☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

新型コロナウイルスの治療薬候補、まとめてみました

4 min 809 views

本記事は一般の方向けではなく医療関係者向けの記事になります。
一般の方には誤解を招き、自己判断で治験薬候補の薬剤もしくは違う薬剤を服用してしまう可能性があるため、読まないようにお願い致します。

先日、感染症学会の新型コロナウイルス感染症に関するシンポジウムがWEB上で開催されていました。
その中で、新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補についても紹介されていましたので備忘録としてまとめるのと、海外でどのような薬剤が期待されているのかも含めて紹介しようと思います。

本記事を読んでわかること

  • 今の日本で使われている新型コロナウイルス感染症の治療薬
  • 海外で期待されている新型コロナウイルス感染症の治療薬

新型コロナウイルス感染症の治療薬の現状について

現状、有効性がRCTで確認できている薬剤はありません。
一般の方が期待する服用すれば病気から全ての人が回復するような薬はないということです。

日本で使用されている治療薬候補

薬剤名理論備考
ロピナビル・リトナビルプロテアーゼ阻害剤抗HIV薬
ファビピラビルRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬新型インフルエンザ用
(季節性には効果なし?)
シクレソニド抗ウイルス作用と抗炎症作用気管支喘息
カモスタットセリンプロテアーゼの阻害逆流性食道炎、慢性膵炎
(日本、米国では未承認)
ヒドロキシクロロキン不特定の抗ウイルス効果エリテマトーデスの治療、
関節リウマチの治療、
(マラリアの治療/予防 )
レムデシビル RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬 エボラウイルス感染症

ロピナビル・リトナビル

カトレア配合錠®はSARSの時に使用され、その際のデータをリバビリンと比較した結果、死亡率やARDS発症率が低いことから、新型コロナウイルス感染症にも効果があるのでは?ということで使用されていたようです。

急性呼吸窮迫症候群(きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん:Acute Respiratory Distress Syndrome(以下ARDS))とは、重症肺炎、敗血症や外傷などの様々な疾患が原因となり重度の呼吸不全となる症状の総称です。
重症肺炎、敗血症や外傷などによって、炎症性細胞が活性化され、肺の組織である肺胞や毛細血管に傷害を与えます。その結果、肺に水がたまり、重度の呼吸不全が引き起こされます。
ARDSは一般的に、原因となる疾患や外傷が発生してから24~48時間以内に発生すると言われています。また、発症後の死亡率は全体の30~58%とも言われており、極めて予後が悪い疾患です。

https://www.healios.co.jp/development/ssc/ards/より引用

重症患者に対して、ロピナビル・リトナビルVS標準治療を実施した内容がNEJMにて発表されていましたが標準治療に関して利点を示しませんでした。

Cao, Bin, et al. “A trial of lopinavir–ritonavir in adults hospitalized with severe Covid-19.” New England Journal of Medicine (2020).PMID: 32187464

この研究結果が発表されてから、あまり使われなくなっているみたいです。

ファビピラビル

アビガン錠®ですね、新型インフルエンザ用で適応が通っており、エボラのときも騒がれましたが、結局エボラに対しても有効性に関するデータは示していないですよね(確かマウスだけなはずです)
催奇形性、高尿酸血症、肝機能障害の有害事象への懸念があります。

研究結果としては、上記のカトレア配合錠と比較したオープンラベルの研究が掲載されたり、撤回されたりしていますが、早期にウイルス陰性化、CT所見が有意に改善とのことです。

Cai, Qingxian, et al. “Experimental treatment with favipiravir for COVID-19: an open-label control study.” Engineering (2020).

また日本では発売されていませんが、ウミフェノビル( Arbidol®)とのRCTの研究がされています。主要評価項目の臨床改善割合に有意差はないですが、発熱や咳に対しては有意差がでていたようです。

Chen, Chang, et al. “Favipiravir versus Arbidol for COVID-19: a randomized clinical trial.” medRxiv (2020).

シクレソニド

シクレソニド(オルベスコ®)は吸入ステロイドですが、どうやら抗ウイルス効果もあるようですよね。
現状、比較した研究結果がでていないようなので、有効性に関しては評価が難しいと思います。

現在、比較検討試験が実施されているようです。

ただ吸入ステロイドで喘息の患者が使用していた実績があり、安全性に関しては問題ないと思います。

カモスタット

カモスタット(フオイパン®)ですが、セリンプロテアーゼ阻害作用によりSARS-CoV-2の細胞侵入をブロックする可能性のあるそうです。

現在、研究結果はでていなく、NCT04338906とNCT04321096の研究計画が登録されています。

ヒドロキシクロロキン

つづいてトランプ大統領がGameChangerと言っていたヒドロキシクロロキンですね。抗マラリア薬といっていたので日本にはないのかと思っていましたが、プラケニル®でしたね。

先日のシンポジウムの中では、投与量が難しいと話していました。

有効性を検討した研究は、軽度~中等度の方を対象に標準治療と比較しましたが、差はなかったようです。

Tang, Wei, et al. “Hydroxychloroquine in patients with COVID-19: an open-label, randomized, controlled trial.” medRxiv (2020).

またヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンの併用によるQT延長の有害事象に注意が必要です。

Molina, Jean Michel, et al. “No evidence of rapid antiviral clearance or clinical benefit with the combination of hydroxychloroquine and azithromycin in patients with severe COVID-19 infection.” Med Mal Infect (2020): 30085-8.

レムデシビル

レムデシビル はエボラウイルス用に作成された薬のようです。

有効性に関しては他剤と比較したデータがないため評価が難しいですが、4月にNEJMに発表されたデータがなかなか世界的に物議を醸しだしているみたいです。

今後の他剤との比較試験の結果に期待です。

Grein, Jonathan, et al. “Compassionate Use of Remdesivir for Patients with Severe Covid-19.” New England Journal of Medicine (2020).

るるーしゅ

るるーしゅ

これは、大曲先生も著者に名前を連ねているね。

海外での治療薬候補

海外で、潜在的に新型コロナウイルス感染症に有効ではないか?ということを治験を予定している薬剤について気になった薬剤のみ紹介いたします。

薬剤名理論備考
ウミフェノビル
Arbidol ®)
ウイルスエンベロープ結合の破壊、
ウイルス侵入の防止
インフルエンザ感染症
(米国では未承認)
アスコルビン酸 ビタミンC欠乏症
Aviptadil 肺におけるNMDA誘発性のカ
スパーゼ-3活性化の防止、
IL-6およびTNF-α産生の阻害
サルコイド、肺線維症、気管支痙攣、
勃起不全(ヨーロッパ、米国では未承認)
アジスロマイシンさまざまな細菌感染
コルヒチンサイトカイン応答の媒介の
可能性
痛風、家族性地中海熱
フルボキサミン強迫性障害
ロサルタン高血圧
ナプロキセン抗炎症様々な痛み
ニタゾキソニド寄生虫症の下痢
一酸化窒素新生児呼吸不全
ニボルマブ様々ながん
オセルタミビル抗ウイルス効果インフルエンザ
サルグラモスチム顆粒球マクロファージコロニー刺激因子白血病、骨髄移植
トシリズマブインターロイキン-6(IL-6)阻害サイトカイン放出症候群、
巨細胞性動脈炎、若年性関節リウマチ、
慢性関節リウマチ、
全身発症若年性慢性関節炎
バルサルタン高血圧、心不全

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA