☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

2021年もKUROYAKUをどうぞよろしくお願い致します。

3 min 360 views

新年あけましておめでとうございます。
2021年も本ブログをどうぞよろしくお願い致します。

今回は昨年のブログでどの記事がたくさん読まれていたかなどを紹介したりして2020年を振り返ってみるのと、2021年の抱負などを紹介したいと思います。

2020年を振り返ってみて…

2020年は本当に新型コロナウイルス感染症に振り回された一年でしたよね。
季節性インフルエンザより10倍~100倍危険な感染症が流行し、今までの日常がガラッと変わってしまいました…

そして危機的状況になると、人や会社の本性というのが姿を見せてるんだなと色々と興味深かったです。

ツイッター上での反省

リアルでは、2020年は社内で存在感を示すことができたのではないかと思います。
SNSでは、影響力の強い薬剤師アカウントに苦言を呈したこともあり、「やめときゃよかったかな」と反省しています。

こういうところが「ブレないですね」と一部に褒められることもありますが、やはりSNSでは仲良しこよしが重要なのかなと思います。

でも仲良しこよしだから、「おかしいですよ!カテジナさん!」と言えないほうがSNS上で嫌われることより嫌なので、そのあたり指摘の仕方をしっかりと考えきゃいけないなと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

今年はうまくやろうと思います。

そして今更なんですが、5chにわたしのなりすましがいたようです。

けっこう前の話なんですが、なりすましやられると結構嫌ですね。仲良しこよしをしておくことが無難なのかもしれませんね

都市部での薬剤師淘汰への序章

新型コロナウイルス感染症の流行により、薬局は処方箋枚数の減少で、派遣薬剤師の必要性というのが大都市では低下してしまいましたよね・・・

これが薬剤師淘汰への序章だと思うのですが、しっかりやっている薬剤師からすると朗報だと思います。売り手市場だと辞められたら困るからという理由で正しく人事評価ができていない部分が多かったですからね。

若い薬剤師の方々は、今後の薬剤師としての働き方を一度しっかり考えたほうがいいと昨年けっこう言ったつもりなんですが、あまり伝わっていないんですよね


上記は、リスクコミュニケーションの3つの目標ですが、私自身、情報を共有することに重きを置いていたのかもしれないので、仕方がなかったのかなと思います。

今年は、リアルやブログでも情報共有で満足せずに、その先の行動変容まで意識したアプローチを心がけたいと思います(今年の抱負)

あと正月休みで特にやることなくて、暇している薬剤師の方はせっかくなので、このまま今のところで働いていていいのかな?とか考えてみて下さい。

2020年の本ブログのPVが多かった記事

それでは2020年のアクセス数が多かった記事を紹介したいと思います。

ランキング1位

まず一位は、ツイッターで市販薬の乱用事例について調べて悩んだ話ですね。
自分が見ている世界がすべてではないと改めて痛感しました。そして市販薬を乱用してしまう人たちに薬剤師としてどのように関わっていけばいいのか、とても悩みます。

ランキング2位

つづいて第二位ですが、わたしが初めて泌尿器科へ行った際の体験談です。うん、まぁ…読む価値はないんじゃないでしょうか

ランキング3位

3位は、コロナでばたばたしてしまいましたが、令和二年度の調剤報酬改定のポイントについてですね。
ちゃんと調剤報酬と言わないと、「こいつ分かっていない」と叩かれるので皆さんも気を付けましょう(笑)

ランキング4位

4位は、けっこう気合い入れて書いた内容です。コロナが流行する前の内容ですが、もうすでに都市部では薬剤師余りが出てきて薬剤師の給料も低下が見込まれます…

薬剤師×〇〇の掛け算で生き延びる必要があるのかもしれませんが、掛け算である以上、1を超えていないとダメですからね。
多分、わたしが薬剤師×〇〇に否定的なのは、薬剤師が1未満なのに〇〇で目立ってるだけって人が多いからだと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

出る杭は打たれる(なんかそんな名前のコラムの企画を提案されたこともあったような…)

ランキング5位

5位は、薬局向けの新型コロナ対策ですね。年末に、飲み会?画像をSNSにアップしている薬剤師の方がいましたので、マネする人がでないように内容を追記しています。

飲み会をやるかやらないかは個々の自己責任という意見もありましたが、薬局薬剤師の立場で感染リスク<飲み会やるベネフィットはないと思っています。

我ながらよく書いたぜという自己満足な記事

つづいてブログ主から書いた記事で、これ実は沢山の人に読んでもらいたくて結構、力をいれて書いたんだよってのを紹介します。

薬剤師のキャリア形成に関する記事

わたし自身、薬剤師としての専門知識を磨くことに注力していたのですが、今後の薬剤師のことを考えると、どのような薬剤師人生を送るのか?
これをしっかりと持ったうえで勉強するなり、資格とるなりを考えないと無駄になるかもしれないなと思います。

るるーしゅ

るるーしゅ

キャリアって書くと、小難しい感じがして自分には無関係と思ってしまうかもしれないけど、しっかりと考えましょう

薬剤師の転職に関する記事

先ほど紹介したキャリア形成にかかわってくる部分ですが、薬剤師の転職に関するマニュアルもたくさんの転職マニュアル本などを読んで作成したので転職の際は参考にしてほしいです。
薬剤師が転職するには、それぞれの相応の理由があると思うのですが売り手市場から買い手市場へ変化してますので、何も考えずに転職すると失敗して転職を繰り返す薬剤師になっちゃうかもです。

PISCSについて

最後に薬剤師だから活用できる知識として、PISCSの活用については薬局の薬剤師でもできるんじゃないかなと思っています。

相互作用の有無ではなく、どの程度なのかをある程度推測できるツールです。

まだ読んでいない方は、もしよろしければ読んでいただけると幸いです。

本年も若手の薬剤師の方のお役に立てるような情報を発信して、もっと薬剤師の仕事が面白くなっていければな~と思っています。

新型コロナの流行により先が見えなくて不安かと思いますが、一緒に頑張っていきましょう。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA