☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

乳がん検診で再検査となっても慌てないために知っておくこと

3 min 890 views

乳がん検診で再検査となってもほとんど乳がんではない?

るるーしゅ

るるーしゅ

先日にひきつづき、乳がん検診について説明していこうと思います。

また、乳がん検診…
なんか恨みでもあるんですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

いや、特にないけど…
まぁ乳がん検診で感度、特異度などの数字の読み方を習ったから色々な方に広めたいのと、がん検診リスク:自治体の4割説明せず 16年度調査 – 毎日新聞というニュース記事にもあるとおり、ちゃんとリスクを説明していないことが多いんだよね

自治体に限らず、薬局でも…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

それ以上はやめておこう!!
とりあえず、今回の四コマです。

再検査となったとき、本当に乳がんである確率は?

えっと…95%以上は乳がんではないの95%以上ってどこから出てきた数字ですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

あ~この数字は四コマからは出せないね。
この数字を出すためには、事前確率が必要になってくるからね。
これはがん統計から持ってきました、以下の通りです

年齢率(人口10万対)
0~40
5~90
10~140
15~190.068
20~240.73
25~299.13
30~3424.47
35~3963.456
40~44133.533
45~49215.331
50~54195.396
55~59197.872
60~64216.659
65~69214.955
70~74197.334
75~79178.949
80~84152.821

がん統計より

このデータがあると、出せるんですか?全然分からないんですけど…

メガネ

メガネ

問題です

日本では40歳の女性では10万人中、134人が乳がんに罹患しています。
乳がん検診のマンモグラフィーは乳がんの方に行ったら88%の確率で陽性(再検査)と出ます。また乳がんではない方にも9.5%の確率で陽性(再検査)と出ます。
では陽性(再検査)となった場合、何%の確率で乳がんですか?

るるーしゅ

るるーしゅ

これ実習生来たら、必ず問題で出すやつだよ

普通に88%じゃないんですか?

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

ちがーう!!1.2%ね!
薬剤師とか数字を扱う人は知っておいて!


[

るるーしゅ

るるーしゅ

つまり、今回の問題は陽性(再検査)と出た人は、オレンジ色の118人と9487人で9605人。
陽性(再検査)となった9605人中に、本当に乳がんである方は118人だから、1.2%だね
分かった?

はい、分かりました!!
この図を書けば、出来そうです。

メガネ

メガネ

年齢 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69
確率 0.08% 0.22% 0.58% 1.22% 1.96% 1.78% 1.8% 1.97% 1.95%

なるほど、確かに再検査(陽性)と出ても、95%以上は乳がんではないんですね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

うん、だからといって安心できるってわけではないが、この数字を知っておくことですこし楽になると思うんだよね。

オマケ

るるーしゅ

るるーしゅ

あとオマケなんだけど、今回はマンモグラフィーの検査の能力を感度88%、特異度90.5%で計算したけど、もしかしたら技術の進歩でもうすこし性能がよくなるかもしれないという仮の結果が以下のとおりね。
これは感度95%、特異度95%で計算してみた結果。

年齢 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69
確率 0.17% 0.46% 1.19% 2.47% 3.94% 3.59% 3.63% 3.96% 3.93%

これでも再検査と出ても95%以上は乳がんではないんですね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

つづいて、さらに技術が進歩して、血液1滴で検査できるようになった。そして感度が99%、特異度も99%の世界でのまたまた仮の話

年齢 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69
確率 0.90% 2.36% 5.91% 11.7% 17.6% 16.2% 16.4% 17.7% 17.6%

ここまで来ると、なかなかですね。
ただ99%の性能でもこんなもんなんですね…

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

そそ、だからニュースとかで早期発見できる○○が!ってあっても、う~ん…って思っちゃうことあるね

参考資料

マンモグラフィーの感度・特異度はこちらのデータを用いました。
BCSC Performance Benchmarks: Sensitivity and Specificity by Indication for Examination (2009 Data)

事前確率としての乳がんの年齢別の罹患率は、がん統計からです。
女性の乳がん罹患(全国推計値)

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. ご無沙汰しています。
    新ブログになってから初コメです。
    以前のブログでも同様の話題がありましたね。懐かしい。。。

    検査で陽性(再検査)なのに、95%以上は陰性っていうのが、世間的な感覚からすると違和感のあるところなんですが、、、

    これをもう少し違った解釈(ベイズ統計的)をしてみると、
    検査前は10万人に134人(0.13%)、検査を1回すると約1万人に118人(1.2%)になり、
    ”検査を1回すると陽性の確率が約10倍になる”ということになります。
    再検査、つまりもう1回検査すると、さらに陽性確率が10倍になる(計算略)。

    ということは、”検査”は”段階的に陽性確率を上げていく”、”スクリーニング”みたいなものと捉えることが出来るのかと思います。

    ここで、”検査を1回すると●●倍”の部分は、検査の感度と特異度の組み合わせによって決まるのですが、有病率(検査前の確率が)あまりに低いと、どんなに検査技術が向上し”●●倍”が高くなっても、再検査してみないと”なんともいえない”という状況は変わらないんでしょうね。。。

    また楽しみに読ませていただきます。

    • >通りすがりの喫煙者さん

      お久しぶりです。
      またこうやってコメントいただけると嬉しいです。
      以前のブログで書いたときは見事に計算間違いしておりまして…

      >有病率(検査前の確率が)あまりに低いと、どんなに検査技術が向上し”●●倍”が高くなっても、再検査してみないと”なんともいえない”という状況は変わらないんでしょうね。。。

      そうですね、確か血液でがんかどうか分かるかの検査も感度特異度が95%超えだった気がしますが
      若い世代に実施しても…って感じですよね。
      とはいえ、それで命が救われることもあるのでがん検診は扱いが難しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA