☛ 初めての転職で不安な薬剤師の方はコチラを!

【雑記】すこし自分のことについて書いて、思考などを整理しようかなと思います

3 min 201 views

今回はすこし私自身について色々書いてみようかなと思います。

まぁ私のことなんか興味ないよ!と思うかもしれませんが、もしかしたら何かひとつくらい持ち帰れるものがあるかもしれませんから…

るるーしゅ

るるーしゅ

こういうのを書きたくなるのってなんなんだろうね
自分のことを分かってもらいたいとかいう甘えから来るのかな、それとも老害になってきた証拠かな?

るるーしゅの今まで

薬局業界で勤務しており、薬剤師歴15年になります。
新卒ではいった小規模の薬局から転職してアイン、日本調剤などの超大手ではありませんが、チェーン薬局で働いています。

ブログを始めた時期やきっかけなど

ブログを始めたのは、2012年2月で、最初の小規模薬局のときで、妻1人、長男が1歳のときですね。
なんでブログを始めたかというと、なんか小銭稼ぎできないかな~と思い、偶然見つけたコミPOという漫画を描くソフトを見つけたので、なんとなくやってみたという感じです。

そして、この当時のブログ内容とかを知っている方はわかっているかと思いますが、内容がクソでした
とはいえ、当時薬剤師でブログなどで書いていたのは、ネーヤさん、熊谷さんくらいで、競争相手がすくない上にコミPOを利用した表現方法で、クソみたいな内容でしたが読んでくれる人、コメントしてくれる人がたくさんいて、とても刺激を受けました。

ここで勘違いしてほしくないのは、この時のわたしは、薬剤師としてのやりがいも感じていないし、誇りももっていない状態でした。
自分のことを自動販売機薬剤師とか言ってましたからね…

大学時代の成績も最下位、授業もほぼサボって麻雀、パチンコ、試験は大体再試です。
薬剤師としてのキャリアビジョンもなく、ただテキトーにそこそこ給料もらえればいいやって感じで職場決めました…

るるーしゅ

るるーしゅ

大学時代、わたしみたいな人いましたよね?
コイツは薬剤師として働いちゃダメなやつだなって人です。

さて、わたしがブログを始めたきっかけは、お小遣い稼ぎなので、新しいネタが必要になります。ただ新しいネタを書くためには知識がないとダメになってきます。

自分は薬剤師として好きでもないし、向いていもいないと思ってましたが、まさかブログを書き続けるために勉強するようになるとは…

ちなみにこの当時はブログの報酬は月に三千円程度でした、一時期は、月に1万円とかいってた時期もありますが…今はもう広告収入諦めましたが

るるーしゅ

るるーしゅ

多分、ブログで自分のなかであまり今まで気にしていなかった承認欲求というのが目覚めてきたんだと思う

自分は大学時代など、落ちこぼれだったし、仕事してもあまりやる気もでないクソ薬剤師だけど、ネット上ではそんな自分にも居場所があるみたいな感じなんだと思います。

JJCLIPと出会ったことで変わった

そんなこんなでブログを続けていて、色々と面白いネタ探しのための本を読んでたりしたのですが、自分の中で変わるきっかけになったのはJJCLIPが大きいです。
(あとブログ読者のみやみやさんという方の影響も大きいです、みやみやさん元気にしているかな?)

ある人がJJCLIPの前と後で、薬剤師の質に大きな差が生まれたと思うという発言をしていましたが本当にその通りだと思います。

JJCLIPに出会えたことで、自分の情報との向き合い方の基礎となる土台がしっかり出来たと思っています。
そして、これが周りの人ができていなかったせいか、とても好奇心を刺激させられるとともに、段々薬剤師としての仕事も悪くないなとか思うようになってきたんですよね。

るるーしゅ

るるーしゅ

最初は劣等感から、あまりやる気はでなかったけど、やり方覚えてきて、周りにも認められてくると段々ハマってきてしまうって感じなんだと思う

とはいっても、なかなかJJCLIPで教わったことをリアルでガンガンやるのは難しい環境が続いていました…そして職場が変わりました。

職場が変われば、環境も変わるかと思いましたがなかなか難しい上に、上司と相性が合わず絶望してました。
ただ絶望していたら、偶然別のところからお声がかかり、そのチャンスをしっかり捕まえて今に至るって感じです。(詳細は身バレするので言えませんが・・・)

とりあえず、わたしは本当に運がいい

だってテキトーにブログ始めたらある程度人気でて、JJCLIPに出会って興味を持っていたら、偶然チャンスがまわってきたわけですからね。

るるーしゅ

るるーしゅ

本当、運いいし、人との出会いに感謝です

今後について

わたし自身はもう自分が輝くかというよりは、自分より下の世代をどう輝かせていくか?
そういったことを考えている中間管理職です。

るるーしゅ

るるーしゅ

現場の虫の目で見ているというよりは、鳥の目で見ているつもりです(多分…おそらく…あわよくば…)

今後の薬剤師業界は、免許だけ持っていれば大丈夫ってわけではないので、やるべきことをやる薬剤師を増やしていきたいと思ってます。

あとわたしもブログ書くために沢山の本を読んできたので、そのあたりの内容ももっとアウトプットしていこうと思います。
過去にこういったことがあったから、こういった情報にはこう向き合っているんですというのが、共通の言語でないと、議論がかみ合わなかったりしますからね。

特に最近、薬剤師の情報発信する人が増えているから特に注意しなきゃなと思います。

最後にお前が言うな案件かもしれませんが、人との出会いや縁は大切にしたほうが本当にいいと思いますよ。

なんかすごい煽り文句で記載しましたが、若い薬剤師の方々が自分のキャリアについて考えてほしいなと思っています。

それは、薬剤師免許だけあれば食べていけるというのも、今後は難しくなっていくからです。

東京などの大都市では、売り手市場から買い手市場へシフトしていて、今までのように何の実績もない薬剤師が好待遇で働き場所が見つかるということはなくなってきています。

もちろん数年で急に免許だけでは雇ってもらえないという事態になる可能性は低いですが、若手薬剤師の皆さんはあと20~30年は薬剤師として働きますよね?

新卒で入社した職場が、大学時代のインフルエンサー的な立場な人が勧めていたからという理由で決めたという若い薬剤師の方が最近増えたことも知っています。

わたし自身、それが悪いとは思いません(だって判断材料少ないですし、赤信号みんなで渡れば怖くないって思いますもんね)

ただ働いてみて、自分の薬剤師としての働き方をしっかりと考える機会が必要だと思います。

薬剤師としての働き方も十人十色で、色々あると思います。薬剤師としてのやりがいを重視する人お金を稼ぐための手段でしかないと割り切っている人など正解はないと思います。

自分がどの程度の生活水準で生きていきたいのか?(休みや食事、旅行、車、ブランド品など)、言い換えると自分の幸せとは何か?ということをしっかりと考えてください。

これをしっかり考え抜いたうえで、じゃあ今後、必要とされる(市場価値の高い)薬剤師はどうなんだろ?そのために今から出来ることは何だろう?と考えてみてください。

るるーしゅ

るるーしゅ

対人業務をしっかりと出来ている薬剤師は市場価値が高いと思います。(服用薬剤調整支援料の算定実績が内容を伴っている)

今いる職場はダメだから転職!と安易に思う方がいるかもしれませんがよく考えましょう。

環境を理由すると自分に非がないように思ってしまうかもしれませんが、その選択をしたのはあなた自身です。結局、転職先でも同じように環境を理由にして、転職を繰り返す薬剤師になってしまうかもしれません。

今いる職場で、自分をどう高めていけるかを考え抜いたうえで、やっぱり今の職場のままではダメだとなった場合に転職というのが頭に浮かぶことが望ましいです。

若いうちにキャリアビジョンを描いておくと、日々のこなす作業の見え方が変わってきます。こういう若手はよく成長し、周りと差がついてきます。
(私自身、そういう若手をまとめて指導する立場なので身をもって体感しています)

働いてから今まで、自分の働き方について考えたことがないという方は是非とも一度キャリアについて考えてみてください。
(参考:薬剤師のキャリアを考える上で知っておきたい10のコト

あと安易な転職はしないようにと言いましたが、自分の市場価値を調べたりする転職活動はしてもいいです(当たり前ですが…)

自分のキャリアの相談や、転職エージェントと仲良くなっていくことで有利になることがありますので、よければ利用してみてください。(下記にオススメの転職エージェントをのせます)

ただ転職エージェントの方にすべてお任せというのはダメですからね(汗)

オススメの転職支援サイト

その他にも薬剤師の働き方について記事を書いていますので参考にしてみてください

薬剤師の働き方について – KUROYAKU

るるーしゅ

るるーしゅ

転職サイトの比較で、どこを見てもオススメしている2社新鮮味がないかもしれませんが、オススメなんてそんなもんです。

~ブログランキングに参加しています。もしよろしければ下記の画像のクリックお願い致します~

るるーしゅ

るるーしゅ

アラフォーの薬剤師です。
若手薬剤師がもっと活躍できるようにタメになる知識や心構えなどを伝えていきます。
初めてのかたへ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA