☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

【備忘録】新型コロナウイルスのワクチンについて

5 min 449 views

新型コロナウイルスのワクチンについて色々と情報が出てきているので、患者さんに説明できるように内容をまとめようと思います。

はじめに(余談)

正直、新型コロナウイルスなんて、「風邪ウイルスのひとつなのでワクチンなんか出来ないだろ」と勝手に思っていましたが案外早くに結果を出してきて、正直びっくりなのと、ハンターハンターのネテロ会長のセリフが思い浮かびました。

人間を舐めるなよ、新型コロナウイルス…!

勝手に語尾をアレンジしちゃいましたが、本当にすごいと思いますし、希望の光が見えてきたなって気がします。

有効率について勘違いしていない?

それでは各論について記載していきます。まずは有効率についてですが、ファイザーワクチンの有効率が95%!と耳にすると、ワクチンを接種した人の95%が新型コロナにかからないと勘違いしてしまう方がいますが、違いますからね。

上記は誤りですのでね・・・有効率とは以下のように計算されます。

つまりワクチンを接種しても新型コロナウイルスに罹患したことのある人だけでは有効率は計算できなくて、プラセボ(偽物)を接種した人の罹患割合も必要になってきます。

上記の事例で考えると、1-100/300=0.67、つまり有効率は67%になります。

ファイザーのワクチンの有効率は95%

それではまずファイザーのワクチンについてですが、有効率95%以上という結果がプレリリースで出てますね。ざっくり内容を書くとこんな感じです。

ファイザーのワクチンの有害事象はどれくらい?

上記にプレスリリースの中で、有害事象についても触れています。
重大な有害事象の報告はなし、頻度が2%を超えるグレード3以上の有害事象は倦怠感(3.8%)頭痛(2.0%)のみです。

ただNEJMの論文によると…

倦怠感の割合(10〜30mcgの用量にわたる範囲)
  • 18〜65歳の成人の58%〜75%
  • 65〜85歳の成人では17%〜50%
注射部位の痛みの割合(10〜30mcgの用量にわたる範囲)
  • 18〜65歳の成人では58%〜83%
  • 65〜85歳の成人では33%〜67%
38℃以上の発熱の割合(10〜30mcgの用量にわたる範囲)
  • 18〜65歳の成人では0%〜17%
  • 65〜85歳の成人では0%〜50%

症状が軽度から中等度のものはけっこうな頻度で出そうですね、38℃以上の高熱が17%はすこしびっくりです。

Walsh, Edward E., et al. “Safety and immunogenicity of two RNA-based Covid-19 vaccine candidates.” New England Journal of Medicine (2020).より

ファイザーのワクチンは日本でも接種可能になるの?

ファイザーのワクチンは日本でも接種可能になるのか?については、厚生労働省が令和2年7月31日にプレスリリース出していますね

新型コロナウイルスワクチンの供給に係る米国ファイザー社との基本合意について

本日、厚生労働省は、米国ファイザー社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年6月末までに 6000 万人分のワクチンの供給を受けることについて、ファイザー社と基本合意に至りましたので、お知らせします。
今回の基本合意は、ファイザー社との間で供給量等の基本的な事項に関して合意を得たものであり、今後、最終契約に向けて速やかに協議を進めてまいります。厚生労働省では、引き続き、国民の皆様に対してワクチンを早期に供給することを目指し、様々な取組を進めてまいります。

るるーしゅ

るるーしゅ

6000万人分のワクチン確保

モデルナ社のワクチンの有効率は94.5%

つづいてモデルナ社のワクチンですが、こちらもファイザーのものと大体同じくらいではないかなと思います。

モデルナのワクチンの有害事象の割合はどれくらい?

プレスリリースではファイザーのワクチン同様、重大な有害事象は報告されていません。

頻度が2%を超えるグレード3以上の有害事象については、一回目接種後は注射部位の痛み(2.7%)、二回目接種後は倦怠感(9.7%)筋肉痛(8.9%)関節痛(5.2%)頭痛(4.5%)痛み(4.1%)注射部位の紅斑/発赤(2.0%)です。

モデルナのワクチンの有害事象情報もNEJMで発表されています。

全身性有害事象

1回目(すべてが軽度から中等度、頭痛と倦怠感が最も一般的)

25mcgで33%
100mcgで67%
250mcgで53%

2回目(最も一般的な倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛)

25mcgで54%
100mcgで100%
250 mcgで100%(21%に1つ以上の重篤なイベントを含む)

Jackson, Lisa A., et al. “An mRNA vaccine against SARS-CoV-2—preliminary report.” New England Journal of Medicine 383.20 (2020): 1920-1931.より

モデルナのワクチンは日本でも接種可能になるの?

ファイザー社のワクチンは日本でも接種可能になりますが、モデルナのワクチンについてはどうでしょうか?
こちらについても厚生労働省が令和2年10月29日にプレスリリース出していますね

新型コロナウイルスワクチンの供給に係るモデルナ社及び武田薬品工業株式会社との契約締結について

本日、厚生労働省は、米国モデルナ社及び武田薬品工業株式会社が新型コロナワクチンの開発に成功した場合、武田薬品工業株式会社による国内での流通のもと、来年上半期に 4,000 万回分(2,000 万人分)、来年第3四半期に 1,000 万回分(500 万人分)の合計 5,000 万回分(2,500 万人分)の供給を受けることについて、両者と契約を締結しましたので、お知らせします。
厚生労働省では、引き続き、国民の皆様に対してワクチンを早期に供給することを目指し、様々な取組を進めてまいります。

るるーしゅ

るるーしゅ

2500万人分、確保

mRNAワクチンについて

ファイザー社およびモデルナ社のワクチン、どちらもmRNAワクチンと呼ばれるもので、今まで市場化されているものはないそうです。

詳しいメカニズムは説明きいても、アホな私には他者へ説明できるほどの理解は得られませんでした。

ただRNAはDNAより不安定なので温度管理が大変であり、今後はドライアイス不足になるのでは?とも言われているそうです。

オックスフォード大学のワクチンの有効率は62%~90%

オックスフォード大学とアストラゼネガのアデノウイルスのベクターワクチンの情報も入ってきてますね。

全体では70%ですが、上記は二つの研究を統合したものです。

1回目は半量、二回目は全量を接種した研究では有効率90%(n = 2,741)
1回目、2回目ともに全量を接種した研究では62%(n = 8,895)

オックスフォード大学のワクチンの有害事象の割合は?

オックスフォード大学とアストラゼネガのワクチンについてはプレスリリースでは重大な有害事象およびグレード3以上の有害事象についても報告されていません。

第Ⅰ相等の情報も見つけられなかったです

オックスフォード大学のワクチンは日本でも接種可能?

オックスフォード大学とアストラゼネガのワクチンも契約は結んであります。(令和2年8月7日)

新型コロナウイルスワクチンの供給に係るアストラゼネカ株式会社との基本合意について

本日、厚生労働省は、英国アストラゼネカ社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年初頭から1億 2000 万回分のワクチンの供給(そのうち 3000 万回分については第一四半期中に供給)を受けることについて、アストラゼネカ株式会社と基本合意に至りましたので、お知らせします。
今回の基本合意は、アストラゼネカ株式会社との間で供給量等の基本的な事項に関して合意を得たものであり、今後、最終契約に向けて速やかに協議を進めてまいります。
厚生労働省では、引き続き、国民の皆様に対してワクチンを早期に供給することを目指し、様々な取組を進めてまいります。

まとめてみると・・・

会社タイプ回数有効率保管値段
ファイザー
ビオンテック
mRNA2回95%-70℃38$(£28)
モデルナ
(武田)
mRNA2回94.5%-20℃20$(£15)
オックスフォード大学
アストラゼネガ
ウイルス
ベクター
2回62~90%4℃?£3

オックスフォード大学のワクチンは保管が容易かつ安価なので、発展途上国にもワクチン接種が可能だそうです。ただ一番、データのn数が少なくて評価が難しいですね。

FDAはワクチンの有効率は最低でも50%と言ってましたので、ファイザーやモデルナのワクチンはおそらく認可されると思います。まだプレスリリースの情報なので、断定的なことは言えませんがレムデシビルやアビガンなんかのデータよりは期待できる印象です。

るるーしゅ

るるーしゅ

このプレスリリースでの有効率が実世界では全然効果なかったとかだったら、正直衝撃的だなって思います。

あまりワクチンの論文は読んだことないのですが、ここまですごいデータ出てても覆ることって今まであったんですかね?
研究参加者に対して、発症した数が少ない上に、感染症という特性上、身近でのクラスター発生などの外部要因も影響するとは思いますが、どうなんでしょうね

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. フルチンは毎年接種しているけど、このワクチンは様子を見たいところですね。
    <ある科学分野が熱ければ熱いほど(関与している研究チームが多ければ多いほど)、研究結果が正しい可能性が低くなる。
    『なぜ公表される研究成果のほとんどが間違っているの』というタイトルの論文でジョン・ヨアニディスらはこれを「プロテウス現象」と呼んでいる。
    物理学と違い、医学や生物医学はヨアニディスが指摘した問題であふれている。>そうですよ。

    話は変わりますが、にきび治療薬でゲンタシン軟膏を処方されたのですが、効果とデメリットのバランスが悪い薬ツィートがありました、通院先の評価が難しいですね。

    • >氷海さん

      お久しぶりです。
      ある科学分野が熱ければ熱いほど(関与している研究チームが多ければ多いほど)、研究結果が正しい可能性が低くなる。

      へーこういう格言があるんですね、知りませんでした。
      確かに新型コロナウイルス関連の情報は、科学的根拠とは別の政治的側面も多々見受けられますからね。

      うーん、ニキビにゲンタシンですか。
      一昔前に専門医以外では目にしたことありますが、最近はめっきりみなくなりましたね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA