≫【2023年度版】薬剤師向け転職サイトの利用方法

【薬剤師が解説】12歳未満のインフルエンザにゾフルーザはタミフルと比較してどうですか?(miniSTONE-2)

ゾフルーザVSタミフル

以前、日本の審査報告書をもとにゾフルーザ(バロキサビル)が12歳未満に効果があるかを調べましたが、新しい研究結果がでておりましたので今回紹介いたします。

もしまだ前回の記事を読んでいない方は是非とも読んでいただければ幸いでございます。

るるーしゅ

るるーしゅ

日本での研究は、対照群のないさんたの研究だったけど、今回はゾフルーザVSタミフルのガチンコ勝負です。

\ 今の職場でこれから10年働き続けられますか/

miniSTONE-2研究について

Baker, Jeffrey, et al. “Baloxavir marboxil single-dose treatment in influenza-infected children: a randomized, double-blind, active controlled phase 3 safety and efficacy trial (miniSTONE-2).” The Pediatric infectious disease journal 39.8 (2020): 700-705.PMID:32516282

るるーしゅ

るるーしゅ

上記の文献のアブストラクトをまとめると、以下の通りです。

主要評価項目が有害事象の割合なんですね。
それでも高いですね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

副作用ではなく、有害事象だからね。
本文に副作用(薬に関係した有害事象)は、バロキサビルでは2.6%(3/115)、オセルタミビルでは8.6%(5/58)と書かれているね

合併症の発症割合に違いはあるか?

ちなみに合併症の割合に違いとかあったりするんですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

ないね

バロキサビル7.4%、オセルタミビル7.0%だからね

変異ウイルスについては?

耐性ウイルスについてはどうなんですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

日本での研究同様に5歳未満に多く発生してたみたい。
ただこのあたりは、あまり背景知識が乏しいからよく分からないし、耐性ウイルスと呼ぶべきなのかもよく分からない

本研究に対して

日本で行われた研究と違い、オセルタミビルと比較しているため参考になるかと思います。
変異ウイルスについて、どう考えるかでスタンスが変わってくるような気がしますが、過去にタミフル(オセルタミビル)で下痢や嘔吐、味の問題で全く飲めないような子どもには使用するの問題ないのではないかなと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

そもそも抗インフルエンザ薬を使用する必要があるかどうかも考える必要があるかもしれないですけどね。

これから薬剤師としての働き方に不安を感じたら…

まずは専門家に相談しよう!

薬剤師を取り巻く環境が変化しつつある状況で、不安や不満を感じつつ我慢して、今の職場で働き続ける必要はありますか?

時間と共に、キャリアの選択肢は狭まってきます。

「将来を考えると不安」「今の環境を変えたい」そんな状況から抜け出すには、相談して客観的なアドバイスをもらう事が大事です。

るるーしゅ

るるーしゅ

今の職場で働き続けていいのか悩んだら、まずはファルマスタッフの専門家に相談してみることが大切です。

転職サービスに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

まずは転職市場に自分を出してみて、どのくらいの会社からオファーがもらえるのかを確認してみるといいです。

そのうえで魅力的なオファーがあれば転職を考え、見つからなければ現職でのスキルアップに注力するという選択もあります。

自分がどうなりたいのか、どうなれるのかを常に考えながら、目の前の仕事を通じてキャリアを形成していくことが大切です。

まずは目の前の仕事においてできることと、自分自身の市場価値を確かめることから始めてみるのがよいと思います

るるーしゅ

るるーしゅ

私自身も今のままでいいのか不安があり、転職したほうがいいのか、客観的な視点でプロに評価してもらい、選択肢が広がりました。

💊 ファルマスタッフ

公式 https://www.38-8931.com/

今、国は悪質な転職サイトの規制を強化しています。転職サイト利用の際は、ファルマスタッフのような優良認定を受けているところを利用しましょう。

るるーしゅ

るるーしゅ

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。本記事内容がお役に立ったのであればSNSでの拡散ランキング投票いただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
るるーしゅ

るるーしゅ

薬局薬剤師です。
若手の薬剤師教育や学会発表、論文投稿などに興味があります。
m3や雑誌への寄稿や、某大学非常勤講師歴もあります。
ファクトベースで物事を話さない(=感覚でものを言う)人は苦手です。
今後の業界の変化に対応できるように、業界情報や専門的なスキル、そして薬剤師としての働き方などについて情報発信していきます。
初めてのかたへ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA