【薬剤師のキャリアを考える】VUCAの時代を生き延びるには?

薬剤師のキャリア等

今後、薬剤師の業界はVUCAの時代になってくると言われています。

VUCA(ブーカ)とは
Volatility(変動性・不安定さ)
Uncertainty(不確実性・不確定さ)
Complexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性・不明確さ)
人口減少、高齢化していく日本で、薬剤師の役割なども変わってくるは間違いないと思います。
今回は私が知り得ている情報の中での薬剤師の未来予測図を紹介するとともに、そのような未来になったとき
あなたはどうなっていると思うか?その時に生き残るためには今、どのようなことをすべきか?
そういったことを考えていただけたらなと思います。
るるーしゅ
本当は“生き残り”って言葉嫌いなんだよね。生き残るために○○すべきっていうよりは、専門職なので自分たちの職能をもっと生かすために○○すべきって言いたいんだけどさ。なんか今回はしっくりこないから、生き残りって使う。







今後の薬剤師業界の未来図

薬局の数が現在の約半分の3万軒になる

病院前の景色を変える
このセリフは2015年に当時の厚生労働大臣の塩崎さんの発言です。
薬局へ現在6万軒近くありますが、今後(2040年頃には)は半分くらいになることが予想されています。
るるーしゅ
ちなみに薬局だけじゃなく、病院、診療所も減らしていく予定です。
公立病院は診療報酬で縮小が難しかったので、実名を報道され病床数などを適正化していくらしい
薬局薬剤師だけではなく、病院薬剤師も他人ごとではないっぽい

どうやって薬局の数を減らしていくか?

電子処方箋の導入

2020年から始まる電子処方箋の導入(紙の経過措置期間もあるが)により電子処方箋に対応できない薬局の離脱が考えられる。

るるーしゅ
電子処方箋を応需するシステムの導入、維持費などが発生するため、現状で経営が厳しい薬局はこれを機に閉局するとこも多そう

地域連携薬局の取得

日本薬剤師会も多くの薬局に地域連携薬局を目指してもらうように声をあげていますがハードルになるのが、在宅患者への対応。
一人しか薬剤師がいないという店舗も多いため、なかなか在宅患者への対応は難しいため、地域連携薬局の取得が難しいと思います。

メガネ
地域連携薬局を取得していないと、ダメなんですか?
るるーしゅ
今後、医師でいうかかりつけ医以外に受診したら定額負担といったように、かかりつけ薬局以外で薬もらったら定額負担なども検討されているんだ。
地域連携薬局を取得していないと、かかりつけ薬局になれないといった流れになると思う

薬剤師の業務はAI化がすすむ

今後、日本は高齢者がさらに増えてくるため、医療のニーズは増えてきます。ただ人口も減少してくるため、医療のニーズが増えてもお金を払ってくれる自治体とかが減ってしまうため残念な感じです。

薬剤師の数はこのままで給料を減らすか?給料はこのままで薬剤師の数を減らすか?
るるーしゅ
ちなみに医師も同じ状況で、医師会は後者を選択したみたい
メガネ
医師って今でさえ、人手不足なのにさらに減らす選択なんですね
日本は、世界と比べて人口当たりの医師の数は少ない、薬剤師は多い。

その他のQ&A

メガネ
海外みたいに調剤助手(テクニシャン)の資格を作るんですか?
るるーしゅ
テクニシャンの資格は作らない
メガネ
電子処方箋って具体的にはどうやるんですかね?
るるーしゅ
マイナンバーカードのQRコードの中に処方箋情報いれるとか聞いた気がする
メガネ
海外みたいに薬局でワクチンうてるようになるんですか?
るるーしゅ
ここ2025年までは無理だと思う。薬局は医療提供施設だけど、医療施設じゃないから医療行為はできないから。
だからできるようにするためには薬機法を変えなきゃいけない。薬機法の見直しが5年くらいだから、2025年までは無理だろうって話

こういった未来を想定して今、どうするか?

るるーしゅ
こうした薬剤師の未来を想定して、今をどうしていこうかねー
メガネ
薬剤師として働くのか、働かないのか?そのあたりでも変わってきそうですね
るるーしゅ
もし将来も薬剤師として働きたいと思っているなら、今の職場は成長できる環境にあるかな?と考えてみるといいかもね。
私も前の職場では、忙しすぎて成長する機会すらないくらいのところだったからね。
今の職場は薬剤師として成長できる環境かな?
下記の項目について今の職場を考えてみよう。

  • 教育システム(新人、中堅、管理職)はあるかな?
  • 学会に参加できるかな?
  • 地域の勉強会への参加はできるかな?
  • 自己研鑽のためのサポート体制は?
  • 会社の経営理念、ビジョンは明確か?
るるーしゅ
こう見ると、前の職場は全部できていなかったな。
ただ職場の雰囲気がよかったから、なかなか転職する気にはなれなかったんだよね。
メガネ
今後の薬剤師の未来が安定していれば、職場の雰囲気や給与の休暇の待遇面だけで選ぶのもいいかもしれないけど、色々と悩ましいですね
るるーしゅ
VUCAの時代だからね、もし今回の内容を読んで転職したほうがいいかも?と思ったら、上記の成長できる職場かどうかとともに従業員満足度はどうかも意識してみて。
従業員満足度が低い薬局は、患者満足度も低いことがほとんどだとから。あと関連記事もよかったら読んでみて

かかりつけのノルマで精神的に追い詰められた薬剤師の話

2019年10月27日

【若手の薬剤師へ】薬剤師の転職サイトについて考えてみませんか?

2019年4月20日
今回は、薬剤師業界の未来予測図についてお話しし、それを踏まえて今、どうすべきなのか?今の職場のままで成長できるのか?
薬剤師×○○といった薬剤師以外でも活躍できる道を選ぶことで相乗効果を得られるかもしれませんし、薬剤師一筋というのもいいと思います。
そういったことを一度、立ち止まって考えてみてもらえればと思います。
薬剤師を取り巻く環境は、大きく変化するはずです(ずっと前から言われていますが、そろそろ本気で変わりそうです)
是非とも、後悔しない選択をしておらえたらと思います。

やばいと思い、転職を検討するのなら?

るるーしゅ
今の職場のままじゃヤバイかも?!と思い、転職を検討してみたい。ただ今回の私の記事を読んでも業界のことなど全然わからないって人は薬剤師の転職サイト(人材紹介会社)などを頼ってみるのもいいかもしれないです。

人材紹介会社について

マイナビ薬剤師や、リクナビ薬剤師などは人材紹介会社で、厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介サービスです。
人材紹介会社のしくみは以下の通りです。

人材紹介者のしくみ
るるーしゅ
尚、人材紹介会社の一般的なメリット、デメリットも知っておくといいですよ
人材紹介会社を利用するメリット
  • コンサルタントが無料でつき、転職に関する相談(キャリア等)、年収などの条件交渉などのサポートを受けられる。
  • 非公開求人の紹介を受けられることがある。
人材紹介会社を利用するデメリット
  • 条件や経歴によっては、求人をあまり紹介されない。
  • 電話での連絡が煩わしいと感じることもある
  • コンサルタント主導で転職先が決まり、失敗することもある。
  • 面談などを行うため、転職にやや時間がかかることが多い
メガネ
私、求人サイトの募集要項の記載を正しく読み解けないので、こういうサポートうけたほうがいいかもしれないです
るるーしゅ
「賞与〇か月」。「社会保険完備」、「額面」「手取り」とか求人情報の「用語」があるみたいだからね。
まぁそのくらいは知ってたほうがいい気もするけど

客観的にオススメできる人材紹介会社2つを紹介(理由はシンプル)

マイナビ薬剤師

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

るるーしゅ
正直、このマイナビとファルマスタッフの二つ登録しておけばよさそうな気がするよ。
メガネ
なんでですか?
るるーしゅ
人材紹介会社って、厚生労働省から認可を受けているっていったよね。だから人材紹介した実績を報告しているんだ。薬局でいう薬局機能情報みたいなもんだね
メガネ
へー、それとマイナビ薬剤師とファルマスタッフをオススメする理由はなんか関係あるんですか?
るるーしゅ
この二つは、人材紹介会社のなかでも職業紹介優良事業者という認定をとっているんだ。口コミよりはこういう認定をとっているというほうが安心できるなというのが私の印象だね。職業紹介優良事業者についてはこちらを参考にしてみて
職業紹介優良事業者とは『認定業者にインタビュー。実態調査済み』 – Parallel Road
メガネ
リンク記事には、ザックリ言うと、「この認定が出た転職サービスを使えば良い企業に入れますよ。」ということ。と書かれていますね。
るるーしゅ
このリンク記事を鵜呑みにしていいかはわからないけど、リクナビ薬剤師や薬キャリといった有名どころが、この職業紹介優良事業者を取得していないから口コミで決めるよりは客観的なんじゃないかなと思う。
薬剤師で人材紹介会社を利用するなら、マイナビ薬剤師とファルマスタッフ。
理由は、他の薬剤師向けの人材紹介会社では取得していない職業紹介優良事業者を取得しているから。

マイナビとファルマスタッフだけじゃ満足できないなら…

薬キャリ

リクナビ薬剤師

るるーしゅ
薬キャリ、リクナビ薬剤師、そしてマイナビ薬剤師、ファルマスタッフで転職サイトの比較記事では上位4社へ入ることが多いです。私も入れたのは、純粋に利用している人が多いからです。その他の人材紹介会社は実績が少なすぎるので、客観的にオススメしづらい
オススメする理由、人材紹介実績が少ないところよりは、多いところのほうが安心できる
るるーしゅ
私の記事を読んで人材紹介者登録しようかな?と思ったなら是非ともこの記事内のリンクからの登録をお願いいたします。
この記事のCOI(利益相反)について