考えてみませんか?今後の働き方について

【薬剤比較】花粉による眼のかゆみに効く医療用の点眼薬比較しました

3 min 118 views

今回は病院で処方される花粉症の目薬を薬剤師の視点で比較します。
花粉症で使用される目薬は、主に抗ヒスタミン薬と呼ばれる分類のお薬で医療用で4種類あります。

医療用の花粉症の目薬(抗ヒスタミン薬)

  • パタノール®点眼液0.1%
  • アレジオン®点眼液0.05%
  • ザジテン®点眼液0.05%(GEあり)
  • リボスチン®点眼液0.025%(GEあり)

上記の4種類について、有効性、安全性、コストの面で比較していきます。

なんでアレジオン点眼が人気なんだよ(怒)

るるーしゅ

るるーしゅ

アレジオン点眼をバンバン使うんじゃない!!

あ~日経DIの記事にも、アレジオン点眼が人気~とか書いてありましたよね

メガネ

メガネ

るるーしゅ

るるーしゅ

あの記事も提灯記事だよね、アレジオンが二位なのにタイトルでアレジオンが人気~とか書くの・・・

わたくしの今回の記事が、すこしでも現場の薬剤師のかたに届いて、医師へ情報提供へつながればと思いますので、もっとこういう情報が欲しい等あれば遠慮なくコメント等ください。

各薬剤のコストについて

各薬剤の1本あたりの値段は下記になります。(2019.3.30時点)

商品名用法用量1本あたりの値段
パタノール®点眼液0.1%1回1~2滴、1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼925円
アレジオン®点眼液0.05%1回1滴、1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼1820円
ザジテン®点眼液0.05%1回1~2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼610.10円
ケトチフェンPF点眼液0.05%「日点」®1回1~2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼361.90円
リボスチン®点眼液0.025%1回1~2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼610円
レボカバスチン点眼液0.025%1回1~2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼392円

上記の漫画とずれていますが、スイマセン・・・漫画のほうの値、間違えました

各点眼薬同士の比較試験について

パタノールVSアレジオン

アレジオン点眼液の第Ⅲ相試験にて

86人の症状の出ていないアレルギー性結膜炎患者に対して、パタノール+プラセボ(43人)もしくはアレジオン+プラセボ(43人)を投与した後、4時間後にアレルゲン投与した際の目のかゆみ、充血を評価した。
結果はパタノール、アレジオンの効果は同等だった

パタノールのメーカーの研究にて

50例のアレルギー性結膜炎の既往がある患者に、片目にパタノール、もう片方にアレジオンを点眼。5分後にアレルゲンを投与した後のかゆみ、充血を評価した。
結果は、パタノールのほうが優れていた
PMID: 25269854

るるーしゅ

るるーしゅ

まぁドングリの背比べ感はあるよね・・・ただ値段の高いアレジオンが優れているわけではないから、費用対効果は考えやすい

パタノールVSザジテン(ケトチフェン)

2000年の観察研究

アレルギー性結膜炎の症状が出ている患者80人に対してパタノール40人、ザジテン40人に投与した(ランダム化の記載なし)
結果は、パタノールのほうが改善したという人が多かった。
PMID: 11057352

DB-RCTのどっちがお好み?試験

80人の参加者に片目にパタノール、もう片方にザジテンを点眼して、どっちがいい?と尋ねた。また二施設で実施されており、片方の施設では有害事象も集めていた。
結果は80人、全員がパタノールがいいと回答。
有害事象を集めていた施設(35人)では34人(98%)がザジテン点眼後に軽度~中等度の刺激感を訴えた・・・
PMID: 11057355

るるーしゅ

るるーしゅ

この研究結果たち、微妙だね・・・なんかこの結果で評価は難しい

~まとめ~薬剤師のオススメの点眼は?

ここまで、読んでいただけたら分かるかと思いますが、わたしのオススメの花粉症用の点眼はケトチフェンPF点眼液0.05%「日点」です。

理由は、安価なことと有効性がアレジオン、パタノールと比較しても遜色がない上、PF製剤のためコンタクトレンズ使用者にも使い勝手がいいというところです。ただケトチフェン点眼液は、目の刺激感が高頻度で起こりますのでそれがどうかによると思います。
(人によっては、刺激感があるものを好む方もいますので・・・)

薬局によって、後発品の在庫の問題もあるかもしれませんが、ケトチフェンPF点眼液0.05%「日点」を在庫し、医師へアカデミックディテーリングしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


薬剤師業界も 売り手市場 から 買い手市場 に!!
今後、「必要とされない薬剤師」になってしまう前に、早めにキャリアの見直しを!
プロに無料相談してみる
「必要とされない薬剤師」になる前に見直しを!
まずは無料相談