☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

日本薬剤師会の研究について参加してみませんか?

4 min 913 views

日本薬剤師会が全国の薬局を対象に研究参加の呼びかけを実施していました。

薬剤師会の会員以外でも参加可能ですので、多くの薬局が研究に参加し、現状を報告することで未来がより良い方向に向かっていくのではないかと思います。

ただ薬局薬剤師は研究のルール等もあまり詳しくないと思いますので、私がわかる範囲内でやるべきことやってはいけないことを紹介しますので、是非とも参加してみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

感覚でモノをいってちゃダメ、ファクトベースで話さなきゃね。

日本薬剤師会の研究について

それでは上記の薬剤師会の研究内容をみていきます。

研究の目的

「患者のための薬局ビジョン」に示されているように、かかりつけ薬局の第一義的な目標は患者が服用している全ての医薬品(OTC医薬品も含めて)の一元的・継続的管理である。しかし、患者が薬局に複数の医療機関の処方箋を持参する実態の報告はわずかで、お薬手帳による処方薬の把握の報告もほとんどない。また、薬局における患者の疾病等の把握状況も不明である。

そこで、本研究によって、薬局における患者情報の一元的管理の実態やその進捗状況、及び複数の疾病に対する薬物療法情報の把握状況を調査するとともに、疑義照会の状況及び処方薬の増減に与える影響を調査する。本研究によって患者の薬物療法への薬局薬剤師の関与の状況を調査し、今後、国民へ良質な薬物療法を提供するための施策へつなげたいと考えている。

さらに、薬剤師が患者の検査値を把握し、その情報から薬学的知見に基づいた処方提案(追加、変更、削除等)につながった事例を収集する。

このような医療に貢献した事例を集めることにより、薬局における患者情報収集の意義の理解が高まり、ひいては薬物療法の質的向上につながると考えている。

るるーしゅ

るるーしゅ

リサーチクエッションが明確のコレとは言えないですね…

今後、中医協等での議論に利用するデータを整備しておきたいという感じだと思います。

研究の責任者

公益社団法人日本薬剤師会副会長 宮﨑長一郎さんですね。

この方は、薬局薬剤師ももっと研究すべきと声をあげてた方で、お会いしたことはありませんが好印象をもっています。

るるーしゅ

るるーしゅ

この本が勉強になったからね、興味があったら読んでみてください。

日々分からないことを調べるのも研究だよね?といっててすごく親しみを感じました

研究の方法について

それでは具体的にどんなことをするのかというと、3月16日(火)に薬局に受診した患者情報をすべて報告する。(アンケートフォーマットあり)

・・・はい、けっこう大変です。

私が以前いた薬局だと、この時期は薬剤師2人で120枚くらい処方箋来るので、その分の処方データを入力するのはつらいです。(もう1人はパートなので、あまり残業できないし…)

記載項目について

それでは記載項目をみていきます。

①薬局施設情報と②調査票 1 薬局に関する情報は今の時点で記載できる内容が多いと思いますのであらかじめ記載しておくといいと思います。

大変なのが患者ごとに記載の必要がある③調査票 2 対象患者情報です。

1~18まであります(汗)
ポイントポイントでみていきましょう。

3.調査日(3/16)に受付けた処方箋の医療機関数

こちらは、複数医療機関の処方箋をもってきたかについてですね。

6.これまで(薬局で分かる範囲で)に応需した処方箋の医療機関数

これは当該患者が、いままでに処方箋をもってきた医療機関の数ですね。うちの薬局には処方箋持ってきてないけど、〇〇クリニックにもかかっているのはおくすり手帳でわかるというのは、カウントしなくていいです。

7.2020/12/1~2021/3/16 迄に応需した処方箋の医療機関数(同じ病院で複数科の処方箋を応需した場合は 1 とカウントする)

なぜかここにきて、医療機関数(同じ病院で複数科の処方箋を応需した場合は 1 とカウントする)といったことが出てきました。今までの医療機関数は、同じ病院で複数科の処方箋を応需した場合は 1 とカウントしていいと思いますが…

8.お薬手帳等で把握した 2020/12/1~2021/3/16 迄の受診医療機関数(同じ病院の複数科の処方箋内容は 1 とカウントする。自薬局で応需した処方箋内容は除く)

これはおくすり手帳で確認する事項です。自分の薬局以外で薬をもらっていた場合、カウントしていいんだと思います。〇〇クリニックからの処方箋は、うちでも出しているし、A薬局でも出しているって場合もカウントしていいんだと思います。

12.2021/3/16 の処方箋応需時に推測された疾患を選択してください(複数選択可)

この時の処方箋の内容からという意味でいいんだと思います。

13.2020/12/1~2021/3/15 までの処方箋応需時に推測された疾患を選択してください(複数選択可)

該当の処方箋内容から、ということでいいんだと思います。

14.お薬手帳等で推測された疾患を選択してください(2020/12/1~2021/3/16 迄。複数選択可。自薬局で応需した処方箋内容は除く)

これもおくすり手帳で確認すべき事項です。よその薬局でもらっていた処方内容から、予測される疾患を選択すればいいんだと思います。

アンケート内容をみてみた感想

今回の日薬の研究への所感ですが、この説明資料だけだと、記載内容の認識が個々で異なってしまわないかなという印象があります。

処方箋応需時に推測される疾患というのも処方箋の内容だけなのか、それとも薬歴情報を踏まえたうえなのかちょっと微妙ですよね(汗)

日薬の研究でやるべきこと、やってはいけないこと

それでは本研究実施にあたって、やるべきこと、やってはいけないことについてです。

やるべきこと

「薬局掲示用ポスター」 を来局者が見える場所に必ず掲示し、掲示する際は、最下部に薬局名と薬局電話番号を記載してください。

この日薬の研究は、個々の患者さんにインフォームドコンセントを実施しません。

日々の業務上のデータを匿名で利用するため、個々の患者に同意を取得せずに、オプトアウトといって「嫌なら申し出てください」という方法になっています。

るるーしゅ

るるーしゅ

拒否できる場がないと、倫理的に問題ですので必ず見える場所に掲示しましょう。

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、記入した紙の調査票・入力したエクセルファイル及び薬局掲示用ポスターは、報告日(データ入力日)から3年間保存してください。

これは研究のルール上、保管しておいて下さい

やってはいけないこと

本研究のために改めて患者インタビュー等を行うことは避け、あくまでも通常の薬剤師業務で知り得た内容を調査票2に記載してください。

わざわざ研究のためにデータを取得する必要はありません。あくまで現状を把握するための研究ですから。

日薬の研究の所感

項目の8と14のみ、おくすり手帳を確認して回答する必要があります。あとは後日でも対応可能かと思います。
(オプトアウトは必ず掲示しておいてくださいね)

薬剤師会を批判しているだけですと、今後もいい方向にはつながりません。

  • 薬剤師会に文句を言ったり、現場の声をもっと聞けとか言う
  • 薬剤師会の研究や調査には協力しない
  • 自分たちでも研究はしない
るるーしゅ

るるーしゅ

さすがにこれじゃ、どうしようもないだろ…

以前、京大の岡田先生の講演に参加した際に、「薬剤師の価値を示すのは薬剤師ですよね?」ということを話していました。

今回の研究がどのように活用されるのか不明ですが、薬剤師の価値を厚生労働省や国が示すのが当たり前と思っているようではだめだと思います。

大手以外ですと、なかなか研究に力を入れるのも難しいと思いますが、やさぐれて薬剤師会に文句ばっかり言ってても仕方ありません。

今だと、SNSなどで同志を見つけることも出来るでしょうから、そこからエビデンスを出していくことも可能なんじゃないかなと思います。

  • 日薬に文句を言うためにも研究に参加する
  • 研究には参加したくないが、文句はいいたいので自分で研究を実施する

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA