≫【2023年度版】薬剤師向け転職サイトの利用方法

入社半年で辞めたいと感じる薬剤師へ:効果的な判断と転職活動のガイド

薬剤師として新卒入社して半年で「辞めたい……」と感じる薬剤師は少なからずいます。

特に新卒薬剤師の場合、就職活動の結果がうまくいかずに配属先が適合しなかったり、自分が思っていた職場の状況と異なることが原因となっていることが多いです。

ちなみに何故、半年なのかというと、ちょうど色々と一通りの仕事内容に慣れ、色々なことが客観的に見ることができるようになるからです。

つまり入社半年は、入社した薬局(会社)のことを理解できてきて、自分の理想と違う点に気が付くタイミングともいえます。

そして、「こんなに早く辞めてしまって大丈夫なの?」という不安も、あなたが思いやりと責任感を持っている証拠です。それは、素晴らしい薬剤師になるための大事な要素なので安心してください。

だからこそ、もしあなたが本当に変化を求めているのなら、その一歩を踏み出す勇気が必要です。

実は、薬剤師の世界では早期の転職は珍しくありません

むしろ、早めに方向転換することで、適切なキャリアパスを探り、より良い職場環境を見つけることができる可能性があります。

この記事では、そんなあなたに向けて、薬剤師として入社半年で辞めたい転職したいと感じた場合の行動指針を紹介します。

もしもあなたが今、「今の職場、辞めたい」と考えて、途方に暮れているなら、ぜひこの記事を最後まで読んで、自分の新しい可能性について考えてみてください。

薬剤師としての道は広く、多彩です。

あなたにとって最適な道を見つける手助けになることを、心から願っています。

薬剤師が入社半年で辞めたくなる理由

薬剤師が入社半年で辞めたくなる理由職場環境や人間関係の悪さ

業務内容や負担の重さ

給与や待遇の不満

職場の方針や理念との不一致

自分に合わない職場であると感じた場合

薬剤師が入社半年以内で辞めてしまう要因には、以下のようなものがあります。

  1. 職場環境や人間関係の悪さ
  2. 業務内容や負担の重さ
  3. 給与や待遇の不満
  4. 職場の方針や理念との不一致
  5. 自分に合わない職場であると感じた場合

職場環境や人間関係の悪さ

どの職場でも人間関係は非常に重要です。薬剤師の職場でも同様で、上司や同僚とのコミュニケーションが円滑でないと、業務に影響を及ぼす可能性があります。また、職場環境がストレスフルであれば、職務に対する満足度が低下し、退職を考える可能性があります。

日本だけではなく、海外でも同様に薬剤師の職場環境は年々悪化しており、職場の市場状況、薬学生の増加、一貫性のない組織や協会などが原因となっています。

企業の上層部が現場で働く薬剤師の日々の業務を支配し、現場で働いている薬剤師が行っていることが実際に「薬局業務」であると感じることが少なくなっています。

業務内容や負担の重さ

薬剤師は専門的な知識と技術を要する職業であり、その業務は非常に重要です。

しかし、業務負担が過大であると、過労やストレスが蓄積し、結果として退職に繋がることもあります。

海外の調査結果によると、薬剤師のうち61.2%が職場での高いストレスを経験しており、これは医療従事者の中でも高い割合です。

このストレスは、過大な非臨床業務医療改革に対する不確実感教育への時間不足などが主な原因となっているとのことです。

給与や待遇の不満

入社時は気にならなかった給与なども、半年ほど経つと他の職場にいった大学の同級生などと比較して気になってしまいますよね。

「新人なんだからと、給与面や待遇が悪いのは当たり前だろ、給与のことを気にするなんて卑しいやつだ」というステレオタイプの人もいるかもしれませんが、そんな人を気にする必要はありません。

私は、お金のことを考える力がなければ、ライフワークは追求できないと思います。

そして実際に社会人になり、自分で稼いで生活してみて、給与の面で気づくことも多いと思います。

そこまで待遇がよくない職場に、薄給で働き続ける必要はありませんよね。

るるーしゅ

るるーしゅ

待遇が悪い職場で働くことは、破れた靴で長い道のりを歩くようなものです。足元が不安定で、痛みや不快感が絶えず、前に進むことがますます困難になります。

職場の方針や理念との不一致

企業文化や職場の理念と自分の価値観が合わない場合、職場に満足感を覚えることは難しいでしょう。

薬剤師としての職務に対する熱意も、企業文化や方針との不一致により影響を受ける可能性があります。

自分に合わない職場であると感じた場合

薬剤師としての職務を遂行する上で、自分に合った職場を見つけることは重要です。

職場の雰囲気、業務の内容、上司や同僚との人間関係などが自分に合わないと感じた場合、その職場を離れることを選ぶかもしれません。

薬剤師が半年で退職・転職するメリット・デメリット

薬剤師が半年で退職・転職するメリット・デメリットはどんなものがあるのか考えていきたいと思います。

薬剤師が半年で退職・転職するデメリット

まず、半年での転職・退職についてのデメリットを考えてみましょう。

社会からレッテルを貼られるのではないか?という不安

半年という短期間での転職は周囲から色々と言われる可能性があります。これは個々の状況によるため、一概には言えませんが、一部の人々からは「少なくとも3年は働くべき」という考え方があります。

就職活動頑張ったのにもったいないという感情

あなたは就職活動を経てこの職についたわけですから、早期に退職・転職するという選択は、その投資への感情的な反動を引き起こすかもしれません。

同期との繋がりがなくなってしまうことの不安

あなたが退職すると、同期とのつながりがなくなる可能性があります。これは、職場の社会的な側面に影響を与える可能性があります。

しかし、これらのデメリットは40代などの高年齢での転職と比較すると、それほど大きな問題ではないかもしれません。

特に、薬剤師としての資格を持っていれば、早期に方向転換をすることが可能です。

そして、あなたが退職を決断するとしても、それは必ずしもネガティブなことではありません。

辛い状況に置かれている場合などは、無責任に「すぐに辞めない方がいい」と言われるよりも、自分自身の感情を尊重し、退職を選ぶことが重要です。

社会人生活は長いものです。一つの選択が失敗だったとしても、それを重く見る必要はありません。

逆に、それを経験として捉え、次へと進むための力に変えることができます。ネガティブな感情を抱くのは自然なことですが、それをポジティブに変換して未来へと進むことが大切です。

選択が失敗かどうかは、あくまで事後的にしかわからない。失敗につながる唯一の条件は「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められないこと」

転職における失敗とは?転職の思考法より

薬剤師が半年で退職・転職するメリット

薬剤師が半年で転職を考える際のメリットは三つあります。

希望の職場に就職できること経験を評価してもらえること、そして始めの年収が高くないことです。

これらの点を詳しく検討してみましょう。

希望の職場に就職できること

まず、希望する職場に就職できるという利点について考えてみましょう。

新卒の薬剤師が会社に就職すると、配属先が不確定な要素となります。しかし、転職の場合、具体的な店舗での空き職を対象とするため、事前に実際に働く場所を見学する機会があります。このことで職場の適合性を高め、働く場所や同僚に対する理解を深めることができます。

経験を評価してもらえること

次に、経験が評価されるという点です。新卒でも半年間の実務経験は、採用する側から見て価値があります。

実際の職場での経験は、学生時代に得た理論的な知識以上のもので、採用側はそれを高く評価します。

新卒で半年働いた薬剤師は、オンジョブトレーニングを受け、即戦力となる可能性があるため、魅力的な候補者となるのです。

始めの年収が高くないこと

また、年収が初めて高くないという点は、転職におけるもう一つのメリットです。新人薬剤師の年収は比較的低いため、採用側にとっては給与交渉の負担が少なくなります。

また、新卒で半年程度働いた薬剤師は、若くてまだ職業に染まっていないという利点も持っています。これは採用側から見て魅力的な要素となります。

以上の点を踏まえて、薬剤師が半年で転職を考えることは、様々なメリットを享受できる可能性があると言えます。

入社半年の薬剤師が転職を失敗しないためのアドバイス

入社半年の薬剤師が転職を失敗しないためのアドバイス

ここまで入社半年の薬剤師がどのような要因で辞めたいと思っているのか、入社半年でやめることのメリット・デメリットについて解説してきました。

ここからは、入社半年の薬剤師が転職を失敗しないためにはどうしたらいいかアドバイスします。

辞めるべきかどうかを判断する

転職後、半年で辞めたいと感じる薬剤師は少なからずいます。しかし、辞めていいかどうかは、個々の薬剤師の状況によって違います。

転職が自分のキャリアにプラスになるかどうか不満が解消できるかどうかなどを考慮して、辞めるべきかどうかを判断しましょう。

転職理由を明確にする

転職する際には、転職理由を明確にすることが重要です。転職先での希望する条件や、現在の職場で不満に感じている点を整理し、転職先で解決できるかどうかを検討しましょう

転職先を選ぶ

転職先を選ぶ際には、自分の希望する条件に合った企業を選ぶことが重要です。

また、転職先でのキャリアアップの可能性や、将来的に自分が目指すキャリアにつながるかどうかも考慮しましょう

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することで、上記に紹介した内容、すべてをサポートしてくれます。

転職エージェントは、自分の希望する条件に合った求人情報を提供してくれるだけでなく、面接のアドバイスや条件交渉のサポートもしてくれます(そして利用は無料)

オススメの転職サイト

  • ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

待遇や年収を優先的に考慮して、多数の薬局やDgsの求人から選びたいときは、ファルマスタッフがおすすめです。その強みは全国、都市部から地方まで対応している点にあります。

あなたの希望条件に一致する求人をコンサルタントが見つけてくれるので、薬剤師の方々が転職活動で良い条件を少しでも見つけるのに役立つでしょう。

メリット
  • 薬局・Dgs求人に強い
  • 非公開の高待遇・高時給の求人が多い
デメリット
  • 企業の求人には弱い

転職エージェントの利用はしたほうがいいですが、お任せしっぱなしは注意です。

薬剤師の試験を見事に乗り越え、社会でのキャリアをスタートさせたのは素晴らしいことです。

しかし、僅か半年で働きがいを見失ってしまうのは、あまりにも惜しい結果ではないでしょうか?

「毎日が楽しい!」とまで言えなくても、働く環境が快適で、仕事に対する充実感を感じられることは大切です。

もし求人を探しても、自分に合ったものが見当たらない場合、転職を急がなくても良いのかもしれません。ただ悩むくらいなら、新しい道を探る勇気を持ってみてはいかがでしょう。

まだ半年という短い期間しか薬剤師として働いていないのですから、あなたが活き活きと働ける職場はまだ目の前に広がっています!

未来を見据えて、じっくりと自分に合った求人探しに取り組んでみませんか。

\ 薬剤師の転職相談満足度96.7% /

るるーしゅ

るるーしゅ

今の職場で働き続けていいのか悩んだら、まずはファルマスタッフの専門家に相談してみることが大切です。

転職サービスに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

まずは転職市場に自分を出してみて、どのくらいの会社からオファーがもらえるのかを確認してみるといいです。

そのうえで魅力的なオファーがあれば転職を考え、見つからなければ現職でのスキルアップに注力するという選択もあります。

自分がどうなりたいのか、どうなれるのかを常に考えながら、目の前の仕事を通じてキャリアを形成していくことが大切です。

まずは目の前の仕事においてできることと、自分自身の市場価値を確かめることから始めてみるのがよいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

私自身も不安があり、客観的な視点でプロに評価してもらい、選択肢が広がりました。(記事はコチラ

💊 ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

今、国は悪質な転職サイトの規制を強化しています。転職サイト利用の際は、ファルマスタッフのような優良認定を受けているところを利用しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

薬局薬剤師です。
若手の薬剤師教育や学会発表、論文投稿などに興味があります。
m3や雑誌への寄稿や、某大学非常勤講師歴もあります。
ファクトベースで物事を話さない(=感覚でものを言う)人は苦手です。
今後の業界の変化に対応できるように、業界情報や専門的なスキル、そして薬剤師としての働き方などについて情報発信していきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA