☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

ファイザー社の新型コロナワクチンの有効性や安全性について現時点で分かっていることをまとめてみました

4 min 474 views

新型コロナワクチン情報アップデート

2021年の1月に薬剤師向けに新型コロナワクチンについて分かっていることの情報をまとめましたが、日々情報がアップデートされていますので、現時点でさらに分かっていることをまとめてみました。

上記は以前にまとめて記事ですが、前回の時点ではいまひとつ分かっていなかった下記の内容を追加しています。

有効性
  • 死亡や入院などを予防できるのか?
  • 変異株にもワクチンの効果が期待できるのか?
安全性
  • 日本人特有の副作用や副反応などあるのか?
るるーしゅ

るるーしゅ

今回、まとめるのはファイザー社のワクチンについてです。
アストラゼネガやモデルナのワクチンはまだ日本では接種できないためです。

新型コロナワクチンの有効性について

まずおさらいですが、ファイザー社の新型コロナワクチンは治験で、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果が95%あることで承認されました。

Polack, Fernando P., et al. “Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine.” New England Journal of Medicine 383.27 (2020): 2603-2615.より

ただ治験での結果を一般的に過大評価されることが多いです。(治験に参加する人は真面目な人が多い等)
そのため観察研究で一般の人たちでもちゃんと有効性が期待できるのか確認することも重要です。

日本より先にファイザー社のワクチンを接種した国々でワクチンの有効性のデータがでているのでざっくり紹介していきます。

イスラエルのデータ

ワクチン接種が一番進んでいるイスラエルのデータです。

Impact and effectiveness of mRNA BNT162b2 vaccine against SARS-CoV-2 infections and COVID-19 cases, hospitalisations, and deaths following a nationwide vaccination campaign in Israel: an observational study using national surveillance data – The Lancet

イスラエルの健康情報のデータベースみたいなところからワクチン接種した人、していない人で新型コロナの感染や重症化、死亡などを調べた研究ですね。(日本でもこういう電子データベースできるといいんですけどね)

大規模なデータベースからの2回接種してから1週間経過した人のワクチンの効果は以下の通りです。

  • 無症候性感染・・・91·5% (90·7–92·2)
  • 症候性感染・・・97·0% (96·7–97·2)
  • コロナに関連した入院・・・97·2% (96·8–97·5)
  • コロナに関連した重篤な入院・・・97·5% (97·1–97·8)
  • コロナに関連した死亡・・・96·7% (96·0–97·3)
るるーしゅ

るるーしゅ

これほど有効性が高いくすりは、ないと思います。
ワクチンの効果は本当にハンパないですね。

またこのイスラエルのデータ取得期間に流行していた新型コロナウイルスは、今日本で流行しているイギリス型の変異株です。

つまりファイザー社のワクチンを2回接種することで、イギリス型の変異株にも有効であることが示されています。

スコットランドのデータ

つづいてスコットランドでもイスラエルと同様に大規模な医療データベースが構築されており、ワクチン接種の有無と新型コロナに関連した入院を検討しています。

Vasileiou, Eleftheria, et al. “Interim findings from first-dose mass COVID-19 vaccination roll-out and COVID-19 hospital admissions in Scotland: a national prospective cohort study.” The Lancet (2021).

初回のワクチン接種から28~34日後(=2回接種してから7日~14日)の入院に対する有効率は91%(95%CI 85〜94)

るるーしゅ

るるーしゅ

ちなみにスコットランドはアストラゼネカのワクチンもうっていて、同様の入院に対する予防効果がみられたみたい

カタールでのデータ

3番目に紹介するのはカタールでのデータです。診断陰性例コントロール試験(test-negative case-control design)です。

るるーしゅ

るるーしゅ

PCR検査をして、陰性(陽性)と出た人のワクチン接種状況を調査した症例対照研究だね

Effectiveness of the BNT162b2 Covid-19 Vaccine against the B.1.1.7 and B.1.351 Variants

カタールでは英国型と南アフリカ型の新型コロナウイルスが流行している中での有効性のデータです。

英国株への感染予防効果
  • 1回目接種後・・・29.5%(22.9–35.5)
  • 2回目接種後から14日間・・・89.5%(85.9–92.3)
南アフリカ株への感染予防効果
  • 1回目接種後・・・16.9%(10.4〜23.0)
  • 2回目接種後から14日間・・・75.0%(70.5–78.9)
重症化の予防効果
  • 1回目接種後・・・39.4%(24.0–51.8)
  • 2回目接種後から14日間・・・97.4%(92.2–99.5)
るるーしゅ

るるーしゅ

1回接種だけだと効果がいまひとつ。ただ2回接種すれば、南アフリカ型にも効果がありそう

新型コロナワクチンの安全性について

つづいて安全性についてですが、先行接種した病院関係者の方(2万人弱)の接種後の副反応調査のデータが公開されています。(もちろん日本人のです)

新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査

るるーしゅ

るるーしゅ

2回目接種後の発熱や倦怠感の頻度は高いので、接種翌日は仕事休みだといいと思います。

最後に

今回は新型コロナワクチンのなかでもファイザー社のもののエビデンスをいくつか紹介しました。
見てもらえば分かる通り、今回の新型コロナワクチン有効性ハンパないです。

私は大の注射嫌いですが、この有効性をみてしまうと合理的に考えて、接種しない理由が見当たらないと思ってしまいます。とはいえ薬剤師でも接種したくないという人が一定数いることも理解しております。

ただ変異株の流行により、当初より集団免疫に必要な接種の割合は高くなっていることがアメリカで報じられています。日本ではまだ16歳未満への接種はできておらず、そう考えると接種できる人の8割程度がワクチン接種する必要があるんじゃないかな~と思ってます。

新しいワクチンだから長期的な安全性が~というのは確かにその通りなのですが、実際今までのワクチン、そして医薬品も長期的な安全性については分かっていないもののほうが多いです。(もちろんコロナに罹った際の長期的なデータも不足しています)

実はわかったふりをしているだけで、世の中わかっていないことのほうが多いです。長期的な安全性が~というので思考停止せずに、現時点での情報をもとに今はなにが必要なのか考えていただければと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

ワクチン忌避への対応に、薬剤師も活躍できるはずです。対立構造になると、行動変容が難しいですが、うまく対応してもらえればと思います。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA