薬剤師のための失敗しない転職マニュアル

ポビドンヨードうがい液の使用はアリなのか、ナシなのか?

8 min 868 views

薬剤師を襲ったポビドンヨード騒動(0804騒動)

社内で「大阪都知事が余計なことを言いやがった」と言ったら、都知事じゃなく府知事だよという突っ込みを受けました。
その理論なら北海道は道知事なんですかね?よくわからないです。

今回の大阪府知事、大阪市長の共同会見のあとのポビドンヨードの論点が散らかっているので、少し整理して、薬剤師視点でポビドンヨードうがい液の使用がありなのか、なしなのかを考えてみようと思います。

大阪共同会見の内容について

まずは8月4日の会見の際のデータについてです。こちらのリンクで8月4日に説明した資料が確認できます。

「ポビドンヨードによるうがい」の新型コロナ軽症患者への活用について
~ 大阪はびきの医療センターでの研究成果 ~

  • 府の宿泊療養施設の療養患者(41名)を対象として実施(大阪府・市が研究に協力)
  • 1日4回 ポビドンヨードによるうがいを実施(起床時・昼食前・夕食前・就寝前)
  • 入所中、毎日、唾液検体を採取しPCR検査を実施
  • その結果、「ポビドンヨード含嗽で宿泊療養者の唾液ウイルス陽性頻度は低下する」とされた。

つづいて、大阪はびきの医療センターの研究計画書の概要です。

背景

  • SARS-CoV2 は口腔内でウイルスが増殖、唾液中にウイルス量が多い特性
  • COVID-19 患者の唾液中ウイルス消失低減で、肺炎など重症化抑制可能と想定
  • ポビドンヨードは広範囲なウイルスに対し、殺ウイルス効果を有する

これまでの研究成果

ホテル宿泊療養 COVID-19 患者を対象(府健康医療部のご協力)
ポビドンヨード含嗽の有無と唾液 PCR 陽性頻度を評価

結果:ポビドンヨード含嗽で宿泊療養者の唾液ウイルス陽性頻度は低下する

本観察研究の概要

  1. ホテル宿泊療養施設でのポビドンヨード含嗽の重症化抑制にかかる観察研究
  2. 大阪府市と連携のもと、大阪ホテル宿泊療養施設を研究 field とする。
  3. 入所者にポビドンヨード含嗽をして頂く。
  4. 当該含嗽者データ、既存非含嗽例データを大阪府市から提供頂き、比較検討。
  5. 宿泊療養から医療機関への入院搬送を endpoint として評価。

波及効果

  • ポビドンヨード含嗽による COVID-19 患者唾液中ウイルス低減・消失の加速
  • 患者さんへの寄与:唾液ウイルスの誤嚥による COVID-19 肺炎への悪化抑制
  • 医療現場への寄与:重症例比率低下による医療負荷の軽減

突っ込みどころ満載ですが、いったん無視します。
そして以上のデータにより吉村府知事は大阪府民に下記のお願いをしました。

大阪共同会見の問題点

正直、会見で発表されたデータだけではわからないことだらけで判断できないというのが正直な印象です。

過去記事でも書きましたが、薬の効果とは、薬の薬理作用プラセボ効果自然経過が合わさったものです。

今回の会見のデータに説得力がまったくない

ポビドンヨードうがいじゃなきゃダメなのか分からない

薬の薬理作用だけを見るためには、比較対照群はうがいなしではなく、水うがいでしてほしいです。(3群比較でもよかったかも)
うがいなしと比較だと水うがいでもいいのか、ポビドンヨードうがいじゃないとダメだったのか判断できないからです。
(製薬メーカーが関わると、大体いい結果を出すためにこういうことがあるのはよく見かけますが、今回のそうじゃないですよね)

本当にポビドンヨードうがいが要因なのかもわからない

続いて、自然経過がポビドンヨードうがい群と対照群でばらつきがないかも重要ですよね。
例えば、ポビドンヨード群のほうが若年層が多かったとか、実は発症から日が経ってたとか、喫煙者がすくなかったとかあったりすると、ポビドンヨードうがいのおかげで唾液中のウイルス陽性頻度が低下したのか分からなくなりますからね。
(大阪はびきの医療センターの倫理審査委員会の会議録では、非盲検ランダム化比較試験っぽいんですが、それなら迅速審査じゃダメですよね…)

endpointの宿泊療養から医療機関への入院搬送はどうだったの?

大阪はびきの医療センターの研究計画書の概要のなかでは、endpointは宿泊療養から医療機関への入院搬送なはずです。これを調べるための研究デザインを立てたはずなのでしょうが、全く出てきてません。

おそらく軽症者や無症候性のかたの41人では結果が出なかったんでしょうけど・・・(もしポジティブな結果が出ても、なかなか操作できるアウトカムなので物議をかもしたでしょうが)

だからポピドンじゃなくて、ポビドンだって言ってるんだろ(ネタ)

グラフのなかでポビドンヨードとポピドンヨードの名称が混在しています…

買い占めが起こらなければ、在庫はなくならない

これは大阪市長の会見での発言ですね。「マスクと違い、国内で製造しているし、話もつけてあるので買い占めが起こらない限り、在庫がなくなることはない」といった発言をしていましたよね。

はい、ソッコーでなくなりましたよ、これは大阪共同会見の中継をしていたミヤネ屋の煽りも関係したかもしれませんが、本当にあっという間になくなりましたよ。

ポビドンヨードうがい液の使用はアリなのか、ナシなのか?

そろそろ眠くなってきたので、ポビドンヨードのうがいはアリなのか、ナシなのか私なりの見解を述べたいと思います。

アリなのかナシなのかは、利用目的によるのではないかな?

目的:早くPCR検査を陰性にしたいから使用したい

まずは唾液内のウイルスを減らすことで、PCR検査を早く陰性にしたいから、ポビドンヨードでうがいをしたいという場合(そんな人はあまりいないかと思いますが、早く退院することで仕事復帰などの理由がある場合ですね)

るるーしゅ

るるーしゅ

唾液内のウイルスが減ったからと言って体内のウイルスが減って治っているわけではないから…

解熱剤を飲んでて、熱は37℃未満だから職場にいっていいか?みたいな話だと思うよ

目的:肺炎などの重症化予防のために使用したい

つづいて、肺炎などの重症化予防のためにポビドンヨードでうがいをしたいという理由ですね。新型コロナウイルス感染症は最初は風邪症状で7日~10日程度で急に重症化する方がいるのが特徴と言われています。

そのため軽症の時点で、ポビドンヨードでうがいすることで重症化を予防できるのなら、やってみたいという意見もよくわかります。

るるーしゅ

るるーしゅ

風邪やインフルエンザで口腔ケアをすると、重症化しないみたいなエビデンス知らないから、なんとも言えないな

ただこの研究の本来のendpointが宿泊療養から医療機関への入院搬送なのにオープンにしてないってことは、軽症者ではいい結果でてないんだろうね

目的:新型コロナに感染しないために使用したい

今、ポビドンヨードうがい液が在庫切れを起こしているのは、こちらの理由による購入が一番多いからではないでしょうか?

新型コロナウイルスのウイルス量を減らすうがい液だから、これを使って定期的にうがいしていれば感染予防になるのではないか?と思ってしまうのも無理はないかと思います。ただ・・・

えっと…今回示したデータは、すでに感染している人を対象にしているので予防効果があるかは不明です。

ただ風邪の発症予防に、うがいなしvs水うがいvsポビドンヨードで比較した過去の研究では、水うがいが一番良くて、ポビドンヨードとうがいなしでは差がなかったという研究があります。

自己の感染予防対策なら、水うがいで十分かと思います

厳密に言うと、うがいなしではなく、うがいの介入なしだけど、分かりやすさを重視してます

目的:家族内感染等のリスクを下げるために使用したい

最後に家族内感染のリスクを下げるためにポビドンヨードでうがいしたいという理由ですね。わたしが会見を聞いた感じでは、これがメインな気もしましたがどうなのでしょうか。

るるーしゅ

るるーしゅ

これは別にいいと思います(私はやらないけど)

理由は以下の通りです。

家族内感染リスクを下げるために、ポビドンヨードうがいをしてもいいと思う理由

  • 家でマスクをするのが現実的だと思わないから
  • 新型コロナウイルス感染症が発症する2日前より感染力を有しているため
  • ポビドンヨードのうがいの安全性は高い(トランプのクロロキンとかより全然)
  • マスクを推奨することで、手洗いやフィジカルディスタンスは疎かになる可能性はあるが、ポビドンヨードのうがいをすることで手洗いが疎かになる気はしないため(むしろやる方向になるのでは?)
  • 海外の歯科の感染対策で処置の前にうがいさせようとか言ってるし
    (Prior to the treatment, we recommend rinsing with a mouth wash to reduce the virus load in saliva prior to beginning dental treatment. Hydrogen peroxide (1–1.5%) or povidione iodine (0.2%) were reported to be most effective.)Recommendations for Dental Care during COVID-19 Pandemicyより
  • 日本の歯科の新型コロナウイルス感染対策のガイドラインでも処置前のうがいを推奨しています。
るるーしゅ

るるーしゅ

もちろん、患者の治療薬や予防薬といった勘違いや、イソジン牛乳のように飲むやつ、妊婦、甲状腺疾患の患者とかの使用には注意しなきゃだけどね

るるーしゅ

るるーしゅ

エビデンスがあるかのようにして、上記の方にポビドンヨードうがいをお願いしたのはまずいかもしれないが、他者への感染リスクをさげる可能性もあり、安全性も高いのでよかったら試しませんか?という内容自体にはそこまで違和感はないんだ

大阪だけではなく、海外でも言っている人いるみたいだし

上記のmedscapeの記事の中(Not Foundになっていますが、ちゃんと飛びます)で、David Thomasさんが言っていることはもっともだと思います。

Without the evidence, we cannot make any formal recommendations for the public. Research needs to be conducted to determine if oral rinses have any impact first.

エビデンスがなければ、一般の方に正式な勧告をすることはできません。まず、経口リンスが何らかの影響を与えるかどうかを判断するための研究が必要です。(DeepL翻訳)

これを大したデータもなく、正式に言ったのが大阪府なのかなと思います。(だから叩かれるのは当然だと思います)

ただ下記の意見も非常時で家族内感染が増えている現状では分かる部分があるなと思います。

We acknowledge that the proposal we present extrapolates in vitro finding into the in vivo setting and that assumptions are made that under normal circumstances we would confirm with in vivo data prior to recommendations for use. However, given the strength of in vitro evidence and the low risk, minimal cost and global applicability of the proposed intervention, which amounts to disinfection of the oro/nasal cavities, we feel that there is little to lose and potentially much to gain.

我々は、我々が提示する提案がin vitroでの知見をin vivoでの設定に外挿したものであり、通常の状況では使用を推奨する前にin vivoのデータで確認することを前提としていることを認識している。しかしながら、in vitroでのエビデンスの強さ、低リスク、最小限のコスト、提案された介入の世界的な適用可能性を考慮すると、我々は失うものはほとんどなく、潜在的に多くの利益を得ることができると考えている。

おそらくイメージとしてはこんな感じではないでしょうか?
ポビドンヨードでうがいすることにより他者への感染リスクが少し減るかもしれない。(数字には何の根拠もないので鵜呑みしないように)

とはいえ既にポビドンヨードうがいはないから、どうする?

さきほど紹介したmedscapeの記事の中に、小規模の研究ではあるが低濃度エタノールが含有されたマウスウォッシュでエンベロープをもつウイルス(新型コロナではない)を不活化できたという報告もあるようなので、アルコールを含んだ洗口剤とかでもいい気がします。

というか、普通の洗口剤でも歯磨きでもいいんじゃないですかね、なんなら水でブクブクうがいでもいい気がします。

るるーしゅ

るるーしゅ

家でもマスクをするでもいいと思う

吉村府知事はどうすればよかったのだろうか?

今回のポビドンヨード騒動ですが、吉村府知事がよくわからないデータを根拠として持ち上げて、重症化予防や感染予防に効果的と思わせたこと(勝手に誤解しただけかもしれませんが)が問題なのではないでしょうか?

もし吉村府知事が大阪はびきの医療センターのデータを用いずに、このあたりの文献ベース
「in vitroの結果しかないけど、安全性も高いし、歯科も処置前の感染対策として行っているのだから、家族内感染が増えている現状では感染しているリスクが高い人を対象に試してみるのはいかがでしょうか」
とか言ってたら、ここまで医療者からの批判はでてきましたかね?

吉村府知事のリスクコミュニケーションがうまくいかなかったため、現在の状況になっているのは否めませんが、どのような方法で行えば、感染しているリスクの高い人が家族内感染のリスクを下げるために、ポビドンヨードによるうがいを推奨できたか?と考えると、難しいなと思ってしまいます。

薬剤師の方にお願いしたいこと

今回の大阪府知事のポビドンヨードうがいの騒動で、振り回されて大変な思いをしているかと思います。

ただ生活のため感染リスクの高い職場で働かなくてはならない人たちが、他者への感染リスクを少しでも下げようとしている行動を馬鹿にするのはやめてほしいです。

ポビドンヨードうがい液を買いに来る人=ワイドショーに振り回されたリテラシーのない方

とレッテルを貼ってしまうのは、あまりにもかわいそうだなと思います。

ご検討いただけたら幸いでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

るるーしゅ

るるーしゅ

薬剤師歴15年目に突入しました!!
まだまだ勉強不足なので賢い皆さん色々教えてください。
あまり勉強していないよという方は一緒に学んでいきましょう!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今の薬局のままで本当に満足していますか?将来に不安はありませんか?
薬剤師のキャリアビジョンを考えたことがないかたはまずは相談してみよう
簡単1分 無料登録
今の薬局で働き続けて、将来生き残れますか?
色々一人で考えるより、まずは行動してみよう!
まずは無料相談