どっち?緑内障がある患者さんにPL顆粒が処方されたときに確認するのは処方医?眼科医?

薬局薬剤師の日常

今回は薬局で働く薬剤師なら、一度は遭遇したことがある事例について、すこし突っ込んでいこうと思います。




メガネ
これは、確かにそうですよね…PL配合顆粒の処方するためにそこまで配慮する必要ある?って思いますよね…
るるーしゅ
緑内障は中年以降が多いから、そもそもPL自体、あまりよろしくないんじゃないかなって思ってしまうんだよね~

アンケートのご協力お願い致します

るるーしゅ
上記で薬剤師、医師を対象にGoogle Formによるアンケート実施しています。ご協力お願いいたします



アンケート結果発表

るるーしゅ
それじゃあ、上記のアンケートの結果を公開していくよ
開放隅角緑内障か、閉塞隅角緑内障か不明な患者にPL配合顆粒が処方箋がでました…この場合、確認するのはPLを処方した医師ですか、それともこの患者の緑内障をみている眼科医だと思いますか?

るるーしゅ
私の感覚も多数派だね~
上記のコメント
  • 閉塞はレーザーでの開通処置が第一選択だったと思うので、処置提案されたことがあるかとかも判断の材料になると思います。
  • PLの必要性が感じられない
  • 患者さんが把握してなければ、ここで確認することで市販薬を買うときに役に立つと思う。
  • この場合の患者さんへの聞き取りでは緑内障が開放か閉塞かを聞いてもよいのでしょうか?直接ではなくても眼科の診察内容を聞いても失礼ではないですか?
  • 大抵は、症状を確認して、必要なら対症療法の単剤を推奨すると変更になります。
  • 絶対にPLでなきゃいけない、っていう状況は無いため。
  • 先の処方は眼科で、かつ臨時薬だから
  • 閉塞でなくともPLにこだわらなくても良いと思うので、風邪処方を変えてもらう
  • 個人的には、PLの添付文書上の禁忌が緑内障の種類を問わずなので、開放隅角でも疑義照会すべきかと思います。
  • 基本的には処方箋受けた医師に対して疑義照会するもんだと思うので。
  • 本当ならば閉塞なのか開放なのか、また急性発作の既往の有無を眼科医に確認したいが、似た状況(別疾患)で処方医でない主治医に疑義した所、たらい回しにされた経験がある為、現在は処方医に確認する事にしている
  • 開放/閉塞の確認
  • 緑内障患者に総合感冒薬であるPLでなければいけない理由がない。
  • 同一病院の内科眼科なら迷うかもしれないが、眼科CLと内科CLで別々の場合、急性期処方の内科の処方のが変更になる可能性が高いから。
  • もちろん前提として緑内障の分類の出力必ず確認場合必要だし、最低限使用する薬の制限があるかどうかは確認しておくのがベターだと思う。
  • PL処方医が、眼科医の意見を添えないと閉塞の患者でも処方変更してくれないため必ず眼科医に確認しています。
  • 一度緑内障の種類を確認しておけば、薬歴に残し今後にも役立てられるので。
  • PLを処方した医師の性格に難がある場合、素直に対応すると思えないから
  • 眼科問い合わせからの内科問い合わせ(情報共有)
  • 緑内障の種類はわからないが使用できない可能性を伝えて症状に合わせた代替薬を提案すれば解決すると思われるから。実際にこのケースを経験しましたが、わりとあっさり「じゃあなしで!」って言ってくる内科医の多さ 笑
  • 内科医だったら まず眼科に確認してって思うので
  • そもそも風邪様症状に安易にPL顆粒を出す医者に問題があるように思えます
  • PLは分解処方してしてもらいやすい。カロナール+抗ヒスタミン剤等々
  • なぜ患者本人に確認するという選択肢が無いのでしょうか。本人の強い希望であった場合どちらに疑義してもトラブルにしかならないと思います。最悪処方を止めた医師にも不信感を持つため今後の治療に影響が出る恐れがあるのでは。もし患者本人がPLにこだわっていてあきらかにプラセボだなと思ったら鼻炎の状態にもよりますが患者本人にSG顆粒を見せてこれなら目に影響ありませんがいかがでしょうか?と聞いてみますね。よく似てるのでお守りにはいいかなと。あらかじめ了解が取れていたら内科の先生に提案しやすいですし。
るるーしゅ
コメントくださった方、大変ありがとうございます。
このコメントが薬剤師個々の頭の中をのぞける気がして、とても参考になります。

興味深いコメント

・今回、眼科へ確認することで今後につながるといったコメント

るるーしゅ
これ、確かにそうだよね。患者がきちんと把握していないから今回確認しておくことで患者の未来に役立つからね。
今回だけではなく、今後を見据えた行動、素晴らしいです。

・添付文書上は、閉塞・開放限らず禁忌なのでは?といったコメント

るるーしゅ
確かに添付文書の記載上はそうなのだけど、開放隅角なら薬学的に使用可能だというしっかりした根拠があるので問題はないのかな~と思います。
(そこまでしてPL使う必要あるかはおいておいて・・・)

・PLを出す医師の性格について

るるーしゅ
うん、どっちのパターンもわかるw

あと事例としての前提で、患者に確認したうえ(緑内障はあるが、開放、閉塞は不明)でって記載がなかったので、まず患者へ確認だろ?ってコメントが出たのも「確かに」って思いました。