薬剤師にぜひ読んでほしい!オススメの書籍3冊紹介!(2018年Ver)

未分類

るるーしゅが選ぶ薬剤師に読んでもらいたいオススメの書籍を三冊紹介!

There is more treasure in books than in all the pirates’ loot on Treasure Island and best of all, you can enjoy these riches every day of your life.
(宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。)

ウォルト・ディズニー

今回は2018年に発売された書籍の中で、私るるーしゅが読み、是非とも他の薬剤師の方に読んでほしい書籍を三冊選びましたので自己研鑽のための書籍購入の参考にしていただければと思います。

ワクチンについてもっと詳しくなりたい!と思う薬剤師にはこの一冊

反ワクチン運動の真実 死に至る選択 [ ポール・オフィット ]

【概要】
今も、静かな、命に関わる戦争が続いている。戦線の一方には、毎週のようにワクチンが危険だという話を聞かされている親たちがいる。もう一方には、ワクチンを打たない人々に毅然とした態度を取り始めた医師たちがいる。対立の真ん中にいるのは、免疫がないまま取り残された子どもたちだ。人々を救うはずのワクチンを恐怖の対象にしてしまったのは誰なのか? アメリカで最も成功した市民運動の歴史と真実。
出版社より引用[/aside]

メガネ
あれっ?いきなり薬剤師をターゲットに書かれたものではなさそうな書籍ですね…
るるーしゅ
そうだね、確かに薬剤師をターゲットにしてるというよりは、全人類読むべしだね!!
メガネ
ちなみにどのあたりがオススメなんですか?
るるーしゅ
ワクチンってやはり有効性が高いものが多いんだけど、誤解されている部分も多いんだよね…
そのあたりをきちんとまとめていてくれているので、やはり未病対策として薬剤師には読んでもらいたいな。
あと翻訳者のナカイサヤカさんも、このワクチンについて強い思いがあって翻訳しているので医療に携わる者として協力したいという思いがめちゃくちゃある
メガネ
るるーしゅさん、ツイッターで翻訳者のナカイサヤカさんと絡んでいましたもんね。
この本、調べてみるとレビューも高評価ですね。
るるーしゅ
そうなんだよ、一般の方も読んでいるんだから、薬剤師もぜひ読んでほしい!!
薬剤師で政治家やってる、はたともこもこれ読んでから発言しろよって思うわ。

くすりの副作用についての考え方を学びたい薬剤師はこちら

3ステップで推論する副作用のみかた・考えかた

●目の前の症例が副作用かどうかの見極め方(=副作用の臨床推論)が身につく,これまでにない本
●薬局・病院薬剤師の薬学管理,医師の鑑別に直結する知識を3ステップで解説
●副作用と有害事象の違いなど,副作用に関する基本からわかりやすくレクチャー
出版社より引用[/aside]

メガネ
これはド定番きましたね
るるーしゅ
そう、川口崇先生、岸田直樹先生のコンビは、薬剤師のための臨床推論のコンビだからね。
メガネ
ちなみにオススメのポイントは?
るるーしゅ
副作用の可能性があります
で、ドヤ顔している薬剤師じゃダメだよねってのがよく分かる。
また無料で提供されているスライド14のところ、これは必ず色々な人に伝えたいわ
オトナだから約束を守ろう
ネットを正しく使いなさい
Googleで簡単に見つかる程度の知識は、患者さんだって持っている知識です。あなたはプロ。

本を、論文を読みなさい
伝統的な医学書・参考書を読みましょう。副作用を学びたければ、論文も探して読みましょう。

「不確かさ」を許容しなさい
医療において、全てのつじつまがあう、すっきりした答えはないことが多いです。
不確かのものは、不確かなままの行間で話し合うことにも慣れましょう。

出版社サイトのスライド14より引用

メガネ
この三つは、なかなか重いですね
るるーしゅ
そうだね、軽々しく「うんうん、そうだよね」と言えない自分がいるってことは、やはり肝に銘じなければなと思うわ。
あと余談だけど、この書籍はね、著者印税0円らしい
メガネ
ええっ?こんなにすごい書籍なのに、たくさん売れても著者には一銭も入らないんですか?
るるーしゅ
そうみたい、勝手に薬剤師のために頑張って作ったから読んでくれ!!と捉えているわ。
あとこの本はまだ連載中だから、パート2も出るみたいだよ
メガネ
パート2も出たら、買いですね

認知症の患者さんと関わる薬剤師は必見

認知症を診るすべての医師へ
〇最新の臨床研究や系統的レビューが紹介されているから、おもしろい。
〇客観的、具体的に書いているから、わかりやすい。
出版社より引用[/aside]

メガネ
最後は認知症についてですか~
るるーしゅ
うん、やっぱり今年はフランスで認知症の薬の保険適用外にしたというのは、なかなかインパクトがあったからね。あれも日本とフランスは違うから!で片付けずしっかりと向き合う必要があると思うんだよね。
メガネ
そうなんですよ、確かにフランスの保険適用外で話題になったとき、実際のドネペジルとかの効果ってどんなもんなんだろ?って思ってましたが調べずに終わっています…
るるーしゅ
うんうん、ではこの書籍で勉強しておこう。薬剤師の好きそうなコリンエステラーぜ阻害薬間の薬理作用の違いなんかも無視してかまわないと評価されているんだよね。
メガネ
あっ、るるーしゅさんの好きそうな言葉ですね。
るるーしゅ
そう、薬理作用の違いが、臨床的な効果の決定的な違いではないことを教えてやるって言いたくなるわ

最後に

というわけで、今回は2018年発売された書籍で、是非とも薬剤師に読んでほしいと思う書籍を下記の三冊を紹介致しました。
どの書籍は3000円程度なので、薬剤師が一月にかける自己研鑽代としては高くもなく妥当な値段かと思います。
あと年明けには、私がいつもお世話になっているネーヤさんと油沼さんの薬剤師マンガがついに書籍化しますので、薬剤師の方は購入していただき薬剤師の仕事などを沢山のひとに知ってもらう手助けになればな~と思います。
マンガでわかる薬剤師 :油沼,ネーヤ|河出書房新社

Employ your time in improving yourself by other men’s writings, so that you shall gain easily what others have labored hard for.
(本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。)

ソクラテス

次のページでは今回の読めよ薬剤師企画に参加したブロガー達のおすすめの書籍を紹介致します。