☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

入社1カ月で辞める新人薬剤師について

3 min 1,064 views

最近ブログ更新していなかったので、薬剤師ブロガーとして戻るために文字を書くリハビリをしていこうと思います。

なので役に立つ内容とかないです(笑)

タイトル通りに、入社1カ月で辞める新人薬剤師についてです。

少し前にSNSで大手チェーン薬局に入社した人がもう辞めたといった内容の情報が話題を集めていました。

えーっ、まだ1カ月でしょ?しかも保険薬剤師の登録もまだだから薬剤師らしい仕事をしていないんじゃん。なんで辞めたんだろ?

というのが私の感想なのですが、SNS上では「さすが大手チェーンwww」と大手チェーン薬局が原因みたいな意見が多かったかなと思います。

はい、わたしはこれ1カ月で辞める薬剤師は、入社したのが大手チェーンだから辞めたわけではないんじゃないかな~と思います。

というわけで以下は何故、大手チェーン薬局では入社後1カ月で辞める新人がいるのか?の考察です。

何故、大手チェーン薬局では入社後1カ月で辞める新人がいるのか?

何故、大手チェーンでは入社後すぐに辞める薬剤師がいるかの大きな要因としては、入社する薬剤師が多いからですよね。

アイン、日本調剤で2021年に入社した薬剤師数は1000人超えますからね。

とりあえず就職活動とかよく分からないから、大学時代の友人がアインや日本調剤に就職したから自分も就職したっていう新人薬剤師多いですからね。

るるーしゅ

るるーしゅ

大学の先生から話を聞くと、学校内のインフルエンサーの影響が周りの学生の進路に大きく影響を与えていると言ってるからね
(だからインフルエンサーを捕まえるのが効果的)

あまり自分のキャリアも考えず、とりあえず周りに流されて大手チェーンに入社したけど、やっぱり自分には合わないとか思う人が一定数はいるんだと思います。

上記の記事にあるように価値観の違いはあるのかもしれませんし、本当にブラックやヤバイと思ったら辞めたほうがいいです。ただアインや日本調剤はSNSだと色々とネガティブな意見がでていることが多いかもしれませんが、新人教育としては悪くはないだろうなという印象です。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師の基本の型となる体系的な研修プログラムはあったほうがいいかと思います。

実際には1カ月で辞めた人はまわりにいる?(新人編)

さて実際にわたしも新卒薬剤師で早々に辞めたひとに出会ったことはあります。そもそも薬局で働く気がなかったという人や、メンタル面でなかなか難しい人でした。

こういう人たちが入社後早々に辞めたからって、うちの会社が悪いからだ!と言われたら、それはちょっと違うんじゃない?と言いたくなります。(そもそもなんで採用したんだ!?みたいな話になりますが)

実際には1カ月で辞めた人はまわりにいる?(転職編)

あとわたしの前の職場ですが、かなりハードで常に薬剤師不足でした。まぁ色々とアレな部分もあって転職してきたと思ったら早々にいなくなっている方が多かったです。

・・・これは職場が悪い(汗)

早々に転職することは間違いじゃなかったと思います。わたしは最初にここに入社したし、人間関係だけはよかったので長居してしまいましたが、長期的なキャリアを考えたらダメだったんだろうなと思います。

結局何がいいたいの?

ちょっとダラダラと関係ないことも書きましたが、入社後早々にやめる薬剤師たちはいるかもしれないけど、それを所属の会社がアレだからというのは、違うかもしれないよ!ということです。

算定にノルマがあったり、強引にジェネリックに変更してたり、理解していないのにかかりつけ薬剤師契約してたり一包化の際に落ちた錠剤を廃棄にしないでそのまま使用とあるかもしれないけど・・・

あっ最後は大手チェーンはあまり関係ないか

るるーしゅ

るるーしゅ

自分で書いててなんだけど、↑みたいなことを社会人になって早々に沢山目にしたら、「この会社ヤバイ」ってなるかもしれないですね

結論:なんで辞めたのか理由が分からないから、結局何とも言えない。大手チェーンだからとか関係ない気もするが、やっぱりあるかもしれない。

先輩薬剤師から新人へのアドバイス

大学で学んできたことと現場で乖離があり、やる気をなくすということはよく耳にしますよね。これは何とかしたいけど、なかなかすぐにはどうこう出来ませんが一緒になんとかしていきましょう。わたしも私なりにあがいています。

また中には「薬剤師向いていない」と思っている人もいるかもしれないけど、わたしも向いていないと思いつつ何とか薬剤師やってますし、社内ではそこそこのポジションにもいます(給料に不満あるが)
(関連記事:「薬剤師の仕事向いていない」と悩む若手へ、先輩薬剤師からのアドバイス

長い目で見ると、薬剤師は余ることは一万年と二千年前から言われてました。今は、まず配属されている店舗に自分の居場所を作ることが大切ですが、余裕ができたら自分のキャリアについて考えてみましょう。
(関連記事:若手薬剤師はキャリアを考え、中堅以降は若手のキャリア形成について支援しよう

今の職場、やばいかも?!と思ったら大学時代の同級生や先輩などに相談してみましょう。そういう人がいない場合は、転職支援サイトに相談してみるのがいいでしょう。

オススメの紹介会社

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA