☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

【黒薬学術大会】インフルエンザワクチンの自己負担と薬剤師の勤務先の関係

3 min 342 views

先日、アンケートを取得していたデータ、n数はまだそこまで集まっていませんが、我慢できないので解析していこうと思います。

恒例ですが、学会でのポスター発表をイメージして書きたいと思います。

はじめに

インフルエンザは冬季に流行する呼吸器感染症で、日本では例年1000万人程度が感染する。
インフルエンザの予防方法として、首から下げるタイプの二酸化塩素製剤が市販されており、有効性に疑問視する声が多くあるが、2013年日本薬剤師会学術大会で発表された演題(インフルエンザ罹患者の実態調査と薬局従事者による空間除菌ブロッカーRの効果検証)では有効性があったのではないかと報告もある(1)

あくまで学会での報告ですので、真に受けないようにしてください

インフルエンザの予防方法としては、インフルエンザワクチンが一番効果的であり、CDC(センターオブジアース)によると(2)、2018-2019シーズンのインフルエンザワクチンの接種で、推定440万人のインフルエンザ罹患230万人のインフルエンザ関連の受診5万8000人のインフルエンザ関連の入院3500人のインフルエンザ関連の死亡が予防されたのことである。

インフルエンザワクチンはインフルエンザを予防するうえで重要であり、医療従事者は重症化のリスクの高い人との接触することも多いため、接種することが望ましいが、医療従事者でもあっても福利厚生での負担がない場合、半数近くが受けないなどという報告もあり(3)、そういうものなのかーと思う次第である。

というか、勤務先からの負担で打つのが当たり前だと思っていたが、どうやらそういうわけでもないようなので私の知的好奇心を満たすためにこの度、各勤務先のインフルエンザワクチンの負担状況を調査する。

方法

2020年11月5日から11月7日までの期間、KUROYAKUのサイト上(https://kuroyaku.tokyo/flu-vaccine-cost-free/)およびTwitter上(https://twitter.com/ph_lelouch)でGoogle Formでのアンケート調査を実施した。

アンケート項目は、勤務先、およびインフルエンザワクチンの費用負担についてである。

得られた回答を、統計解析ソフトEZR(バージョンシラン)を用いて、ロジスティック回帰分析を行い、勤務先による費用負担の状況に差があるのかを検討する。

結果

対象期間中に、155件の回答を得た。

勤務先人数割合
病院勤務2516.1%
個人~小規模薬局3824.5%
小規模~中規模薬局(10~200)4327.7%
大規模チェーン薬局(200以上)3019.4%
ドラッグストア1912.3%

インフルエンザの負担状況については、勤務先の全額負担が66%で多かった。

各オッズ比

EZRでロジスティック回帰分析をして出てきたオッズ比は以下のとおりである。
わたしの頭の中で病院をリファレンスとした各勤務先での全額勤務先負担の状況を示したかったのだがヨクワカラナーイ

勤務先オッズ比95%CI下限95%CI上限p値
病院0.7860.35701.7300.549
小規模~個人0.2390.07360.7740.017
小規模~中規模0.6820.24901.8700.457
大規模チェーン0.5450.18001.6600.285
ドラッグストア2.1800.64307.4000.211

これだけ、見てもさっぱりわからないですよね。とりあえず小規模~個人がp値が0.05未満で有意差ついていますね。

いい意味でしょうか、悪い意味でしょうか…

各施設での費用負担について

病院

小規模~個人

小規模~中規模

大手チェーン

ドラッグストア

考察

統計ソフトのEZRはよくわからない

今回の調査では、全額自己負担してくれる勤務先として、個人~小規模チェーンの薬局が84%と高く、一番低いのはドラッグストアで37%であった。

今回の調査では匿名での調査及びGoogle Formを用いたため複数回答も可能なため、この得られた結果の妥当性についてはなんともいえない。

とりあえずインフルエンザワクチン、略してフルチンをみんなで打ちましょう。

参考資料
  1. インフルエンザ罹患者の実態調査と薬局従事者による空間除菌ブロッカーRの効果検証,第46回日本薬剤師会学術大会
  2. What are the benefits of flu vaccination? | CDC
  3. 福利厚生インフルエンザワクチン接種は罹患による休業防止に役立っているか? 調剤薬局企業職員によるアンケート解析より”日本薬学会年会要旨集 139年会 (2019.03)

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ボーナス後に転職しようと思っている薬剤師へ
夏のボーナス後に転職を考えている方は、転職活動を始めるのは今がベストです。
無料登録はコチラ
ボーナス後に転職予定の薬剤師は今すぐチェック
無料登録はコチラ