーな事例をもとに説明しよう

世界調剤とヒノキ薬局という二つの薬局の会社がありました。
どちらの会社にも薬剤師は1000人勤務していて、各会社の年間の有給取得日数の平均は以下の通りです。

世界調剤・・・10.2日/年

ヒノキ薬局・・・9.0日/年

どちらのほうが魅力的な薬局に見えるでしょうか?

名前に意図的なものはありません、ちょうど思いついたのがこれだったので…

これは世界調剤のほうが有給休暇取得出来て魅力的に見えますけど…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

こうすると、どうだろう?

世界調剤の有給取得日数の内訳

(退職者150人×40日+現社員850人×5日)÷1000=10.25人

ヒノキ薬局の有給取得日数の内訳

(退職者30人×40日+現社員970人×8日)÷1000=9.0人

世界調剤の平均が高いのは退職者が多かったからなんですね…

メ

るるーしゅ

るるーしゅ

退職者や産休入る前に有給休暇使う人多いだろうから、そういうのを排除した日数じゃないと知りたい情報ではなかったりするんじゃないかなと思う、各会社がデータとして持っているのか不明だけど

最後に

今回わたしが人事担当の方に教えてもらったことを紹介いたしました。
もちろん、この内容もうまく言いくるめられただけかもしれませんが、平均の有給取得日数などを職場選びで気になるところだと思います。

「うちは有給消化割合が高いのよ~」とか言われても、今回の事例のように退職者が多いためなどの裏側があるかもしれないので注意しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

ちなみに私は大体年間10日くらいとれているので満足しています。
もちろん希望の日で、とれています。

有給休暇とれてはいるけど、会社の半強制(お盆等)になっているかたも多いですよね…

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師は専門バカで雇われ力が低いみたいなことを言われているので、なるべく周りの詳しい人に聞いたり、人材紹介会社の人を活用したりするのをオススメします。

るるーしゅ

るるーしゅ

あと正直にいうと、人事のひとに「退職でやめる人は有給使い切るから」って言われた時、「この会社はやめるとき、有給消化できるんだ!スゴイ」と思ったわ

退職するときに残っている有給休暇消化できないところだったんですね・・・

メガネ

メガネ

\ 薬剤師の転職相談満足度96.7% /

るるーしゅ

るるーしゅ

今の職場で働き続けていいのか悩んだら、まずはファルマスタッフの専門家に相談してみることが大切です。

転職サービスに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

まずは転職市場に自分を出してみて、どのくらいの会社からオファーがもらえるのかを確認してみるといいです。

そのうえで魅力的なオファーがあれば転職を考え、見つからなければ現職でのスキルアップに注力するという選択もあります。

自分がどうなりたいのか、どうなれるのかを常に考えながら、目の前の仕事を通じてキャリアを形成していくことが大切です。

まずは目の前の仕事においてできることと、自分自身の市場価値を確かめることから始めてみるのがよいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

私自身も不安があり、客観的な視点でプロに評価してもらい、選択肢が広がりました。(記事はコチラ

💊 ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

今、国は悪質な転職サイトの規制を強化しています。転職サイト利用の際は、ファルマスタッフのような優良認定を受けているところを利用しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

薬局薬剤師です。
若手の薬剤師教育や学会発表、論文投稿などに興味があります。
m3や雑誌への寄稿や、某大学非常勤講師歴もあります。
ファクトベースで物事を話さない(=感覚でものを言う)人は苦手です。
今後の業界の変化に対応できるように、業界情報や専門的なスキル、そして薬剤師としての働き方などについて情報発信していきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA